« 昌徳宮と後苑散策 | トップページ | からだ燃えるで赤しそジュースを »

2012年6月15日 (金)

今年もジップロックで梅を

今年も
↑昨年はセレサモスで買ったっけ。今年は今お気に入りの福島屋で、奮発して小梅と南高梅を1kgずつ購入。
今年も
↑まずは南高梅から。少しだけ(3時間ばかり)水に浸けた後、ヘタをとってキッチンペーパーの上で乾かす。右のなべの中は、水に浸けた小梅。
今年も
↑覚書。1kgの梅に、170gの静岡のあらしお。35ccの焼酎で梅を洗い、塩をまぶして、ジップロック大の袋に入れる。梅を全部入れたら、残っている焼酎と塩もジップロックの中へ。ファスナー部分に塩がはさまるとぴっちりしまらなくなるので、投入時は写真のように口の部分を折り返しておくと安心。
今年も
↑空気をおおまかに抜いてジップをしめて平らにしたところ。ストローで中の空気を限りなく吸い出して密封しようかとやってみましたが、焼酎の香りでクラクラしたのでやめました。念のため、ジップロックを二重にしてトレイに載せ、冷蔵庫に保管しています。

昨年は、塩を16%で漬けたのですが、梅酢の上がり具合とか、つかり具合に若干の不安があったので(食べちゃいましたけどね、元気ですよ)、今年は微妙に増やして17%にしてみました。
重しは載せなくても大丈夫です。ときどき、冷蔵庫を開けたついでに、袋の上下をひっくり返したりします。もし、梅酢の上がり具合が悪くて重しを載せたい場合は、冷蔵庫の中のタッパーに入った食品とか、味噌とか、ペットボトル飲料とかをのせてやったりします。

次は小梅にとりかからねば。
って、実はこの時期、仕事が忙しいのに。しそジュースも作りたいよ~。

|

« 昌徳宮と後苑散策 | トップページ | からだ燃えるで赤しそジュースを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昌徳宮と後苑散策 | トップページ | からだ燃えるで赤しそジュースを »