« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

第3台場見学

第3台場見学
第3台場見学
第3台場見学
第3台場見学

東京水辺ラインの歴史散策講座に参加してきました。
砲台つながりで伊豆から贈られた河津桜が1本、満開でした。

幕末の知識欲をかきたてられた1日でした。
(次は伊豆韮山反射炉と江川邸へ行かねば)

| | コメント (0)

大磯散歩

大磯散歩
大磯散歩
大磯散歩
大磯散歩
大磯駅から大磯港へ。海に向かって歩く。
そして昼の定食! ボリュームたっぷり。太刀魚の大きくて脂ののってること!
食べ終って外に出たら、メニューいくつか売り切れてました。(12:30ころ)
港で干しながら売ってたイカや丸干も買ってきました。
毎月第3日曜日は港で市がたって、魚は9時から販売だそうです。

・・・ていうか、めしやがメインの目的ではなく、この日出かけたのは大磯のエリザベスサンダースホームを創った澤田美喜記念館見学のため。平日でしたが展示物の説明も聞けて満足。

| | コメント (0)

1つの店で街が変わっていく

1つの店で街が変わっていく
近隣のカフェにも人があふれている。
新しいベーカリーができていた。
清澄の街に若い人が集まっている。

2月6日に日本第1号店が開店したブルーボトルコーヒー@清澄白河。
写真の列は店内でコーヒーを飲みたい人たちの行列。
(近所の人にいつもこんな行列ですか?と聞くと、今日はマシな方、との答え)
そして行列の人にもまして、店の周りで写真を撮る人たち、駅からスマホで地図見ながら店を目指して歩く人の多いこと。
どの駅からも歩く、なにもないところに、人だかり。江戸時代のころから市民の流行りモノ好きは変わらないんだなぁ。
私はコーヒー豆のみ買いたい、と店外にいた係の方に伝えると、正面入り口の別の短い列を案内され、そこで待機。約10分待ち。現在、決済はJCB以外のクレジットカードのみ。200g入りのパックされた6種類の豆(粉は無し、豆のみ。挽いてはもらえません。1500円~1800円税込)から、2種類選んでみた。
ブルボのマーク入りの紙袋を下げて帰る。ミーハーぽくてちょっとはずかしい。

家でドリップして淹れて飲む。
いや、お世辞でなくおいしかったです。

| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

たくさん食べました熊本編

たくさん食べました
やっぱりハズせなかった太平燕(たいぴーえん)@センタープラザ地下。センタープラザは3月末に、県民百貨店も今月末で閉店、とかで、靴下よりどり6足で1080円だった!
たくさん食べました
お教室で勧められてでかけた橋本のカレーコース。コースにしてよかった、前菜やスープや、デザートまでが「ええっ?」て驚くレベル。湯島の大根食べられて幸せ。お客さんの半分はカレー頼んでました。サラダの中に隠れていたカブも絶品。
たくさん食べました
旅彩の肥後まんぷくセット+宿泊者サービスミニ馬刺しセット付き。熊本の名物はまずは制覇。刺身も馬肉もうまい!これにごはん・みそ汁(熊本のみそ汁は本当においしかった)・サラダがセルフでおかわり自由。まんぷくになりました。
たくさん食べました
ここに行かないと始まらない。ゲラで読んだ加茂川で天草大王鍋ランチセット。鶏すき焼の下にうどんも入っていて、マラソン前のカーボローディングにちょうどよかった。

そりゃあ、これだけ(いやもっと写真に撮らなかったものも食べてますが)食べればお腹痛くなるでしょ。大正漢方胃腸薬買いましたよ。熊本城マラソンの給食も、回数も種類も多くて、トマトまるごと1こ、とか、菓子パン3種類、とか。全部食べてたらお腹いっぱいで走れなくなりそうなくらい。沿道の方にいただいた塩がおいしかったなぁ。フル走っても、全然体重が減りませんでした。

| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

無事帰りました

無事帰りました 岡山で乗り継いで、サンライズで帰京。 星を見ながら寝入り、朝焼けとともに起床。 荷物が多くなるのを見越して、ちょっとだけ奮発して、BソロじゃなくてBシングルにしたけど、やっぱり狭い。 どうせならもっと奮発すればよかった… 九州、楽しかった! どこへ行っても思うけど…また行きたい!

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

無事完走

無事完走
無事完走
走る人も歩く人も沿道の人も楽しんでました!
給水・給食の多いこと!

筋肉痛ですがまだまだ観光中。

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

すでに来ています

すでに来ています
すでに来ています
街中が出迎えてくれてる感たっぷり!
そしてもうずっと食べっぱなし。
今回は忘れもの多くて情けない。
まだまだ予定満載。

| | コメント (0)

2015年2月10日 (火)

旅はすでに始まってしまった

旅行前に預かっていたゲラを全部返せたので、すでにオフ突入!

まず掃除coldsweats01
やらないといけない私用はまだまだあるわけですが(確定申告とか)、荷造り始めたり、買い物行ったり、ゴミをまとめたり。

千歳烏山へ行ったら商店街や公園めぐりも楽しくて。
すでに私の旅行が始まってしまった、と歩きながら思った。
Dinoでどでかいピザを食べ(ランチで出てきた2月のカーニバルのドルチェ・キャッキレがとてもおいしかった)、食べきれなくて、いや頑張れば食べられたとも思うけど、食べきれなければ包んでくれるというので包んでもらい、街を歩きまわり、駅に戻り、世田谷のちょい高級?スーパー・シミズヤで見つけた「期間限定・蕾菜」なる野菜を買い(朝採り京野菜コーナーなんていうのもあった!)、惣菜も買い、夕飯も買い、もうすぐ出かけるんだからあんまり買ったらダメなのに、と思いながら。
調子悪かった胃腸は、揚げ物やめたら良くなってきた。

天気予報とにらめっこ。
早起きも予行練習しないと。

| | コメント (0)

岡崎京子展にでかけて

世田谷文学館にて、2015年1月24日~3月31日 開催中

特別に岡崎京子の大ファンだったというわけではない。でも、ここ数年ずっと気になっていた。
なぜ? 同世代だから? いや、それだけじゃない。
あの心の空洞をふっと見せてしまったような(それはきっと誰もがしているのだ。バイバイと言って友達や彼氏と別れて一人になったその瞬間に)少女たちの表情をずっと描いてきた彼女が、結婚して旦那さんとのラブな生活を手に入れて、一緒に散歩なんかをするような幸せを手に入れたことを、私は一読者としてとても喜んでいた。
だけど。事故のことを知ったとき。
神様は暴力的に、女性としてもクリエイターとしても、人生の一番輝いて精力的であるはずの、楽しいことも幸せな気持ちも悲しいことも辛いことも嫉妬することも諦めることも、あらゆる感情の経験値を積めるはずだった時期を、そっくりうばってしまった、と思った。
今回、展覧会に行ってみて、神様はうばっただけではない、と感じた。誰にも経験できない彼女だけの19年間を与えてしまったのだと。

とても好評で混んでいると聞いたので、平日の、すいていそうな、朝一番でもなく昼下がりのひとときでもなく、中途半端な時間を見計らってでかけた。ゆっくりじっくり観たかった。
それでも、人が次々と来ていた。キュートでおしゃれなカッコの女の子の観客が多かった。

(オバサンらしい物言いをすると)近頃の女のコの不安をいろんな所で聞く。
いい人がいたら結婚はしたいけど、仕事もおもしろいし、窮屈な思いを我慢するくらいなら別に今のままでもいいかも、なんて思うんで。でも、年とって50過ぎたりしたら、男友達もみんな相手にしてくれなくなるかな。結婚して子育てしてる友達がみんな幸せそうに見えたりすると、ああやっぱり子どもくらい産んでおけばよかったなぁ、なんて後悔するかもしれないって不安もあるし。ま、自然といい人と出会えたら、その時は結婚も考えてみるけど、ガツガツ男を探すなんてことはしたくないし、そういう自分を見せたくない。このまま独りだったら仕事にでも生きればいいか、なんてね。
こういうのを聞く度に、甘い! って思ってた。自分の人生に本気でエントリーしろよ、って。
一つのことを決めて選ぶ、ということは、その他の選択肢を潔く捨てる、ということだ。
幸せそうに見える子育て中の友人は、泣く子どもをあやしながら、大きな仕事を任されている同い年の女性を、連休の度に海外旅行に自由にでかけられる独り者を、ひっそりとうらやんで孤独な育児に滅入っているんだ。

第1希望はいちおうこっちだけど、ま、ダメだったら第2希望でもいいや。それは何も選択してないんじゃないの?
東京駅で列ができてた。記念Suicaを買うための列だって、へ~、じゃ試しに並んでみようかな、買えたらめっけもんだし、買えなかったら別にいいや。あ、やっぱりトラブルになってる、でもネットで買えるんだって、じゃ買っといてもいいかな。と同レベルに聞こえた。

やはり同年代の松田聖子は、仕事も結婚も子どもも人気もお金もセックスも、どれも捨てない、すべてをつかみとったまま離さずに生きようと実践している人だと思う。突き進む強い意志が見える。自分の選択のために、ものすごく努力して本気で生きていると思う。もちろん聖子ちゃんも捨てているものはある、ユニクロでスーパーに買い物行ったり、本屋で雑誌を立ち読みしたり、人気の屋台に並んで買い食いしたり、そんな楽しみは捨てて、自分のエントリーした生き方に邁進してる(のだと思う)。
「後家業」をもし選ぶなら、そこにもかなりの覚悟と実行力が必要だ。でもそこには、人生に本気で取り組んで選択している気配を感じる。
どっちが好きかといったら、私の答えは決まっていた。

ところが、展覧会を見ていて気づいた。
岡崎京子は、選択できない女の子も、選択して突き進む女の子も、どちらも描いている。選択できないことに気づいているけど気づかないふうの子や、とりあえずペンディングにしている子や、なんとかしなきゃと思ってるけどそのまま毎日を過ごしてる子や、選んだからにはがむしゃらに周りの迷惑かまわず行っちゃう子や。そのみんなの、日々の時間を、描いている、と思った。
好きとか嫌いという目線ではなく、そこに、あるがままに、日常の中に置いてある、と思った。だって、それが現実でしょ。選びたくなくて選んでないわけじゃない、今は選べる自信がないだけ。

20年前にすでに今のこの現状の女の子たちの不安や表情を描いてしまっていた岡崎京子にとって、ほかの誰も経験していないこの19年間が(とてつもない栄養分になって)、次にどんな花を咲かせるのか、どんな花を引っ提げて登場して私たちを驚かせるのか、その花を見たい。きっとみんな待っている。いつまでも。花が咲くのを。
最後のサプライズは、うれしいような、正直つらいような、気持ちになった。2年も練習してやっとここまでなのかと。いや、違う。これ以外の表現はない。この短い言葉にはすべてがつまっているのだ。あえて選んだこの言葉に。

ともあれ、今回の展覧会が企画され、実施されたことは、花咲く季節が近づいているのだと思って心からうれしかった。
『レアリティーズ』の京子さんの顔のアップを見た途端に、または、公式カタログ『岡崎京子 戦場のガールズライフ』のよしもとばななさんの巻頭の文章を読んだ時、涙がぽろぽろこぼれた。
平凡社、やるじゃん。
(ここまで書いてから、公式カタログの巻末に、京子さんの弟さんが書いた、この19年間の京子さんと今の京子さんのことなどが書かれてあるのに気づいた。泣けなかった。正直つらいように感じてしまったことを改めてこう目の前に出されると、本当の現実にはセンチメンタルな感情では対応できないのだ)

京子さんへの「おかえりなさい」の言葉の準備は、いつでもできている。
平成の悩める女子たちを見て、なんだよ、全然変われてないじゃん、って言うだろうか。
ラインとかスマホとかあっても、やっぱり寂しいんだね、って言ってくれるだろうか。


おまけ
喫茶どんぐりで企画展連携特別メニューのチョコセット。甘っ。
チケット売り場の売店では、ガラスの仮面ファイルが値下げされてました。

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

永どんチロルチョコ

永どんチロルチョコ
昨日から限定販売。朝からすっごい売れてるって言ってましたが、チロルチョコなのに1コ100円はちょっと高いと思います。

註: 「永どん」は多摩市永山のゆるキャラです。どんぐりがモチーフらしい。会ったことないぞ! 今年の多摩ロードレースに来るでしょうか?

| | コメント (0)

誕生日祝@たんたん/下北沢

おいしいお野菜料理とタン料理をいただきました!
誕生日祝@たんたん/下北沢
誕生日祝@たんたん/下北沢
誕生日祝@たんたん/下北沢
ケーキを持ち込んでたなんて、気づかなかった! 

下北沢では、書店B&Bで1時間くらい書棚に見入ってしまいました。
懐かしい本、新しい本、品揃えの選び方に感嘆や驚きの声を(心のなかで)あげながら。
むかし手放してしまった本を見つけ、中身は暗記してるほど読んだけど、また読みたくて購入。
クレカ払いしたら、カードの控えはメールで送信とのこと。すごおい。

| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

ゆめーぬランチ&ル・ププランでケーキ

ゆめーぬランチ&ル・ププランでケーキ
ゆめーぬランチ&ル・ププランでケーキ
ゆめーぬランチ&ル・ププランでケーキ

↑知ってる人しか知らない、コミュニティカフェ「ゆめーぬ」。
多摩市諏訪児童館の向かい。
車道に面してない上に、一昨年できた諏訪二丁目ブリリア敷地の中なので、友人に聞くまで多摩在住歴の長い私も知らなかった!
駐車場なし。
駐輪場は隣接コンビニ棟の裏にあたる、デイケアセンター入り口のある西側前、子どもプレイランドエリアの横、屋根付き。なのでご近所さんか、ランorポタリングorウォーキングでぜひ。
永山駅から遊歩道か、諏訪商店街の中ほどの階段(スロープ)のぼって、歩道橋を渡って北へずっと道なりでも着きます。
10:30〜20:00、L.O.19:15
ランチ11:00〜15:00
デザート15:00〜17:00
夜17:00〜
水曜日定休日
店内大きいテーブルもカウンターもある。明るい。野菜、お菓子、卵などの販売もあり。土曜日には大々的な野菜販売もするとのこと。
バランスのとれた野菜の多いメニューもうれしい。同じ人が味をととのえると、皆似通った味になりがちだけど、1皿ずつ味つけが違って、メインはもちろん小皿の各々が皆おいしかった。
(昨年シェフが代わって味がぐんとよくなったのだそうです。これがあまり知られていないので、おいしいのに混んでません。どこからも歩くし。かえってゆっくりできて地元民としてはうれしいかも)
普通に定食を頼むと雑穀米になるので、白米希望は注文時に。
これで540円!
アス食より私はこっち決定。違うメニューも食べてみたい。

ゆめーぬランチ&ル・ププランでケーキ
で、さらに走って、↑こちらも友人一押しのル・ププランでケーキ。
店前のテラスでイートイン。汗かいたあとの日陰で少々寒かったけど、ファイントラック新調したので大丈夫。
お店の方がサービスで入れて下さった温かい紅茶に、青空が映っていた。

2:30の時点でイノウエベーカリーの棚はパンが3つしかなかった。もっと早く来ないとダメなのか! チクテより過酷だ〜

そしてまた走って帰る。
シンプルな1日でした。52歳か~、なんかね、昨日と全然変わらない。
今年の抱負、杉田玄白の養生七不可、食べ物系は全然守れてないし。
今日の多摩市横断コースでトータル15km。休んで食べてるから、全然大したキョリじゃないけど、楽しかったので、またいずれ。

| | コメント (0)

育ちました

育ちました
育ちました
雪が積もるといけないと思い、大きくなってきていたブロッコリー収穫しました。
何ヵ月かかったんだか。
花も咲いてる上に、葉を鳥?にかじられてました。

ふなっしーが到着! よく見るとかわいい顔してる<(*^o^*)/

とにかく早く仕事終わらせて、美味しいもの食べに行こうっと!

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »