« アボカドの根その後 | トップページ | ドイツブーム到来 »

2013年9月 3日 (火)

夏野菜でおうちカフェはつづく


トマトとサーモンの冷製カッペリーニベビーリーフのせ、と、水切りヨーグルトとニラのブルスケッタ。

豚肉のプルーンソース焼きナス添え。ナスが食べられるようになりました。

ちょっとした山の小道と畑の間を自転車で抜けていく、川崎農協直売所セレサモスへの近道を見つけたので、このところ週に1度は自転車で出かけて、地元野菜を買い込んできます。
開店間際の午前中のうちにいかないと、人気の地元野菜は売り切れてしまいます。形は不揃いでも、安いし新鮮。すぐ近くにある明治大学の農場でとれたお野菜も並んでいることがあります。
私のおすすめは卵。あとは、もうスーパーにすっかりなくなった今頃になっても、まだ時折並んでいる赤しそ。
レジ6台ほど×各2人制でも、レジ待ちの行列が店の中を一周りして店の外まではみでてしまっていることも。ただし夕方おそくには品薄になり、地元産の野菜はほとんどなくなり、他の農協からの野菜が少々あるのみ。

山道のサイクリングも木陰で涼しくて楽しい。
ハイキングの人たちや、ジョギング(トレイルラン)の人にすれ違う。
「軽車両のみ通行可」って書かれている道なのに、なぜか時折対面から来る原付やバイク。軽自動車まで来たときはビックリした! 原付も軽自動車も、軽車両ではありません(-゛-メ)


|

« アボカドの根その後 | トップページ | ドイツブーム到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アボカドの根その後 | トップページ | ドイツブーム到来 »