« とりあえず無事終了 | トップページ | 小石川~亀戸、梅見物の巻 »

2014年2月26日 (水)

ポート番号が原因じゃない0x800CCC0E メールエラーの解決方法

「メールエラー 0x800CCC0E」で、メールの送受信ができないことが、このところ時々あります。今回のは、前回のとは違うように思います。ポート番号やら設定やらをいじくらなくても直ります。

原因は定かにはわかりませんが、作業は以下のとおり。

  1. メールの送受信ができなかったら(もしくは、あまりにも時間がかかりすぎてタイムアウトになってしまう場合は)、いったん、画面上のメールソフト関係の窓を全部閉じる(普通に窓の右上の「×」をクリック)。
  2. ブラウザを立ち上げて、なんでもいいので、インターネット上のホームページを表示させる(インターネットとの接続を確立させる、わけです。もし、ホームページもまったく見られなかったら、インターネット接続自体ができていません)。
  3. ホームページがちゃんと見られることを確認したら、その状態で、再度、メールソフトを立ち上げて、メールの送受信をする。
  4. これを何回か(うまくいけば1回で)繰り返したり、あちこちのホームページを見て回って、時間がたったころメールを立ち上げてみると、いつもどおりにメールを送受信してくれるようになる。

参考までに、私の環境は、Windows7、メールソフトはWindows Live メール使用。
原因がわからない、と書きましたが、Windows Update(自動に設定している)が行われた後、電源を切り、その後、最初に電源を入れてメールソフトをブラウザよりも先に立ち上げたときにエラーが起きていると思います(パソコンの電源を切るときや、入れるときに、「更新しています、電源を切らないでください」云々というメッセージが出るので、アップデイトがあったことがわかります)。
ということは、原因はウインドウズアップデートにありそうですね。
あわてて、メールソフトの設定をいじる前に試してみてください。

|

« とりあえず無事終了 | トップページ | 小石川~亀戸、梅見物の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえず無事終了 | トップページ | 小石川~亀戸、梅見物の巻 »