« 春が | トップページ | カタクリに会いに »

2015年3月23日 (月)

小田原散歩

小田原散歩
漁港探索シリーズ?第2弾。
小田原港は大磯港より、店も人もいっぱいだった。
駐車場も満杯。何台もが空き待ちをしている。
(平日だけど春休みに入っていたせいかも)

小田原駅から漁港最寄り駅の早川まで、ひと駅分約2. 5kmほどを街を見ながら歩く。
水戸の城下町のように、古い建物の一部を残して、リノベーションして使っている。
港の市場へ行くまでにも、気になるカフェやランチの店がいくつも! これを振りきって港市場へ向かうのはさすがにムズカシイ。
どうしても誘惑に負けて、老舗らしきベーカリーで薄皮あんぱんを買って食べ歩き。あんたっぷりで皮も旨い。
小田原散歩

市場到着は12:30ころだったので、周りのご飯食べるお店はどこも満杯。
メインの市場にはもう人がいない。そんな市場の中の奥の建物、市場を見おろすようなところにある「魚市場食堂」へ。
小田原散歩
ベランダみたいな店先に並ぶ。
食券を買って、おばちゃんに食券を渡して番号札をもらって、あいてる席を自分で探して座る。もちろん相席。
そんなわけで混んでいたけど回転は早い。
小田原散歩
奮発して本日の日替わり上刺身定食! タコの唐揚げ美味しかった!

残念ながら桜の開花には少々早かったけれど、干物や練り物買って帰宅。
次は相州飛び越えて桜えび漁の駿河へ行きたいなぁ。
…って、すぐやん。


おまけ
小田急線車内は読書タイム。
いま読んでいるのはこれ。
東京大空襲をくぐりぬけてー中村高等女学校執務日誌ー (銀鈴叢書)
東京大空襲から70年。本当は経験者からいろいろ聞かなくちゃいけないんだけれど、こちらから根掘り葉掘りは聞きにくい。思い出したくないかもしれない、と察してしまうから。
この本を読み始めて、東京に起こったことを、こんなにも何にも知らなかったのだと思い知らされている。
次の世代に語り続けるために、おすすめします。

|

« 春が | トップページ | カタクリに会いに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春が | トップページ | カタクリに会いに »