« 自転車で南大沢へ | トップページ | 今日と昨日は違う日なのだ »

2016年8月25日 (木)

松屋銀座の企画力はスゴイ


↑このあと通り雨にやられました~。

銀座といえば、私が行く百貨店は三越だった。(もしくは、アンテナショップめぐり)
新宿なら伊勢丹。東京は大丸。
行くと言っても地下の食料品コーナーばかりですが。

最近初めて入った松屋銀座の地下は、えっもうこれで終わり?って思うほど、すぐ突き当たりまで歩けちゃう広さ。でも、充実ぶりがスゴイ。押さえるべき店はちゃんと入っており(ガトーフェスタハラダとか、コダマとか)、一方、どこでも同じ、じゃない店(なかほら牧場とか、りょくけんとか。パンエリアも充実してる)が入っている!
そして何より、フロア中奥ほどにある催事コーナーの企画がいつも秀逸。期間限定催事のチラシが、百貨店入り口のラックに挿してあった。1枚もらおうと思ったら、なかなか1枚だけが取れない。よく見ると、文字だけの簡単なチラシにも、2枚かと思うほど厚いしっかりした紙が使われてあった。

しばらく前に催事コーナーでいただいたショップカードをたよりに、レストランKAIRADAへランチに行く。まずは、駅から店にたどり着くまでがタイヘン。なぜって、東銀座の裏道の小路には、気になる手頃なランチを出す店が数えられないほど並んでいるから。誘惑ありすぎ。この街に勤めたいなぁ。片っ端から制覇してみたい。
店の方が出迎えてくれる。おしぼりにいい香りがする。カトラリーも美しい。お料理はもちろんすばらしい。盛りつけられた器もとても素敵。頃合いを見てひとつひとつ作ってくださる料理の贅沢な仕上がり。レストランでいただくってこういうことだ。
吊り下げられている鍋が、きれいに磨かれて光っていた。

今やってる催事も魅力的。卵焼きの出汁の味が、東京と全く違った。
メインの目的地その2は、歌舞伎座地下の今月のみの早川町催事。日本一人口の少ない町・山梨県早川町。そこへたどり着くまでにも、王子サーモンとか鰻屋さんの店先に置いてあった持ち帰りうな丼とか、多くの誘惑を振り切って歩く。この日は買い過ぎないように保冷バッグを持ってこなかったので、下見だけ。来週また都心へ来たとき買おう。

|

« 自転車で南大沢へ | トップページ | 今日と昨日は違う日なのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自転車で南大沢へ | トップページ | 今日と昨日は違う日なのだ »