« 道の駅・保田小学校へ行く | トップページ | 寄り道の覚書き »

2016年1月31日 (日)

晴れた!厳しかった!の新宿シティハーフマラソン2016


2日前の天気予報では、都心でも積雪その後道路凍結、だったため、もしや中止も?と思っていたところ、積雪も凍結もまるで無し。どんどん晴れてきて、待っているときも暖かくて楽な、日焼けするほどのいいお天気に。
昨年はボランティア参加で給水ポイントにいたため、私にとって国立競技場ではない神宮球場外の通路からのスタートは今年が初めて。つば九郎が応援に来てくれるかとちょっと期待したけど、無理だった~。オフシーズンだから、休養中? 伊那市のイーナちゃんが来ていました。
(実はハーフマラソンではなく、違う種目に参加していたようです→ http://www.yakult-swallows.co.jp/news/detail/19091 )

昨年悪評の限りだったわかりにくいコースが改善され、最初に小回りで1周、2周めが大回り、3周めが御苑トンネルコース、と多分初めての人でもわかりやすいように改善されていた。
今年もボランティアの人が大勢、朝早くから。それはありがたいのですが、やはり気になったのは看板の持ち方。ランナーからは見えない方向に向けて持っていたり、まだ2周めなのに、3周めの「16km」の看板を思いっきりランナーに見せて立っていたり。それを見てランナーたちも、おっもう16kmも走っちゃったよ~みたいな感じでした。だれか注意する本部の役員はいないんでしょうか。

というのは前振りで。
コースの変わった影響か、私の走力が年々衰えているのか(遅すぎるのか)、いくつかの関門をかなりギリギリな状況(1分以下~あと3分!の声がかかる中)でかいくぐり、ついに、19km北参道の関門で捕まってしまいましたcoldsweats02 初めての関門アウト。
タグを返却し、ナンバーを控えられ、ゴールまでの2kmを歩道を歩いて帰る。初収容バス乗車にはならず。なにがいやって、ゼッケンをつけてトボトボ歩道を歩くこと。ゴールまで行けなかったことで達成感がない。レース後も楽しくない。


楽しくなくても疲れてお腹はすいたので、帰り道、以前から気になっていた「ナチュラルローソン&food kurkku」へ行く。DELIのショーウインドウが空っぽだったが、お弁当コーナーに店内デリ作のパック詰めされたお惣菜があったので、イートインスペースで。キノコあんかけチャーハン(玄米)と3種のおかず。キノコの多いこととチャーハンの美味しいこと。
躍進するコンビニのなか、「女子に人気のナチュラルローソン」という評判だが、男子のお客さんもわりにいる。ひとりご飯の人が圧倒的に多い。
クルックの野菜も果物も一通り見たが、日々の食材として買うにはちょっと高い。


途中棄権でも参加賞はもらえる、ということで、どこでもらうのかわからず会場をさまよった挙句、記録証発行所の脇の棄権受付でゼッケンと引き換えにいただいたのが、これ。
えっ、今までとずいぶん違うやん。もしかして棄権だとタオルなの? 去年のボランティアのときだってランニングリュックもらえたのに?
着替え終わって、球場で午後の10kmレースのゴールしてくる人たちを見ていたら、ちゃんとゴールしてきた彼らの手にも、水とタオルが。ということは、みんな同じ?
刺繍のクオリティはどうやら高そうです。

家に着くと、来月の東京の案内の封筒が届いていた。
東京の関門(特に一番最初の関門)のほうが、厳しいと思う。
複雑な気分。いや、楽しく終わるには、完走を目指さないと。

|

« 道の駅・保田小学校へ行く | トップページ | 寄り道の覚書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 道の駅・保田小学校へ行く | トップページ | 寄り道の覚書き »