« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

テニスの帽子とジョギングキャップの違い

左:紺色のジョギング(マラソン)用キャップ。asics MADE IN CHINA 100% NYLON のタグあり。ほかの表示は無し。重量45g。

中:ピンク色のジョギング(マラソン)用キャップ。asics 中国製 サイズF(55~59cm) 表地ポリエステル100%、裏地フロント部分ポリエステル65%/綿35%。重量56g。

右:水色のテニス用キャップ。adidas 中国製 サイズOSFX(57-60cm)フリーサイズ ポリエステル100%。重量68g。

明らかに違うのは、重さ。ジョギングキャップは生地が薄くて軽い。紺のはメッシュ(網)部分があるのでさらに軽い。テニスキャップはしっかりしていて重みがある。試合中帽子が落ちるとポイントレット後失点になるから簡単に落ちないように、だと推察。炎天下のコート上で頭部を日差しから守るにも、ある程度の厚みがほしい。
生地の縫い合わせ方も違う。ジョギングキャップは、前から後ろへ流線型に縫い合わせてある。テニスキャップは、フィレンツェのドゥオモのように頭頂部に集まるように縫い合わせてある。
キャップの深さも、テニスキャップは深い(しっかりかぶれる)が、紺とピンクのジョギングキャップは、ともにかぶり具合が浅め。
ジョギングキャップにはともにプロテクター(暗いところで、光に反射するテープ)がついている。暗い道でジョギングするにはあったほうがいい。

この数年の自分の使い方として、テニスの時にジョギングキャップをかぶることは、ある(ウェアの色とそろえる、なんてファッション的な理由。機能的な理由ではない)。
でも逆はない。ジョギング(マラソン)の時にテニスキャップをかぶると、重すぎるし、暑すぎる。
テニスの試合によっては、メーカーロゴの規制(大きさとか数)があるので、ジョギングキャップで試合に出る時は注意が必要。というか、何より、テニスのウェアを着なさい、と大会要項に書いてある試合の場合はテニスキャップを着用。

違いは、それぞれのスポーツに適した何かしらの機能的な違いをあらわしているのだと思う。なので、そのスポーツ用のグッズを用意できるのなら勧めたい。参加賞にキャップをもらえる大会がともにあるので、そういう大会にエントリーしてもらうのがいい。
私の持っているキャップは最新型ではないので、最近のものはまたちょっと違うかと思いますが、参考までに。

ちなみに、ジョギング用のソックスと、テニス用のソックスもかなり違います。
テニスシューズとジョギングシューズを流用しちゃダメなのと同じくらい、ソックスの使い回しも私にはありえない。自分の身体への投資と思って、スポーツに合ったものを着用してください。怪我して治療代はらうより、ずっといいです。

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

東京マラソン2017ボランティア感想

東京マラソン2017

ランナーもボランティアさんも、みなさんお疲れさまでした。
門前仲町エリア給水地点。
今回のボランティアチームは、最強でした。

感じたこと、覚書。
気温がやや高かったので、ランナーには水分補給が必須。なのですが、最後のほうで、用意していたポカリよりも紙コップが先に足りなくなってしまい、やむなく撤収。
ちょっとでも早く水分が飲みたかったランナーに、もっと先のテーブルまで行ってもらわないといけない状況に。(基本的に手前から混むので、物資がなくなった時点で撤収→後ろのテーブルで順次提供する方針なのだそうです)
そういえば、ランナーさんで、たくさん飲みたいのでコップを2つも3つも取っていく人がいた。一方で、1つのコップに近くに置いてあったコップの中のポカリを注ぎ足して量を増やして、空いたコップを置いていってくれるランナーさんもいた。
後ろのランナーさんへの配慮だったのですね。あああ、自分は走っている時にそういうことまで思いがいたらなかった…
もし暑いレースの時には、コップを捨てずに持って走ることも必要(コップさえ持っていれば、飲み物を入れてもらえる)。

森下~清澄~門前仲町エリアは今年初めてのコースで、観客も街も新鮮な賑わいでした。
「給食はないんですか?」というお腹をすかした人もいた(自分のいたポイントは給水のみで、中間地点を過ぎないと給食は始まらない)。この新コース地区の沿道で、おもてなし給食をしたら喜ばれるかも。

4時間ゴール目標のランナー集団あたりから、ゼリーや粉末を飲みながら給水ポイントにやってくる人が俄然増える。ちょうど20km地点だったので。なるほどみんなキロを目安に補給しているんだな~と実感する(やっぱり自分である程度食べ物を持たないと)。
エキスポで、トライアスロンの青山コーチが、「4時間で走る人は4つ、5時間で走る人は5つ、ゼリー状の補給食などを持って走る」ことを勧めていました。2時間台で走るエリートランナーはスペシャルドリンクがそれに該当しているのだそう。喉が渇く前に水分補給するのと同じで、お腹が空く前に、1時間毎に身体にエネルギー補給することが大切なのだとか。スペシャルドリンクは確かに彼らの1時間後通過地点に置いてありました。

12:30ころで最終ランナーが通り過ぎ、はとバスの黄色い車体の収容バスが到着し、道路の清掃が始まる。撤収・清掃・交通規制解除が早くてあっという間にボランティアチームも解散。
(昼時の街はいつも以上に超混んでいました。臨時営業の店や、マラソン限定定食を掲げた店も)

作業中、ポカリはこぼすし、浴びるし、かけていた眼鏡にまで飛沫が飛ぶほど濡れたので、汚れてもいいズボンと長靴で参加したのは、まずまず正解。マイナスポイントは行きと帰りの地下鉄の中がちょっと恥ずかしかったこと。

ボランティアのために遠方から参加に来ている人もいた。
そういう楽しみ方もあり、と開眼した。
自分はマラソンを走っていないけれど、今年の東京マラソンもめちゃくちゃ楽しかった。また走れるかなぁ…

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

下北沢~東京ビッグサイト~麻布十番

下北沢~東京ビッグサイト~麻布十番~東京タワー

↑下北沢たんたんで土日限定ランチ。厚切り牛タン! 味噌と塩と選べたので、迷わず味噌味で。

下北沢~東京ビッグサイト~麻布十番~東京タワー

↑これは、ボランティア用のリストバンド。説明会参加時に装着。


下北沢~東京ビッグサイト~麻布十番~東京タワー

自分で前夜祭。
明日の説明会、イベントやエキスポみてから、麻布十番で買い物。コメットでクロワッサンと、にしおかでハンバーグ弁当(すき焼きもおいしそうだった)。
東京の街に、外国人がいつもよりたくさん歩いている(気がする)!
今日限定色の灯りだした東京タワーを見上げながら芝公園でお弁当を。
ランナー、頑張れp(^-^)q

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

今年も始まりました

今年も始まりました
今年も始まりました

今年はボランティア参加です!
まずはエキスポでゼッケン引き換えの係。交代で休憩をもらえるので、その時間にエキスポを見て回れました。
初日は木曜。平日なので引き換えもエキスポもすいてました。
血管年齢を測ってもらったら、50歳だって。微妙。これが49歳!とかって出ればもうちょっと嬉しいのに。隣の肌年齢計測は誰も並んでない。測りませんか?と勧誘されたけど…若い頃から日焼け止めも塗らず、ず~っとお外で遊んできたので…肌年齢なんかとても測れません。ショックで外に出られなくなっちゃう。

東京都のコーナーに、今年も伊豆大島ブースあった~! 待ってました! 去年買っておいしかった椿揚げの揚げあられを迷わずゲット(この日はボランティア活動主体で出かけたので、荷物を極力減らしたため小銭入れしか持っておらず。塩味の一袋のみ買う→土曜に他の味も買うつもりがもう売り切れてた~weep)。

今回から始まったセキュリティリストバンド装着の影響か、初日の受付はそれほど混まず。医療関係者とか飲食関係者とか、衛生的な理由で木曜から日曜までずっとリストバンドつけっぱなしは困る、と言われるとなるほどと思う。

私は校正者なので、つけっぱなしOK。つければ走れるなら喜んでつけます。これはボランティア同士でバンド付けの練習したとき用。残念ながらこのバンドでは走れません。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

我慢(節食)と暴走(爆食)のあいだ

地味に仕事がとぎれなくて、なかなか続けて休めません。think もちろん、ありがたい。
小刻みな隙間時間に、テニスしたり、ランチしたり。
実は映画も行きたかったけど、無理かも。
行きたいところリストがまた溜まってきた。これは、先に日程を決めないと永遠に行かれない!と思い立ち、来月の日帰りツアーに申し込む。ツアーはね~、バスで目的地に次々と連れて行ってくれるからラクで便利なんだけど、自由時間が少なくて基本駆け足のスタンプラリー状態。自分が一番イヤなのは、初対面の参加者に不必要にあれこれ聞かれたり話しかけられたりすること。安いツアーの時ほど無作法。私は一人で静かに過ごしたいのよ。なので、せめてもの抵抗で、食事のついていないプランに。食事の時に個人行動ができるから。

ふるさと納税で送ってもらったダンボール一箱分の野菜もそろそろなくなりそう。

後日、結局サルヴァトーレ・クオモのランチビュッフェでお腹が痛くなるほど食べ
(後から店に入ってきた、私より明らかに年配の、細身の女性が、ものすごい量の料理をどんどん平らげていくのを見て、張り合ってしまったのがいけなかった)、
ああ、もうビュッフェなんていう響きでごまかした食べ放題には行くのはやめよう、と決心したのに、
数日後の夜、東京03のDVD見ながら、ポテトチップスを二袋(無添加ポテトチップスとKOIKEYA PRIDE POTATO)を平らげてしまう。振り幅が大きいなぁsad

隙間時間を利用して、e-Taxで確定申告終了。マイナンバーカードが間に合って本当によかった。事前の準備や書類の整理をマメにしていたおかげで、なんと今年は入力~送信が1時間で完了! 初めてなんのエラーも出なかった。ただ、パスワード入力場面が多すぎて、ここにはどのパスワードを入力するのか、迷うこと多々。

日曜は天気もよさそう。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

本当に豪華で贅沢でステキなディナーはこれから


三陸産・牡蠣のプレコット 発酵バターとコラトゥーラ
コラトゥーラにハマった夏があったなぁ、と思い出す。発酵バターがとてもおいしい。そして、この火の通り加減! 広島産以外の牡蠣でこんなにおいしいと思ったのは初めてかも。



鮮魚のヴァポーレ 原木椎茸 ニョッキ 香草風味
白身魚はヒラメ(だったかな?)これも火の通り具合が絶妙。セロファンのような包みごとボイルするのに、このちょうどいい茹で具合はどうやって見極めるんだろう?


美明豚サルシッチャをお好きなだけ 蓮根のチップとピュレ
茨城の豚肉だそうなので、きっと蓮根も茨城産に違いない、と言いながらパリパリ。
お料理もだけど、選んでいただいたワインが、おいしかった~。飲みきれなかったら手伝ってね、なんて言っていたのに、自分でグラス開けちゃった。

今月は年に一度の贅沢三昧。
il tram@清澄白河。清澄の街は、どんどんおもしろくなっている。
来週はいよいよ東京マラソンが深川エリアに初疾走!

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

豪華な誕生日特典で満喫


池袋、サンシャインシティのすぐそばにあるタイムズスパ・レスタへ行ってきました!
なんと、タイムズプラスの会員は、誕生日当日は入館料が無料なのです。
フロントで受け取った鍵番号のロッカーを開けると、お誕生日おめでとうのカードと、レストランで使えるドリンク券が!
ややや、やるじゃん。
アメニティもしっかりそろっているし、室内着も着心地はまずまず。替え用のくつ下は持ち帰り可。
屋上のまあるいジェットバスがイベントで薔薇風呂になっていて、まるでGACKTになった気分。時間限定で、浴室内で泥パックを配布してくれたり、サウナに入ったり、半日たっぷりお風呂を満喫してきました。
洗面コーナーでは、座る場所によって違う種類の化粧品が備え付けてあった!
(浴室のシャンプー類も、シャワーブース(隣との仕切りあり)の場所ごとに違うシャンプーが置いてあった)
試してみたかった雪肌精の置いてあった鏡の前へ迷わず突進。
いろんなブランドを試してみたい女性の気持ちに沿っているなぁ、とここでも感心する。
女性専用リラックスチェアーのお部屋では、一人ずつモニターがついていて、好きな映画やビデオが見られる。私は東京03のコント見たり、テレビ見たり。雑誌も置いてあって、何時間でもいられそう。いびきかいて寝てる女子もいたよ。

で、写真は、レストランにて、今月のサービスデザート・チョコレートムースをドリンク券のコーヒーと一緒に。

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

あやうくまた粉物をたらふく食べてしまうところだった

あやうくまた粉物をたらふく食べてしまうところだった

当初の予定では、サルヴァトーレ・クオモでランチビュッフェを食べようなんて考えていたわけで。
なんとか思いとどまって、今日は和食。少し衣は付いてるけれど、ピザよりはずっといいでしょう。頭のなかで、今月の目標が食事のたびにシュプレヒコールをあげる。
大手町国際ビルヂング地下、鹿島アスリート食堂「明日食」。
神保町のお店は中華バルになるらしい。

池袋の宮城ふるさとプラザの奥にあった牛タン食堂がなくなっていた。
メトロポリタンホテルのパン屋さんにケーキ売り場がなくなっていた。と思ったら、ケーキコーナーがビュッフェの隣に移動して広くなっていた。
東京駅ラーメンストリートの近くに、富山の白えび亭ができていた。

ちょっと行かないでいると、街がどんどん変わってしまう。

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

もはや小泉さんのせいにはできない

仕事オフ続行中で、行きたかったところにお出かけ。

まずは清澄白河の「チーズのこえ」で買ってきた。おいしい。中がトロトロ! 忘れないように写真に残す。売っていた白カビチーズを片っ端から制覇したい気分。

このところの清澄地区は、東京マラソンの新コースに組み込まれた影響だろう、試走(もしくは個人的東京マラソン)で走っている集団が増えてきた。

久しぶりにゆめーぬでランチ。こともあろうか、ミックスフライ定食。
手帳の2月の目標欄に、「自ら粉ものを進んで食べない」と書いたばかりなのに!
思いっきりパン粉付いてるやん。ここのは、揚げたのを作り置きしていないで、ちゃんと注文してから揚げてくれる(本来は当たり前?)ので、普段揚げ物食べない私もここでは食べる。クリームコロッケがトロトロでおいしかった。自分じゃこんなに上手に揚げられないcrying

そしてまた別の日。ちょっと早めの夕飯に、東京駅のラーメンストリートで。心ばかりの罪滅ぼし?に、ソラノイロ、玄米麺ベジ、半熟卵つけ、スムージー。ビーガンではないので、ホントのところはがっつり厚切りのチャーシューでも載せたかったけど。
これは、ラーメンといえるのか?とここでも思った。好みで言えば、前回の京橋エドグランの白湯麺のほうが好き。

しかも、この日はランチで何ヶ月ぶりかでイタリアン店でパスタを食べた。魚介のラグーのリングイネ。ニンニクとオリーブオイルたっぷり。自分でつくるときはあんなにたっぷりつかわないな~、と思いながらシェフの作り方を覗き見た。魚介類が新鮮で豪華でおいしかった。前菜のサラダにも珍しい野菜がちょこんとのっていた。
目の前でちゃんとつくってくれるお店は安心。作り方も見られるし。
(また新たな料理計画をたてつつある)

帰りにはパン屋でパンも買ってしまった。

いったい今月の目標はどこへ?

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

海鮮丼ランチと唐辛子の束


仕事オフ! やっと美容院へ行って、さっぱりした髪で都内へ。
前日から何をランチに食べようか迷いに迷って、当初は話題の日本橋つじ半で海鮮丼を…と目論んでいたけれど、店の前には平日というのに想像を超える行列! ざっと見て40人近い。

さっさと諦めて、以前も行ったことのある地下街の居酒屋さんへ。
ここは、12時から限定で(ボードには30食と書いてあった)海鮮丼ランチがメニューに出るのです。具はその日次第。とても新鮮、そしてボリューミー。近隣の勤め人たちが見逃すはずはなく、15分ほどで売り切れ。私も滑り込みセーフでゲット。

私がこの店を気に入っている理由はいくつもある。
店の従業員にいつも活気があって、入店しようとしている客にすぐ気づいて声をかける。
一見さんにもわかりやすい対応と案内。しかもキビキビとしていて混んでいてもとても手際がいい。
入店の順番どおりに注文をとっていき、あとから来た人が限定数のメニューを先取りしてしまう、なんてことがない。
限定や日替わりの残り数を、厨房とフロアーのみんなで把握しあっている。
限定メニューが終了したら、店の外に出していたサンプルをすぐきちんと片づける。
料理の出てくるタイミングもいい。
そして女性客には、ちょっとしたサービスヨーグルトを出してくれる。
温かいお茶を頼むと、別の湯呑みに入れて持ってきてくれる。
もちろん魚が美味しい。味噌汁の具(ワカメ)も、小鉢のじゃこ天もちゃんとしてる。
なんとこれで810円。並ばなくてよかった。

どれも当たり前のサービスなのに、こんなことあるでしょ。
店の入り口で誰にも気づいてもらえず放置されたり、初めて来たのに説明してもらえなかったり、もう品切れしたメニューのサンプルが堂々と並べられていたり。

つじ半の山盛り海鮮丼は、また立川のららぽーとに行って食べることにしますか。


新鮮な海鮮丼を食べて満足したので、街歩き。永代橋から見た佃島方向。
写真の左隅に写ってしまったのは、ネギではありません。
↓これを逆さに持っていたのだ。

新富町の青森県アンテナショップで見つけて、迷わず買ってしまった。
もちろん料理に使いますよ~。野菜セットが届いたので、ピクルスとかね。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »