« 冬のスイス旅行記その4 ユングフラウヨッホ!編 | トップページ | 冬のスイス旅行記・番外 ガイドブック&おみやげ編 »

2013年12月23日 (月)

冬のスイス旅行記その5 モントルー編

グリンデルワルトのホテルでゲストカードがもらえた。地域のバスと、スポーツセンターのプールなどが無料で利用できるという。1日を山岳一帯で過ごすか遠出をするか。迷った末に、モントルーへ往復することに。スイスパス使わないともったいないのと、冬は山岳のロープウェイやケーブルカーがお休みのところが多い。せっかくなら季節のいいときに。今回は今しか見られないクリスマスマーケットへ。

Dscn1792_2 Dscn1795
↑乗り換えながらいろんな列車を眺める。Interlaken Ost→Spiez→Visp→Montreuxと乗り換えて、Grindelwaldを朝8時台に出発してモントルーへ11時過ぎに到着。SBBのアプリの検索通り。旅行初日だったら、こんなに乗り換えるのは不安で間違えただろうけれど、この頃には列車に慣れてきていたので順調に乗り換えられた。スイスの時刻表は乗り継ぎがスムーズにできるようにつくってある。待ち時間がちょうどよすぎて、乗換駅の探索をしている暇がないほど。アナウンスも乗務員さんもフランス語が主になった。
Dscn1816

Dscn1819Dscn1822
↑モントルー着。駅を出て、道路を渡り、皆が正面の階段を降りていくので流れについていくと、バス通りに出た。クリスマスマーケット開催中。バス通りを渡ってすぐ右側に、バス停。201番のバス(10分おき)でシヨン城(Castle Chillon)へ。モントルー駅に到着してから約20分後にはもうシヨン城に着いていた。
トラムもそうだったが、バスも、勝手に乗って、降りたい停留所が近づいたらボタンを押して、勝手に降りる。切符をいちいち見せる必要がない。運転席は別部屋のように結構しっかり隔離されている。
Dscn1833 シヨン城もクリスマス仕様。石造りで寒い。
Dscn1848Dscn1854
Dscn1855Dscn1856
↑シヨン城見学ややはしょっても約1時間半。スイスパスで無料。日本語のパンフレットをもらえた。バスで駅まで戻らず、途中のマルシェ前で降りる。ここでもクリスマスマーケット開催中。モントルーのクリスマスマーケットは、ドイツ語圏とは違う雰囲気がある。食べ物の屋台が充実していた。買い物も種類豊富。ベイクドチーズケーキ(5CHF)らしきものを食べる。大きくて甘さも抑えめ。
Dscn1858Dscn1859
スイスの人は街中ではほとんどが黒のダウンジャケットを着ていた。柄物なんて皆無。色物のジャケットを着ているのは私のような外国人観光客だけなんじゃないだろうか。サンタまで赤くないヤツ発見。そして、フェデラーと寿司のツーショットも発見。寿司はスーパーでも売ってましたがすごく高かった!

夜までに、今度はLausanne→Bern→Interlaken Ost経由でグリンデルワルトへ帰る。途中、月が湖に写ってきれいだったなぁ。この夜は宿泊ホテルのレストランが貸し切りで夕飯付きでないため、ホテル近くのレストランへ(ホテルの方が予約をしてくれた)。ホントはクロイツで食べたかったけれど月曜日で定休だった。残念。

夜空の星を見上げながら帰る。東京とは星座が違った(当たり前)。

翌日はルツェルンへ移動です。つづく。

|

« 冬のスイス旅行記その4 ユングフラウヨッホ!編 | トップページ | 冬のスイス旅行記・番外 ガイドブック&おみやげ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のスイス旅行記その4 ユングフラウヨッホ!編 | トップページ | 冬のスイス旅行記・番外 ガイドブック&おみやげ編 »