« 築地でサバサンドを | トップページ | ブラジル料理の缶詰発見 »

2014年5月10日 (土)

久々に過不足対策 こんなときこんな間違い例

このところ、よくお釣りを間違われる。
いちお、もらえるはずのお釣りの金額を暗算していて、受け取るときに確認してから財布にしまうようにしているのですが、急いでいる時とか、友人・家族と一緒だったりしておしゃべりしてたら、確認しないでしまっちゃってるかも。

最近の2例。

その1
410円のお買い物。100円玉3枚と、50円玉3枚、計450円渡した。450円お預かりします、と確かに言われた。
お釣りに渡されたのが、140円。
レシートを見たら、550円のお預かり金額が打たれていた。
「450円渡したので、40円のお釣りですよ」
と言って100円返すと、レシートを見ながら首をひねっていた。
sign03お釣りを手に取るときだけでなく、お預かり金額を打ち込んだときにも、もう一度、打ち込んだ金額と、手元に預かったお金を確認!
(このパターンだと、あとでジャーナルを見ても発見できないだろうなぁ)

その2
440円のお買い物。500円玉1枚と、10円玉4枚、計540円渡した。540円お預かりします、と確かに言われた。
「140円のお返しです」と言われた。
??
渡されたのが、40円。
???
「540円渡したので、100円のお釣りですよ」
と言って、40円を返して100円をもらった。レシートにはお預かり金額=540円、お釣り=100円、と正しく入力されていた。
sign03入力は正しくできているので、お釣りを手に取る時に最大限集中するべし。たぶん、全然違うところを見て(もしくは見ないで)お釣りを手にとってしまって、さらにお客さんに渡す前にも確認が足りないのが原因。

さて、「確認」っていう作業がどちらのパターンでもクセモノです。
人間の目は、見ているようで全然ちゃんと見ていないものです。

ディスプレイに表示されている金額を確認するときは、
「550円」
とひとかたまりに見るのではなく、目の動きは、
ディスプレイの「百の位=5」だけを見る→お預かりしているお金の百の位の分のお金を数えて、しっかり見る(できれば玉の色とか形とかではなく、数字をピンポイントで見る)
ディスプレイの「十の位=5」だけを見る→お預かりしているお金の十の位の分を、しっかり見る(同上)
ディスプレイの「一の位=0」だけを見る→お金をお預かりしていないけど、ちゃんと0が入力されているのをサボらず見る(ここで00とかって打って、5500円のお預かり、になるパターンもある)
お預かり金を入力して、確認もおろそかに速攻「計」を押しちゃってドロアーを開けちゃうクセはやめましょう。

お釣りを手に取るときも同じ。
ディスプレイには、いろんな数字が表示されているので、まずはピンポイントでお釣りの金額のところだけを見る。
仮にお釣りが「148円」だったら、
ディスプレイの「百の位=1」だけを見て→百円玉を1枚手に取る
ディスプレイの「十の位=4」だけを見て→十円玉を必ず1枚ずつ拾い、計4枚手に取る
ディスプレイの「一の位=8」だけを見て→五円玉を1枚と1円玉を3枚、これらも必ず1枚ずつ手に取る
もう一度ディスプレイでお釣り欄の「148円」をしっかり見る→手に取ったお金がちゃんと148円になっているか手の上で確認する(慣れないうちは、ここでもひとけたずつ確認するほうがいい)
ここで取り間違えてることや、上記のその2の例のように、ほかのいろんな数字の表記とごちゃまぜに見てしまっているのが原因の場合は発見するべし。

お客さんに、違うよ、って言われたときは実はチャンス。
自分の間違えるパターンは案外同じ場合が多い。
どこでどんな間違いをしたか、自分じゃわからないのを教えてもらえたのだから、次回からはそこを重点的に気をつけて見てください。

お釣り間違いじゃないんだけど、混んでいたお店にて。
前の人の会計したお金をドロアーにしまわないまま、お金出しっぱなし、ドロアー開けっ放しで、「お待たせしました」と次のお客さんの接客を始めちゃって、棚の商品とか取ってあげたり包んだり。いや、ひやひやします。待ちますから、ちゃんとしまってからにしてください。

消費税増税で8%になって、こまかい会計が増えたせいか、過不足のページヘのアクセス急増中につき、書いてみました。以前の記事は、こちら。
http://kusatennis.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-8114.html

以前、
「過不足 なぜ悪い」
というキーワードで検索されてこのページにたどり着いた人がいました。
なぜ悪いのか…というところから考えないといけないのか、とちょっとショックでした。

|

« 築地でサバサンドを | トップページ | ブラジル料理の缶詰発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 築地でサバサンドを | トップページ | ブラジル料理の缶詰発見 »