« テニスの帽子とジョギングキャップの違い | トップページ | お外で贅沢ランチ »

2017年3月 1日 (水)

会津の麹で塩麹づくり

会津の麹で塩麹づくり

いつもはコレド室町2の千年こうじやで買う八海山の生麹で仕込むのですが、今回は、横浜タカシマヤの催事で見つけた、福島の生麹で仕込んでみました。
有限会社 糀屋 伊藤醸造店。
一袋が麹450gだったので、水450g、塩10%の90g。八海山の麹は300gパックなので、いつもよりひとまわり大きいタッパーで仕込むことに。
このところ塩麹を作ると、タッパーのフタを持ち上げるほどの勢いで、1週間たたないうちにぶくぶく発酵することがほとんど。どうやらうちの台所は発酵に向いているらしい。
今日の横浜タカシマヤは、8階催事場では日本あちこちの美味しいもの大集合、地下1階では福岡県糸島の市場の催事、と、心躍る布陣。
11時前に着いたけど、人気の限定数弁当と、テレビで紹介の有名シェフのフルーツゼリーは売り切れ。13時から配る穴子弁当の整理券にもう人が並び始めている、という状態。いや~凄い。
昨今の料理研究家人気って、なぜなのでしょう。
ともあれ、さすが百貨店。お高いけれどいい物が並んでいました。もっと買いたかったけど、もう持ちきれなかったし、食べきれないので、さっさと帰宅。
多摩センター三越も、このくらい人が来ていれば閉店しないですんだんだろうなぁ…

|

« テニスの帽子とジョギングキャップの違い | トップページ | お外で贅沢ランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テニスの帽子とジョギングキャップの違い | トップページ | お外で贅沢ランチ »