2015年1月14日 (水)

本籍変更後の免許更新とうんと食べまくった一日

年始からずっと追いかけられていた仕事が一段落したので、5年ぶりの運転免許証更新に行ってきました。やっとゴールド免許に戻れる!
この5年にはいろいろあって、住所変更もし、本籍も変わった。もちろんその都度、近所の警察署へ行って変更の手続きはしました。
なので、今の住所に「運転免許証更新のお知らせ」が届いたのですが、そこに、

  • 住所の変更を伴う方は、住民票又は新住所が確認できるもの
  • 本籍・国籍等、氏名の変更を伴う方は、本籍・国籍等記載の住民票

を「必要によりお持ちいただくもの」として挙げてある。

手元の免許証の表面には、古い住所が記載されている。裏面には、変更後の住所が書かれてはいる。同じく裏面には「本籍変更」のはんこも押されているが、ICカード免許証なので、表面の本籍欄は空白のまま。
住所や本籍の変更の届け出はすでにしてあるけれど、手元の免許証の記載と今回の住所(・本籍)は違う。
こんな場合、更新時にも住民票が必要なのか?
これ、悩みました。お知らせのハガキの文章だけではよくわからない。検索したり、経験したらしき人に聞いたり。

で、結論。
すでに変更の届け出をしてあれば、更新時に住民票は不要でした!
「更新時に同時に住所・本籍等の変更届けをする場合には必要」とか
「すでに警察署等で記載変更の届け出をしている場合は不要」
などの説明文がほしいなぁ。みんな悩まないのかなぁ?
免許センターの窓口で口頭で確認されたのは、「住所変更や本籍変更の届け出をした以降に、変わっていませんか?」でした。
古い免許証の表面の記載はどうであれ、警察署へちゃんと変更の届けをしてあれば、ただの更新作業だけで終了。優良だと、3100円。講習も30分! 

すいているらしい、と噂を聞いて、今回は神田の運転免許更新センターに行ってみました。
看板が小さくて地味で、わかりにくい。ビルも小さい。隣のビルの「オカムラ」の看板を目指すのがわかりやすい。
平日しかやってない。それほどすいてもいない。結構並んだし。いや、更新センターに着いてから、1時間半後には新しい免許証を手にして帰路に着いたのだから、すいていたうちに入るんだろうか?

で、せっかく神田へ行ったので、本家竹橋のアスリート食堂へ。ごはん小盛950円。

昼時をちょっとはずしたつもりが、満席に近い人。以前、土曜日に通りかかった時も混んでいた。
注文口も、メニューを選ぶ人とレジに行きたい人が錯綜していてレジまで進めない。
走り終わったアスリートよりも、近所の勤め人やわざわざ来たらしい普通のおばさんグループでにぎわっていた。走った後でクタクタなときだったら、ちょっとイラッとするかも。
いや、更新に来る前に、朝、私もジョギングしてお腹すかして来たんですけどね。
豚レバーサラダに好物のパクチーが山盛りのっていて満足。

神田橋交差点にあった看板。江戸時代の地図があると、つい気になって見てしまう。
江戸のころの橋に高速道路がおおいかぶさっている。日本橋や京橋と同じ。

いつもどおり小田急東京メトロパスで出かけたので、まいどながら、このあとも都内をあちこちさまよう。いやぁ、お腹いたくなるほど食べてしまうはめに…
どこで何を買ったか食べたかは、またいずれ。

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

急についにガイドデビュー

春から半年間、講座に通って、あちこち勉強を兼ねてめぐって、研修を受けて、資格検定を受けまして、無事合格(というか、出席日数があれば、だれでも合格まで面倒を見てくれるらしい)しまして、このたび某庭園のガイドボランティアとしてデビューしました。
旅行好き&説明好き&声自慢!を活かせるかと思いきや、自分の植物・鳥類の観察眼・知識の無さはたいへんな弱点で、すぐにはなんともなりそうにありません。
もう少し練習してから、なんて思っていたら、すぐ実地の機会がきてしまった次第で。

汗かきました(冷や汗まじり)。暑かったせいもありですが。
3日も続けたらきっと痩せます。
(自分でデビューを祝ってめちゃ食いしたので、無理かも…)
レジデビューのときと同じで、場数を踏むしかないかな、と思っています。
そのうちに、自分なりのセリフがかたまってくるのでは、と。

たくさんの知らなかったことを講座で勉強させていただき、そこから自分でもあれこれ調べたり、また世界が広がりそうです。
都内にまだまだ行ったことのない庭園・公園があるので、ひとつずつ行きたいです。

| | コメント (0)

2008年2月 2日 (土)

ラッピング力作♪

080129_122201_4

前回の教室でつくりました。
箸袋、おみやげ、ランチョンマットです。我ながら感激。

| | コメント (2)

2007年10月 9日 (火)

にわかラッピングコーディネーター誕生

ついに半年のカルチャー教室を終了し、先日ラッピング・コーディネーターの認定講習に行ってきました。
筆記試験と実技試験無事終了。
試験会場には、40~50人くらいの女性ばかりの受講者。20代~50代まで幅広そう。
次の段階として、指導者養成講座に予約を入れてきました。なかなか時間もお金もかかります。指導者養成講座を終了すると、ラッピングの講師アシスタントの資格ができるとのことですが、自分はラッピングの講師になるというよりは、職場や地域でラッピングの技術の説明をしていく必要性がありそうなので、受けておくことにしました。
フラワー・ラッピングの講座もあって、それもすごく受けたいのですが、こちらはもっと参加料が高額なので保留です。

ラッピングの教室に通い始めてよかったのは、自分の見る目・世界がひろがったこと。
今までは、包装紙にもリボン類にもまったく目が届かなかったのが、お菓子屋さんのきれいな包装紙やシールや、ちょっと洒落た包み方に目が行くようになりました。
先日も、編集者の方から本をいただいたのですが、この本が、透明のOPP袋に赤と白の綿紐で縦一文字がけ、片わな結び、というシンプルながら素敵なラッピングがされていました。メッセージ付カードもはさんであり、とても心をうたれました。ラッピングの勉強をしていなかったら、このシンプルながらも工夫されたラッピングの良さに気づけなかったと思います。

婦人連・女子連地区大会も終わり、次は市民戦。テニスのほうも頑張らねば!

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

リボンがけ練習中

リボンがけ練習中
ラッピングの教室に通い始めてはや3ヶ月。あと3ヶ月で検定試験があります。
検定試験はともかく、パート先で時々商品の包装を頼まれるので、すばやくきれいに!包むことが目下のところ課題です。
時間があればそれなりに見栄えよく包めるのですが、お客さんが待っている(しかもじっと手元を見ている)状況できれいに早く包むのはタイヘンです。汗かきます。
包むのはなんとかごまかしながらもできるのですが、リボンかけが下手!というか苦手。
練習したいのですがなかなか時間がとれない~

仕事部屋開設してから、信用度が増したのか?校正の依頼がまた続くようになりました。こうなってくるとパートの時間を増やしたのがネックになっているのですが、パート先も人がいなくてシフトが厳しい状況。
テニスももっと練習したいけどむずかしい。なんだか、下手になってるし、すぐミスするし、決め球を失敗してばっかりだし、全然勝てる気がしない。困った。

とりあえず、休める時はしっかり休んで、体のメンテナンスに重点を置いています。
ちゃんとおいしいもの、食べたいものを食べてます。

| | コメント (1)

2007年8月 2日 (木)

イデミスギノのスイーツはやっぱりおいしかった

習っているラッピングの先生も出展するというので、浅草橋のシモジマ6号館で行われているラッピングの展示会をのぞいてきました。
http://www.wrapping-assoc.com/tenji/index.html
手芸用品やラッピングのグッズがたくさん!&安い! 展示はこぢんまりとしたものでしたが、大勢の方(生徒さん?)が見に来ていました。
立方体のオブジェが多かった。もっと立方体の包装の練習をしないといけないのかも、と思いながら、せっかく都心?へ出てきたので、おいしいものでも食べて帰ることに。

近隣のイタリアンの店をwebで検索し行ってみる。ナポリピザを釜で焼く店、と書いてあったので行ってみたが、残念ながらランチはパスタのメニューばかり。パスタもおいしかったですけどね。サラダにワンピースだけピザがのっていたけれど、ちょっと物足りなかった!
隣の席の男性二人組みのうちの一人は、パスタを半分以上残して帰ってしまった。なんか、いやな感じ。

せっかくなので、京橋に出て、イデミスギノさんの店でデザートを食べることに。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000601780/0002479985/ktop/
財布の中身が少なかったので、しっかり裏の郵便局でお金をおろしてからお店へ。
店に着いたのは2時過ぎでしたが、イートイン用のケーキのみでした。
好きなものを食べよう!とライチと桃を使ったムースをチョイス。ムースを一口食べて、持ち帰り不可な理由はすぐわかりました。このくちどけは今ここで食べないとダメになってしまうだろうなぁ。他では絶対食べられません。
お客さんには男性が多し。一口ずつ味わって研究しているような人が多い。しかも長居はしない。
一緒にたのんだコーヒーも、やっぱりおいしかった~。至福のデザートは、飲み物とケーキで、ランチの値段より上回りましたが、大満足。私的ダントツ1位の座は揺るぎません。

大田杯は多摩市が優勝。

| | コメント (0)

2007年4月17日 (火)

この春のチャレンジ

このところ過不足で頭を悩ませていた原因のひとつは、お金を授受する仕事というのに慣れていないせいであります。
接客というか、お客さんからのクレームとか問い合わせとかには自分はわりと強い。と思う。
以前のバイト先でのひどい言われようやクレームのつけられ方に比べたら、今のパート先のお客さんはかわいいもんです。何を言ってこようが怖くない。
でも、人によっては、お客さんとの接し方に悩んでいるわけですよね。接客は奥が深いですし。
幸い、パート先の方針が「お客様第一主義」をかなり徹底してくれているので、お客様本位で解決ができる。これはありがたい。
なにより、お客さんの要望に応えられたとき、「ありがとう」って言ってもらえたときの幸せ感は、接客の醍醐味です。

「クレームについて考えよう!」
http://homepage1.nifty.com/eachtime/howkuremu/howkureindex.htm

このページにはうなずくことがたいへん多かったです。
「どんな小さなクレームも必ずお客様の前でメモをする事をお勧めします」というのを読んで、さっそく実行しようと思いました。

自分は、接客中に電話が鳴っても、そのときしている接客が終わるまで電話には出ないです。電話が鳴り続けるとたしかに気にはなるのですが…
目の前のお客様の接客を中断してミスや不満を出さないことと、とりあえず早く電話に出ることと、どちらがいいのでしょう?

バレンタイン、ホワイトデイ…と経験して、包装がもっと上手に手早くできるようになりたい!と思い、この春からラッピングの教室に通うことにしました。
やはりコツというものはある! 不器用な私がどのくらい上達するか?? 6ヵ月後が楽しみです。

| | コメント (0)