« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

晴れた!厳しかった!の新宿シティハーフマラソン2016


2日前の天気予報では、都心でも積雪その後道路凍結、だったため、もしや中止も?と思っていたところ、積雪も凍結もまるで無し。どんどん晴れてきて、待っているときも暖かくて楽な、日焼けするほどのいいお天気に。
昨年はボランティア参加で給水ポイントにいたため、私にとって国立競技場ではない神宮球場外の通路からのスタートは今年が初めて。つば九郎が応援に来てくれるかとちょっと期待したけど、無理だった~。オフシーズンだから、休養中? 伊那市のイーナちゃんが来ていました。
(実はハーフマラソンではなく、違う種目に参加していたようです→ http://www.yakult-swallows.co.jp/news/detail/19091 )

昨年悪評の限りだったわかりにくいコースが改善され、最初に小回りで1周、2周めが大回り、3周めが御苑トンネルコース、と多分初めての人でもわかりやすいように改善されていた。
今年もボランティアの人が大勢、朝早くから。それはありがたいのですが、やはり気になったのは看板の持ち方。ランナーからは見えない方向に向けて持っていたり、まだ2周めなのに、3周めの「16km」の看板を思いっきりランナーに見せて立っていたり。それを見てランナーたちも、おっもう16kmも走っちゃったよ~みたいな感じでした。だれか注意する本部の役員はいないんでしょうか。

というのは前振りで。
コースの変わった影響か、私の走力が年々衰えているのか(遅すぎるのか)、いくつかの関門をかなりギリギリな状況(1分以下~あと3分!の声がかかる中)でかいくぐり、ついに、19km北参道の関門で捕まってしまいましたcoldsweats02 初めての関門アウト。
タグを返却し、ナンバーを控えられ、ゴールまでの2kmを歩道を歩いて帰る。初収容バス乗車にはならず。なにがいやって、ゼッケンをつけてトボトボ歩道を歩くこと。ゴールまで行けなかったことで達成感がない。レース後も楽しくない。


楽しくなくても疲れてお腹はすいたので、帰り道、以前から気になっていた「ナチュラルローソン&food kurkku」へ行く。DELIのショーウインドウが空っぽだったが、お弁当コーナーに店内デリ作のパック詰めされたお惣菜があったので、イートインスペースで。キノコあんかけチャーハン(玄米)と3種のおかず。キノコの多いこととチャーハンの美味しいこと。
躍進するコンビニのなか、「女子に人気のナチュラルローソン」という評判だが、男子のお客さんもわりにいる。ひとりご飯の人が圧倒的に多い。
クルックの野菜も果物も一通り見たが、日々の食材として買うにはちょっと高い。


途中棄権でも参加賞はもらえる、ということで、どこでもらうのかわからず会場をさまよった挙句、記録証発行所の脇の棄権受付でゼッケンと引き換えにいただいたのが、これ。
えっ、今までとずいぶん違うやん。もしかして棄権だとタオルなの? 去年のボランティアのときだってランニングリュックもらえたのに?
着替え終わって、球場で午後の10kmレースのゴールしてくる人たちを見ていたら、ちゃんとゴールしてきた彼らの手にも、水とタオルが。ということは、みんな同じ?
刺繍のクオリティはどうやら高そうです。

家に着くと、来月の東京の案内の封筒が届いていた。
東京の関門(特に一番最初の関門)のほうが、厳しいと思う。
複雑な気分。いや、楽しく終わるには、完走を目指さないと。

| | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

道の駅・保田小学校へ行く

平日昼ころ。駐車場には明きが少ないほどに車がたくさん!飲食店も行列はできていないながらも、結構人が入っている。
Dscn3327
廃校になった学校施設をリノベーションして道の駅にして、昨年末オープン。保田駅から歩くと15分ほど。
Dscn3325
学校っぽさをあえて残して、椅子とか、跳び箱とか、靴箱とかを利用している。川越などの古い町並みのリノベーションというと、外見が昔の景観で、店の中を新しくするパターンだけれど、ここは建物の外見も中も新しい。でも、学校施設をうまく使っているところがおもしろい。
Dscn3326
この日はお休みだった里山食堂をちょっと覗く。教室うしろのランドセル入れの棚が荷物置き場や収納場所になっており、黒板にはメニューが書かれてあったり、椅子はやはり学校で使う椅子だったり。

私の住む市内にも廃校の学校施設がある。尾根幹線道路は、休日などは自転車乗りたちやランナーたちで賑わうので、たとえば尾根幹そばの空いた施設に、休憩や食事のできる、お風呂かシャワーに入れる、仲間で集合できるような、こんな道の駅的な施設をつくるのも一案な気がしてくる。

保田小学校のあと、内房線(1両はクロスシートの車両が連結されていた!これなら千葉や蘇我から乗り継いでくるのも可か?ロングシートで1時間も乗るのは旅の気分じゃない)に乗って、富浦(枇杷倶楽部)、岩井(富楽里)それぞれの道の駅も見る。
南房総は道の駅に力を入れているせいか、駅から徒歩の人用に、道の駅までの道標が出ている。ここが歩道か!?というような道なき道を通るけれど。
どの道の駅でもお土産の品揃えは似ている。富楽里で伏姫ワインを購入。

帰りは道の駅のインフォメーションで高速バスのチケットを買い、とみやまから新宿までバスで帰る。車内から、内房沿い沈む夕陽を見る。
内房は、富士山の見える場所だったと改めて知る。
途中からずっと足の裏が痛かった。帰ってきて見たらマメができていた。せっかく奮発して買ったソレルのブーツなのに、雨の金沢でのスリップ&捻挫事件といい、今回の靴ずれといい、どうも自分の足に合わないらしい。暖かくて濡れないうえにオシャレなのは気に入っているのに。

| | コメント (0)

鋸南町の保田へ向かいながら

金谷でフェリーを降り、おみやげ屋さんの外に出ていた野菜販売に寄り、徒歩でJR浜金谷駅へ向かう。駅までの途中の道に、フィッシュマーケットや寿司屋(まだやってなかった)など。あっという間に駅に着く。
Dscn3313
「関東ふれあいの道」をたどると、浜金谷から保田まで歩けるらしい。
Dscn3317
保田駅から歩いて20分ほど。道の駅きょなん。ごく近くに話題な道の駅ができてしまったため、こちらはやっているのかどうか?と思いながら来てみた。やや閑散としているが、鋸南町産の農産物と、なにより切り花がきれいで安い! 
ここで「木村ピーナッツ」のみぞれはねだし150g入り袋を購入。館山の有名なピーナッツ屋さんと知ったのは家に帰ってから。「ここだけで売っています」と書いてあったので買ったものの、300g入りが保田小学校でも売っていました。これおいしかった。食べ始めたら止まらない。もっと買えばよかった。と思ういつものパターン。
Dscn3321
そして!あえて、ばんやではなく栄丸で。9:00~11:30まで朝定食をやっているので、この時間に間に合うように早起きして来たという次第。太刀魚、イサキ、カマスの刺し身。魚汁の中にヒラメの卵。甘くておいしかった。皿の葱たれはポン酢みたいで、汁の実に好みでつけるそう。お腹いっぱい。
帰り道に覗いたばんやは、さすが平日の午前、行列はできていませんでした。

そして、いよいよ、例の話題の道の駅へ。つづく。

| | コメント (0)

2016年1月25日 (月)

南房総日帰り旅行〜久里浜が遠かった

久しぶりに5時起き。まだ月が空に輝くうちに出かけました。いつもなら二度寝しちゃって早起きが苦手なのに、出かける時なら起きられることにちょっと自信をもった瞬間。

南房総日帰り旅行〜久里浜が遠かった
南房総日帰り旅行〜久里浜が遠かった
南房総日帰り旅行〜久里浜が遠かった
大きな富士山は小田急線からも見えた! 久里浜港から東京湾フェリーにて。空も海もきれいな青。船上に売店があり、おみやげや軽食もあり。平日の朝なので乗客は少ない。釣りらしき人、ゴルフの人、山歩きの人、房総観光の人だけでなく、通勤らしき人も。

目指す先はここ↓。でもその前に。つづく。

南房総日帰り旅行〜久里浜が遠かった

| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

東京16積雪

明け方からの降雪もすぐに雨に変わり、午後にはやんで道路の雪かきを少々手伝う。
クスノキが朝は雪でくにゃりとたわんでいた。
仕事もなく、出かける用事もないので(交通網は大混乱だし)、部屋でウレロの無料配信や東京03のコント見たり、トマトソースを煮込んだり、ブロードをつくったり。
おやつのバカ食いをやめないと~gawk筋肉増えないで、体脂肪ばっか増えてるこの頃。

| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

謹賀新年
元旦の定点観測その1、多摩川。14℃ながら川風強し。
初詣の福銭は少量ながら今年も健在。
正月に富士山を見ながら走れる幸せ。

年内仕事も忙しかったせいで練習不足(T_T)あちこち痛い。
テニスばっかで、ちゃんと走ってなかったのが如実に出た〜
ビリかブービーだろうと思ったら、まだ後ろに人がいたが、更衣室の利用は最後のほうで、何度も係の人が確認に来たりするもんで、あわてて着替えた。
こんなんで、今年の目標が達成できるようになるんだろうか?

謹賀新年
結局いつも通り川崎へ出て、台湾料理で今年の初ランチ。
混みまくりの元旦の川崎で、並ばずに入れる穴場見つけた!
(昨年はラ チッタデッラのサルヴァトーレへ、それ以前はatre地下のラーメンストリートに行っていたが(これらもラゾーナほどは混まない)、なにしろピザもラーメンも粉ものなので今年は避けた次第。どれだけ粉が好きだったんだろう、私)
阿里城 川崎ルフロン。10階がレストランエリアになっていて、多国籍な料理店が並ぶ。多国籍な店員さんと、多国籍なお客さんたち。
初詣帰りの人たちも、わざわざ10階まで昇ってこないから空いているのか、それとも昼時を過ぎていたから空いていたのか?
料理の皿が出てきてなんといっても驚いたのは、キャベツのちぎり方の大胆さ!
店内、お店の人にも、お客さんにも台湾人の方が多い。これはいいでしょう。海外で入った和食屋さんに、現地の日本人のお客さんが食べに来ていると安心するのと同じ感じ。

そして年に1度の定点観測その2、atreの地下でお買い物。買い物した時の福銭や粗品が去年なくなったのに加え、今年は、次回のお買い物で使える割引券ももらえなくなっちゃった。
欲しかった商品も、去年買ったはずのテナントも、無かった。

それでも川崎は元旦から凄い人混み! たくさんの食材。タイムセールの洋服。限定数の福袋。手帳をまだ買っていないのでほしかったが…どれも買わず。

帰りの南武線。いまどこらへんを走っているのか表示される画面がついた車両になった。疲れて寝ちゃって、はっと目が覚めたときに、乗り過ごしたのかどうかがすぐ確認できるようになった。

ブログ11年目に突入。
これも自分の定点観測。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »