« 戸越銀座~池上本門寺へ | トップページ | 品川区戸越公園 »

2016年9月 1日 (木)

池上~大森 川だった道

バスに乗ってもよかったけれど、子どものころ歩いて通った気がするので、地図を見ながら大森方向へ歩く。裏道は、S字に曲がりくねった細道が多い。多分川だったところを埋めてその流れのままの道が今も残っているのだろう。

中学校に寄ってみる。新しいたたずまい。大っきいなぁ、子どもが多いのかなぁ、この辺りは。門柱だけが多分昔の物。並びにあった文房具屋はもちろん無い。
この校庭に、部活が始まる前には下級生がテニスコートのラインを書き、体育館の倉庫からポールとネットを運び、テニスコートを3面つくった。

Dsc_0030 Dsc_0031
↑左・中学校からの下校時にいつも通った曲り道。覚えていたよりさらに狭かった。曲がった先も道の脇に堀川があった。やがてフタがされて、その後埋められた。幼稚園時代、堀川に園帽を落としてしまい、おじいさんが追いかけて探してくれた、と聞いたような気がする。
あと、ネズミ捕りの器具にネズミが捕れると、器具ごと堀川に沈めて退治してた気が。
右・肉の十八屋! シャッターにベタベタいろいろ貼られていたので、多分もう営業はしなくなって長いのだろう。交差点の向こうの都民銀行は健在。

Dsc_0032 Dsc_0033
↑左・よく遊んだ児童公園。ここもこんなに狭かったんだ。
右・元の大田区役所があった交差点。子どものころは、この交差点が自分の行動範囲の中で一番大きな交差点で、交わるすべての信号が赤になる時間があることが、たとえ一瞬でも、なんでだろうおかしいよなぁ、と思っていた。余裕も遊びもゆるせない、融通の利かない性格だった。

Dsc_0034 Dsc_0035
↑左・幼稚園。右・ガソリンスタンドは変わりなくあったが、その前の通りに名前がついていた。

Dsc_0036 Dsc_0037
↑細道と児童公園。桜の木と柿の木がとても大きくなっていた。柿がたくさん実っていたせいで、カラスが集まっていた。昔はなかった藤棚が幅を利かせている。ざくろは見当たらなかったが、ツツジかサツキが見覚えあるたたずまい。そういえば大きな棕櫚があったっけ。

善慶寺も寄ろうと、ダイシン百貨店でお花を買うつもりで環七わたって駅方向へ。
自転車屋さんがサイクルポイントと名乗っていた。健在。
郵便局ももちろん健在。
ところが。
私たちのダイシンが。
1階で買ったか2階で買ったかで、洋服が子供服からティーンズ服に変わったのを友達と自慢し合ったあのダイシンが。
遠足の前の日には、おやつを買いに行ってクラスメイトみんなと鉢合わせしたあのダイシンが。
高校生になっても、「ダイシンが見えてきた、オレの家も近い~」と替え歌で歌ったほどのダイシンが。
こんなになっちゃってました(ノ_≦。)↓↓

Dsc_0038Dsc_0039
3年前に来た時は、確かにまだダイシンだったのに。
あわててその場でスマホで調べたら、ドンキに買収されてたらしい。最大級のMEGAドンキなのだそうです。

Dsc_0040Dsc_0041
↑左・カドヤはこ奇麗になったましたが健在。右・町田書店もまだあった! すごくきれいに本がきちんと並べてあった。ほかのもっと大きかった本屋は2軒とももうすでに無い。
もちろん丸五園はありました。お茶と海苔、買ってきた! はねだしは少し値上がりしていた。逆に少しなのがすごい。ここの海苔とお茶が私の基準。基準が高いから、なかなか普段これっていうものを見つけられない。

Dsc_0042
今日のおみやげはもちろんくず餅。いつもどの店のだったのかなぁ? 思っていたのとちょっと違った。

おまけ・夕飯に入ったお店。どうも私は、何かお店の人に気に障ることをしてしまったらしく、さりげなく良いサービスを受けられない、食べたらサッサと帰りなさい的なオーラを感じてしまった。料理はおいしかった。でも、仕方ない、こういうこともあると思う。

|

« 戸越銀座~池上本門寺へ | トップページ | 品川区戸越公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戸越銀座~池上本門寺へ | トップページ | 品川区戸越公園 »