2017年4月20日 (木)

持ち寄りで、お祝い&追い出しコンパ

持ち寄りで、お祝い&追い出しコンパ
持ち寄りで、お祝い&追い出しコンパ

みんな、ありがとう<(_ _)>

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

永山テニスクラブ@多摩市、期間限定女性会員入会キャンペーン開始!

こんなの始まりました!
Photo_2
http://ngym1977.wixsite.com/nagayamatennisclub

女性会員大募集! 心よりお待ちしていますtennisheart01heart01heart01

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

テニスの帽子とジョギングキャップの違い

左:紺色のジョギング(マラソン)用キャップ。asics MADE IN CHINA 100% NYLON のタグあり。ほかの表示は無し。重量45g。

中:ピンク色のジョギング(マラソン)用キャップ。asics 中国製 サイズF(55~59cm) 表地ポリエステル100%、裏地フロント部分ポリエステル65%/綿35%。重量56g。

右:水色のテニス用キャップ。adidas 中国製 サイズOSFX(57-60cm)フリーサイズ ポリエステル100%。重量68g。

明らかに違うのは、重さ。ジョギングキャップは生地が薄くて軽い。紺のはメッシュ(網)部分があるのでさらに軽い。テニスキャップはしっかりしていて重みがある。試合中帽子が落ちるとポイントレット後失点になるから簡単に落ちないように、だと推察。炎天下のコート上で頭部を日差しから守るにも、ある程度の厚みがほしい。
生地の縫い合わせ方も違う。ジョギングキャップは、前から後ろへ流線型に縫い合わせてある。テニスキャップは、フィレンツェのドゥオモのように頭頂部に集まるように縫い合わせてある。
キャップの深さも、テニスキャップは深い(しっかりかぶれる)が、紺とピンクのジョギングキャップは、ともにかぶり具合が浅め。
ジョギングキャップにはともにプロテクター(暗いところで、光に反射するテープ)がついている。暗い道でジョギングするにはあったほうがいい。

この数年の自分の使い方として、テニスの時にジョギングキャップをかぶることは、ある(ウェアの色とそろえる、なんてファッション的な理由。機能的な理由ではない)。
でも逆はない。ジョギング(マラソン)の時にテニスキャップをかぶると、重すぎるし、暑すぎる。
テニスの試合によっては、メーカーロゴの規制(大きさとか数)があるので、ジョギングキャップで試合に出る時は注意が必要。というか、何より、テニスのウェアを着なさい、と大会要項に書いてある試合の場合はテニスキャップを着用。

違いは、それぞれのスポーツに適した何かしらの機能的な違いをあらわしているのだと思う。なので、そのスポーツ用のグッズを用意できるのなら勧めたい。参加賞にキャップをもらえる大会がともにあるので、そういう大会にエントリーしてもらうのがいい。
私の持っているキャップは最新型ではないので、最近のものはまたちょっと違うかと思いますが、参考までに。

ちなみに、ジョギング用のソックスと、テニス用のソックスもかなり違います。
テニスシューズとジョギングシューズを流用しちゃダメなのと同じくらい、ソックスの使い回しも私にはありえない。自分の身体への投資と思って、スポーツに合ったものを着用してください。怪我して治療代はらうより、ずっといいです。

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

東京マラソン2017ボランティア感想

東京マラソン2017

ランナーもボランティアさんも、みなさんお疲れさまでした。
門前仲町エリア給水地点。
今回のボランティアチームは、最強でした。

感じたこと、覚書。
気温がやや高かったので、ランナーには水分補給が必須。なのですが、最後のほうで、用意していたポカリよりも紙コップが先に足りなくなってしまい、やむなく撤収。
ちょっとでも早く水分が飲みたかったランナーに、もっと先のテーブルまで行ってもらわないといけない状況に。(基本的に手前から混むので、物資がなくなった時点で撤収→後ろのテーブルで順次提供する方針なのだそうです)
そういえば、ランナーさんで、たくさん飲みたいのでコップを2つも3つも取っていく人がいた。一方で、1つのコップに近くに置いてあったコップの中のポカリを注ぎ足して量を増やして、空いたコップを置いていってくれるランナーさんもいた。
後ろのランナーさんへの配慮だったのですね。あああ、自分は走っている時にそういうことまで思いがいたらなかった…
もし暑いレースの時には、コップを捨てずに持って走ることも必要(コップさえ持っていれば、飲み物を入れてもらえる)。

森下~清澄~門前仲町エリアは今年初めてのコースで、観客も街も新鮮な賑わいでした。
「給食はないんですか?」というお腹をすかした人もいた(自分のいたポイントは給水のみで、中間地点を過ぎないと給食は始まらない)。この新コース地区の沿道で、おもてなし給食をしたら喜ばれるかも。

4時間ゴール目標のランナー集団あたりから、ゼリーや粉末を飲みながら給水ポイントにやってくる人が俄然増える。ちょうど20km地点だったので。なるほどみんなキロを目安に補給しているんだな~と実感する(やっぱり自分である程度食べ物を持たないと)。
エキスポで、トライアスロンの青山コーチが、「4時間で走る人は4つ、5時間で走る人は5つ、ゼリー状の補給食などを持って走る」ことを勧めていました。2時間台で走るエリートランナーはスペシャルドリンクがそれに該当しているのだそう。喉が渇く前に水分補給するのと同じで、お腹が空く前に、1時間毎に身体にエネルギー補給することが大切なのだとか。スペシャルドリンクは確かに彼らの1時間後通過地点に置いてありました。

12:30ころで最終ランナーが通り過ぎ、はとバスの黄色い車体の収容バスが到着し、道路の清掃が始まる。撤収・清掃・交通規制解除が早くてあっという間にボランティアチームも解散。
(昼時の街はいつも以上に超混んでいました。臨時営業の店や、マラソン限定定食を掲げた店も)

作業中、ポカリはこぼすし、浴びるし、かけていた眼鏡にまで飛沫が飛ぶほど濡れたので、汚れてもいいズボンと長靴で参加したのは、まずまず正解。マイナスポイントは行きと帰りの地下鉄の中がちょっと恥ずかしかったこと。

ボランティアのために遠方から参加に来ている人もいた。
そういう楽しみ方もあり、と開眼した。
自分はマラソンを走っていないけれど、今年の東京マラソンもめちゃくちゃ楽しかった。また走れるかなぁ…

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

新宿~自由が丘~田園調布~旅はまだ途中

新宿~自由が丘~田園調布~旅はまだ途中
恒例、新宿シティハーフマラソンのボランティア参加。6kmの看板を設置中。今年の参加賞は、黒のシューズ・バッグ。イラストとロゴ入り。ボランティアにも弁当と一緒に配られる。やっぱり去年のタオルは不評だったのか?
新宿~自由が丘~田園調布~旅はまだ途中
あっという間に活動時間が終わり、恒例の寄り道。
新宿~自由が丘~田園調布~旅はまだ途中
新宿~自由が丘~田園調布~旅はまだ途中
田園調布駅前ロータリーに、ペリカンコーヒーというカフェができていました。コーヒーは大きなカップにたっぷりでした。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

今度こそ間に合わないかもしれない

レース前の20km走をする時間がやっとつくれたので、いざ出発。
しかし、猛暑の夏、長雨の晩夏、イベント続きの秋、はかどらない仕事…全くと言っていいほどトレーニングしていなかったのが、テキメン現れた。
10kmと走らないうちから脚が痛い。1時間半走ってようやく10km。LSDったって、いくらなんでも。10kmもまともに走れないのかよ。京都では鴨川沿いを走ったりもしたのに。
何年か前の東京マラソンをテレビで見ていて、タレントの女の子が関門まであと何キロ、でももう脚が痛くて動かない、走れない、って言ってたのを見た時、ちゃんとトレーニングしないで走ろうとするからだよ、なんて冷たく見ていたけれど、ごめんなさい、きっとこういう状態だったのね。
これじゃあ3時間は走らないと20kmにならないなぁ、と思いながらも、ということは、ハーフのレースの制限時間にも間に合わないし、ハーフどころか、10kmのレースだってきっと一番ビリだろうし、なんてったって、次のレースの最初の関門でひっかかっちゃうペースなのでは?なんたって次のレースはウェーブスタートで、自分は第2ウェーブだし。
得意なはずの上り坂で脚がつりそうになる。何度も立ち止まって水分補給する。
どこかで関門にひっかかって、今度こそバスに乗るかもしれない。
バスに乗る経験もまた吉だけれど、そうしたらもうマラソンレースはやめよう。ああ、自分のマラソン人生は短かったなぁ…でも、走らなくなったらどんどん増量しちゃうだろうし、筋力ももっと落ちるだろうし、じゃあ、走るのをやめたら次は何をしよう…
そんなことをずっと考えながら、走り、立ち止まり、休み、また走り、尾根幹を走るほかの多くのランナーたちに抜かれ、そしてようやく20kmなんとか走り終えて帰宅。脚が棒のように硬くて痛い。
こんな状態は初めてだ。

走り続けられないなら潔くリタイアするより、走り続けられないけど関門で止められない限りは歩いてでもゴールを目指すのと、やはり後者なのだろう。参加を決めたからには。

| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

今日は本当に頑張りました。

本番の試合になると練習のようには打てなくて、怖くてねらえなくて、以前のようには動けなくて、全然ダメダメでへぼな展開でしか闘えなかったけれど。
自信のなさの最大の原因は、練習不足と試合不足。
そんな全く納得のいかない自分でも、勝ったら全部チャラ、負けたらほうらねどうせやっぱり。だから、どんなにかっこ悪くても、勝ってチャラにしなくちゃいけないんだ、とわかった。
試合時間が不確かだったのに、応援してくれたみんな、本当にありがとう。勝てて、よかった~

連休、仕事も頑張るぞ~

| | コメント (0)

2016年3月31日 (木)

桜トーナメント無事終了~

3月29日、昭和の森テニスセンターで、第32回東京都市町村対抗女子テニス大会(通称・桜トーナメント)が行われました!
私らのチームもなんとか予選をみんなの力で勝ち上がり、決勝トーナメントに進んだものの、残念ながらそこから先には進めませんでした。
今年の優勝・町田市、準優勝・調布市。

今回初めてお世話役をするにあたり、登録選手の人選やオーダーづくり、選手の選び方や、さらには選考から外さざるをえなかった人へどう声掛けしたらいいのか、などなど、本当にいろいろなところが一つ一つ大変なのだと実感しました。これまでこういった大役を引き受けてくださっていた諸先輩たちが、こんなに大変な思いでやってくれていたのかと。自分がやってみて、初めてわかったことです。
そして、頼りない自分を、たくさんのチームメイトや先輩・まわりの人たちが、支えて助けて手も貸してくれ、声もかけてくれたこと。なんでも一人でできると思い上がっていた10年前には、逆にきっとこうはできなかったと思いました。本当に、みなさま、ありがとうございました。

なんてね、とにかく、終わってホッとした~よかった~ヽ(´▽`)/
普通のおばさんに戻って、テニス楽しみま~す!

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

多摩ロードレース2016~今年は緑色だ!

多摩ロードレース2016
前日まで体調がまだ今ひとつだったので、棄権しようか迷いました。
(火曜に桜杯があるし…)
が、朝起きたら走る気満々、体調もそこまでひどくなかったので、結局走っちゃいました。
最後尾に近いあたりでゆっくりペースで。
今年は抽選に当たらず。

尾根幹沿いの桜がとてもきれいでした。

| | コメント (0)

2016年2月29日 (月)

東京マラソン2016無事完走!

無事完走!
今日はヤマザキ食べます(゚ー゚; メダル嬉しいけど、やっぱりデザインをもうちょっとなんとか。ベルトはカラフルでいいかな。
無事完走!
今回は最後まで歩かずゴールしました! やっと私の東京に区切りがつきました。
とはいえ、後半ペースが落ちて、予定より少々オーバータイム。
脚が今までにない痛さと疲労。初めてマラソンで足の裏にマメができてしまった。
息子夫婦と嫁さんのご両親が応援に来てくれました。応援を楽しんでくれた様子。走りきれてよかった!

3年前はとてもすいていた、スタート地点の中央公園仮設トイレも今年はメチャ混み。入場ゲートも、ミールサービスも、荷物預けも、トイレも、スタートエリアへの通路も、とにかくちょっとでも時間が早いほうが、待ち時間が少なくて済む。と思って早く家を出たのに、乗り換え駅を間違えて(初台で降りるために京王新線に乗り換えたかったのに。一体何年京王線使っているんだか)少々出遅れ。ゼッケンも計測チップも前日のうちに服と靴に装着。これで安心してしまい、危うく手荷物預け用のビニール袋を忘れそうになる。危ない! しかもこのビニール袋が、よそのマラソン大会のビニール袋よりもかなり小さい。預ける荷物がちゃんと入るか確かめておいてよかった。分厚いコートは入らなそうだったので、ユニクロの小さくたためるダウンで出かけた。

テロ対策で仮装も制限があり、今回は派手な仮装の人がずいぶん少なかった。推奨されていたこともあり、もうスマホ・携帯持ちはデフォルト。写真撮ったり、応援の家族と電話してどこにいるか連絡とったりしながら走っている人多し。増上寺の応援は今年は見られなかった。天気が良くて、気温もほどほどだったので、待ち時間も日向にいれば暖かく、たためるウインドジャケットと、ビニールのポンチョでしのげた。よかった。ストリーミング配信ランナーで有名(らしい)な黄色いジョセフさんが近くにいて、スタート前に掛け声をかけて盛り上げてくれた。
前回より、東京の街も楽しめた。編集部のビルの前も通り、前回がっくりきてビル風と日陰の寒い中とぼとぼ歩いた佃大橋を走ってのぼれた時はかなり元気も出た。

沿道の方の給食には本当に頭が下がります。ありがとうございましたm(_ _)m
豪快に生ハムを削ぎながら差し入れしてくださったシェフの方。塩気が脚を助けました! ありがとうございました。お店を探しだしてぜひ伺います。(どうも浅草橋のビストロのシェフではなかった模様。すごい!コスプレ?パフォーマンス!)
おむすびと味噌汁の差し入れも、本当に美味しかったです。ありがとうございました。あんなにおいしいおむすびと味噌汁は、きっと他にありません。

直前の新宿シティハーフマラソンでの関門アウトが結構トラウマになっていたので、これでリベンジかな。ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧