« 行ってきます | トップページ | 7時台東京発のぞみ~新大阪から新快速で »

2014年11月23日 (日)

無事完走

無事完走
鉄人はこの向きで見えました。

今回は練習もできていたし、カゼもひかなかったし、着る服も半袖でバッチリ正解だったし、スタート直後の周りと自分のペースも速過ぎず抑えぎみだったし、もう言うことなしの良いレースでした! 暫定、5:36:59。自分最速記録。この間のハーフ×2より速いよ。
ただ、このところ炭水化物をしっかり摂取していたため、体型が…(T_T)

以下覚え書き

神戸マラソン当日は天気よし。予想最高気温が19℃というので、前回の失敗を繰り返さないよう、持っていった長袖アンダーは着ないで、finetrackのノースリーブメッシュ+スポーツブラ+参加賞のTシャツ(暑さはしのげるとしても、上半身にコンプレッションを着ないことには少々不安はあった。でも熱中症よりまし)。ボトムスは、先日新調したCW-Xのロングに三ノ宮アーケードのスポーツショップで急遽買った軽くてポケットのたくさんある黒のカプリパンツ(補給食(EXPOで買った)やポケッタブルジャケットやティッシュやタブレットなどを入れたかった)。スマホやカメラは持たず。ながらスマホは危険なので、写真は撮らず、目に焼き付けるのみ。
腰にはボトルポーチに持参した「からだ燃える」を溶かしたペットボトル。給水所まで喉の乾きに耐えられなかったときの非常用(やはり持っていてよかった)と、明治のヴァームは好きだけれど万一口に合わなかった時用。
気温が上がったせいか、途中で具合悪い人もみかけた。
トイレはどこも混雑。特にスタート前。今回自分は2時間前に会場に入り、サービスのバナナ食べて水も飲んでサプリメントも摂って、荷物を預け、まだすいているうちにトイレをすまし、さっさとスタート地点に並んでしまいました。スタート前で寒いとまたトイレに行きたくなるので、ジャケット着用。トイレをどうするかは大問題で、特に私のように関門を制限時間ギリギリで駆けぬけるおそれのあるランナーは。前半でトイレ渋滞の時間ロスがあると、関門でひっかかってしまうと思い、少しでも先へ進んで、時間に余裕ができてからトイレへ行きたい(理想ですが)。幸い予定として考えていた22km地点までなんとか我慢できた。トイレ5~6基に並んでいた人が20~30人?係員の方が誘導していて流れがスムーズだったので、トイレロスタイム約7分ほどだった。
ロスタイムは短くてすんだけれど、1回走るのを休んでしまった脚が固くて痛くて動かない。
今回の目標は「歩かないでゴール」なので、ストレッチ兼ねながら走り続ける。
原先生の本にあったように「30kmまで抑えて、40kmまで我慢」を呪文のように唱え続ける。
津山のTシャツを着たランナーがいたので声をかける。
5km過ぎたらタブレットを摂ろう、15kmでエネルギーゲルを摂ろう、次は30kmでゼリーを摂ろう、と考えながら進む。ポケットの中身がだんだんなくなって軽くなっていく。
給食ポイントで出されるバナナや塩昆布やパン。山盛り置いてあるが、後から来るもっと疲れているだろうランナーたちのため、皆なくならないよう気遣っているのを感じる。たくさん取り過ぎる人は私の周りにはいなかった。
モザイクに入ったら応援の人の数が半端無く多くてびっくりした。元気が出る。
35kmあたりの高速に上る坂。上り坂好きの私でも脚がつりそうだった。
ここから先は、景色を楽しむ余裕もなく、早く楽になりたい一心でゴールに向かった。最後まで歩かなかった。ペースもずっとキロ7分台キープ。走り終わって爽やか、異常な痛みもない。
こんな上出来なレースは、もうないかも、なくらい、充実した一日でした。

|

« 行ってきます | トップページ | 7時台東京発のぞみ~新大阪から新快速で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行ってきます | トップページ | 7時台東京発のぞみ~新大阪から新快速で »