« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月25日 (土)

今年も咲きました~間違いと、闘う

今年も咲きました
私が風邪をひこうが、元気になろうが、おかまいなしに季節は巡り、いつも通り月下美人が咲いた。ホントなら植え替えないといけないし、剪定もしないといけない。これはトラノオも同様。いま、部屋がジャングル化している。
仕事も例年通り、めちゃくちゃ忙しいかと思うとぽっかり丸1日急に暇になったり。
そんな暇な日に、梅ジャム作ったり、チクテに出かけたりも、やっぱり去年と同じ。
ベランダのゴーヤもシソの葉も、日々生い茂っていく。

さて。
気になっていたので…検索でたどり着いた方への私信。
appleジップロックで梅を漬けて漏れた、という方。
本物の旭化成の「ジップロックr-mark」を使いましたか? 「ジップロック」は旭化成ホームプロダクツの登録商標の商品名です。ジップロック漬け、と言いながら、スーパーのプライベートブランドの、ちょっと安い、似たようなジップ付きビニール袋を使いませんでしたか?
新品のジップロックを使ってみてください。ダブルジッパー仕様が良し。私の経験では、ジップロックで漬けたときは、うっかり冷蔵庫の中で袋がイナバウアーしてジップ部分が見事に下向いてぶら下がっていたときも、汁は漏れていませんでした。まぁ、この姿を見つけたときはびっくりして心臓飛び出そうになりましたが。以後、万一を考えて、最近はトレイに載せてますけどね。
安いのはすぐ破れます。ジップもあまいです。袋の質も違う。使いまわしたのも、ジップの端が切れてきます。値段というのは、適正についている、というのは私の持論。なんでも安けりゃいいってわけじゃない。

yenヤオコーでは電子マネーは使えません。(今現在)
upwardrightポイント◯倍セールも、しません。(今現在)
一般にスーパーなどのポイントは、現金値引きの代わり、というお得感効果のほかに、固定客をつくるという狙いもあるのですが、3つめの大きな目的は、顧客の購買傾向をリサーチして、販売戦略に活かすことです。
ヤオコーがポイントカードを導入したのは、この3つめの目的に重きを置いているので、◯倍セールは最初から計画していない。もちろん将来のことはわかりません。
つまり私たちは買い物をしてポイントカードをレジでピッとする度に、どんなものをいくらぐらい購入したか、という個人情報を店に提供しているわけです。その見返りにポイントがたまったら金券をもらえる。
じゃがいもを買ったら、必ずカレーのルーを買ってるな、とか、店はデータから読み取る。じゃがいも売り場の横に、ちょっとグレードの高いカレールーを置いたりして、こっちを買わせたり…するほどにデータを利用できたらいいのに、そこまでできているとは思えませんが。

paper「クリックして文書をパン」とは、Acrobatの「手のひら」マークのツールのこと。
Photo
マウスポインタを手のひらマークの上にのせると、名前がでてきます。
3
ほらね。
画面をぎゅっとつかんで動かしたり、注釈や図形を選択したりするのに使います。
だからさぁ、検索して調べないとわからないような名前ってどうなんですか?

punchそして相変わらずのレジ過不足
どうしてレジで過不足が起きるのでしょう? ハッキリいいます。どこかで間違えているからです。
「レジ使ったのは3人いるから、私じゃないかもしれないのに、なんで私だけ怒られるの?」と思っていませんか? 「私」がいない日、レジをしない日、には過不足が出ない。「私」が出勤してレジを操作した日だけ過不足がある、だから店長は「私」を怒るのではないですか?
認めたくなくても、まず自分が間違えていることを認識する。人間だもの。必ず間違えます。そこをスタートにしなければ、過不足は永遠になくなりません。
悔しいけど、機械は計算ミスとかしない。間違えるのは、操作する人間。
お金をやりとりしているときだけが、間違えるポイントではない。
金額を入力するとき、数字を打ち間違える。
ディスプレイの数字を見間違える。
いくらいくらお預かりします、を言い間違える。
しまう場所を間違える。
手順を間違える。
急いであせって間違える。
威圧されて、プレッシャーかけられて、途中であれこれ話しかけられて、間違える。
どうしてコンビニで過不足が多いかというと、コンビニではレジ操作のみに集中できないからです。レジ打ちながら、お金をやりとりしながら、お弁当をあたためたり、たばこや揚げ物を取りに行ったり、ドーナツ包んだり、箸やスプーン用意したり、袋づめしたり、時にはくじ引きしたりしないといけないからです。
マイナスの時は、お釣りを多く(何回も?)渡してしまっていませんか?
プラスの時は、お釣りを渡したつもりで渡し忘れていませんか?
お札のお釣りを返したあとに、小銭のお釣りを続けて返していますか?
途中でレンジの音がピーとなって、お釣りのやりとりを中断してしまっていませんか?
お札を渡したら、レシートを外して、吟味台(預かった小銭を広げて置いておくスペース)に置く、などの決まりをつくる。そうすれば、レシートの位置を確認することで、お釣りを渡したかどうかが確認できます。

残念ながら適性はあると思います。
しかし、努力の余地もあると思います。
お札の見間違えをする人は、預かったお札をクリップにとめるときに、裏向きにとめてみてください。表向きにとめると、ついお札に印刷されている人物の顔や目を見てしまいます。裏向きにして、算用数字のところをピンポイントで見て確認するようにしてみてください。

pencil校正の仕事も、間違いと闘う仕事です。
印刷所やDTPの方や原稿を書く著者が間違えてくれなければ、必要のない仕事になってしまいます。平安の頃の写本も写し間違えてます。
出版文化が衰退していると言われてずいぶんたちますが、校正の仕事はなくならない、むしろ必要とされていると、ここ数年、ますます確信しています。
人は間違える、という前提で存在する校正。
そして校正者ももちろん人間なので、見落とします。はい、必ず見落とします。必ず間違えます。
どうやって克服するか? 経験を積む、自分の弱いところを知る、は有効です。
若いころ、「首相」が「主相」になっていたのに見落とした。
本になってから、先輩に指摘された。それ以後、「首相」とか「首脳」とかが出てくる度、「主じゃなくて、首」と必ず確認するようになった。
また、自分は「卒」と「率」の字が入った単語に弱い。「いんそつ」はどっちだっけ?「なにとぞ」はどっちだっけ? 弱い字に会ったときは、どんなに面倒でも急いでいても、不安だったら必ず辞書で確認する。
そういうひとつひとつの、結果として赤字にはならなくても、確認していく作業そのものが、校正の本質だと思っている。
その逃れられない本質的なところが、レジの仕事と(いや、本来、仕事とは皆そうなのだ。急いでいたからとか、大丈夫だと思ったからとか、まったく何も気づかず見過ごしてしまったとか。すべての作業はヒヤリハットに)通じている。

長くなりました。今日はここまで。

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

らっきょうの季節に滑り込みセーフ

らっきょうの出始めのころ、忙しすぎてまだ手がつけられず。
らっきょうの出盛りのころ、夏風邪ひいて、めずらしく熱を出し、とてもらっきょうどころではなく。

(風邪引いて出かけられないときに、元気出すために野菜食べなきゃと思い、大好きな室戸の産直野菜&フルーツセットを注文した! らっきょうが入っていたらいいなぁ、なんてムシノイイ具合にはいかず。入っていた小玉スイカが美味しかった~)

そして、やっと。スーパーでも売り場縮小され、残念ながらちょっぴり芽が出かかってるようなヤツしかなかったけれど、もう今日を逃したら今年の決意が果たせないと思い、午後4時間近くかかってようやく漬け終わり! やった!
Dsc_1892
(↑らっきょうが浮いていますが、3~4日経つと自然に沈みます(^_^))
作り方は「たくまたまえさんのらっきょう漬けレシピ」@ほぼ日を参照しました。
去年お試しで、このほぼ日の作り方と、檀流クッキング式とを半々ずつ、作ってみたところ、1年待たずにすっかり食べ尽くしてしまうほどのできの良さ! 1回で完結する手軽さで今年は1kg全部をいきなり調味液に漬けてみました。

[今年の私の覚書]
らっきょう(鳥取産) 1kg
酢 720ml(純米酢500ml+リンゴ酢220ml)
みりん(がわりに先日の八海山の麹の蜜) 180ml
塩(瀬戸のほんじお) 120g(1/2カップ)
砂糖(悩んだ末、きび砂糖) 310g
鷹の爪 1本(京都ので辛い)

もっといいらっきょうがこれからでも手に入れば追加するかも。ああ、カレー食べたい。

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

皇居東御苑の花菖蒲

皇居東御苑の花菖蒲
皇居東御苑の花菖蒲
皇居東御苑の花菖蒲
ガイドの先輩に案内していただき、日本一と名高い江戸系花菖蒲を見てきました。
なんと株も花も見事なこと!
皇居、大手門から入ると近い菖蒲田にて。

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

「南阿蘇鉄道希望の光復興祈念切符」銀座くまもとプラザでも

早々に売り切れてしまって買いそびれていた「南阿蘇鉄道希望の光復興祈念切符」が、増販になったらしいです。銀座熊本館、くまもとプラザで売っていた(なんと、ベーコンやソーセージの冷ケースの上のカゴに盛ってあった)のでゲット! 
由利高原鉄道WEBショップいすみ鉄道webショップでも買えますが、1枚からすぐに買えるので、銀座へ行ったらぜひ。

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

茹で上がり!!

Dsc_1882

ごちそうさまです。

| | コメント (0)

線路はつづく、でも電車が少ない


↑内房線、安房勝山と岩井の間にある踏切から、岩井方面を見る。単線の朝早い電車には、地元の通学高校生が数人乗る程度。

一年中、ゴルフ・テニスができる!と書いてあった。冬にテニス合宿、どうかなぁ?

↑イベント準備中。
きょなんヒルズマラソンのお手伝いに参加してきました。多摩ロードレースより少し参加人数が少ないけれど、出店の数や種類の多さや応援・観客の多さはこちらのほうが断然上。親子ラン種目があるせいもあると思うが、ちょうどいい規模と雰囲気のイベントでした。目の前の仕事をさばくので必死で、開会式とか全然見られなかったwobbly このイベントの明るくなごむ雰囲気は、青山さんの意欲や町の住民の方々のもっているあたたかさが、自然と出てくるのだと思う。

さて、出発時も、帰着時も、新宿バスタにナチュラルローソンができたはずとウロウロかなり歩きまわって探したのですが、どうしても見つからず。
ローソンのHPにも、詳しい(何ビルのどこエリアの何階にあるとかの)情報がないのでおてあげ。
コンビニがなくて不便、という声を受けて、後発でつくられたせいもあるでしょうが、案内もなければ地図に表示も無い。エキソトのお店の人に聞いてみるがわからない様子。
帰りはバスが渋滞で予定より到着時刻が遅れたため、デパートの割引時間にうまく?かかり、高島屋地下で安くなっていたお惣菜を買って帰る。

帰ってきてからいろいろ調べたら、なんと!
新宿バスタのコンビニは5階にあったらしい。
http://matome.naver.jp/odai/2145976543175935801
1階か2階だろうと思っていた自分の頭が硬かったか?

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

高速バスとレンタサイクルで

高速バスとレンタサイクルで
↑この書体を見て、鉄人28号や鉄腕アトムを思い浮かべるのは私だけ?
高速バスとレンタサイクルで
↑沖ノ島、宇賀神社のタブノキ。
高速バスとレンタサイクルで
↑港から山を見る。千葉の山はお椀を伏せたようで、だから坂道がキツイんだなぁ。
高速バスとレンタサイクルで
前回はまだオープンしていなかったNEWoManをまずは探険。沢村でショコラフランボワーズと、ジュース屋さんでコールドプレスジュースを買って今回は新宿バスタから出発!!

城山公園に登り、野菜もびわもみぞれはねだしも買い、地魚定食も食べ、メインのマラソンイベントの手伝いも参加し、伊勢海老ポテトチップスを食べ過ぎたのだけは失敗でしたが、ツアーでどこかへ行くよりも、やはり自分には合っていたかと。

そういえばうんと昔、弟と館山来たっけ。どこを回ったかすっかり忘れましたが。

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

やっとゴーヤを~梅雨前の仕事あれこれ

仕事の日々には家にこもり、オフの日には終日遊びに出てしまっていたので、気がつけば6月。慌てて、近所のD2へ行って、野菜用用土と苗を買ってきてベランダのプランターに植え付ける。
今年も苗は、接ぎ木ゴーヤ。今年は同じ種類のゴーヤ2ポット。贅沢に1プランターに1ポット植え。…といいつつ、空き地がもったいなくて大きなプランターにはシソを同居。別に、小さな鉢植えにイタリアンパセリを。
去年はバジルについた大きな虫と毎夜のように格闘したので、バジルは今年はやめました。パスタを食べなくなっちゃったし。
(小麦を極力食べないようにしているのに、まだ風邪ひいたあとの鼻炎がすっきりしない。ナッツもやめてみた、ミルクも飲んでない。朝のジュースにはシソを入れてみた。あとは何を?)

梅干しは、去年漬けたやつも、一昨年漬けた小梅もまだたくさん残っているので、今年はもういいか。その代わり、去年初めて漬けたらっきょうが思いの外美味しかったので、今年もまた漬ける心づもり。

なんて、やりたいことはいろいろあるけれど、とりあえずはプチ旅行きます。長期旅行は、この忙しさじゃまだまだ先になりそう。どこか秋のマラソン、当たらないかなぁ。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »