« 検索フレーズへのお返事 | トップページ | ソウル~スウォンの一人ご飯 »

2012年6月11日 (月)

無事帰りました~ソウル~スウォンの旅

無事帰りました
↑乗ろうと思っていたヌリロ号は立ち席(Stand Up)と言われたので、10分ほど後に出発するセマウル号のチケットを買う。先頭に来てみたら、なぜかムグンファ号の顔?
無事帰りました

↑指差し会話帳の「韓国×鉄道」編の「乗車購入表」のコピーと、KORAIL(www.korail.com)で、Google翻訳を駆使しながらソウル-水原間の時刻表を検索したページの印刷物を利用して、無事チケットゲット! 時刻表のプリントアウトを見せながら、ボールペンで丸つけながら、この列車は? 次の列車は? ここまで乗りたい、と伝えられてとても重宝でした。窓口の方は日本語も堪能でした。そのうち書きますが、空港のコンビニでティモニカードを買ったときの大変さに比べたら、こっちのほうがあっけないくらい簡単でした。
無事帰りました
↑改札が無いので、ホーム番号の表示に従って進むと、自由にホームへ到着してしまう。これなら、写真だけ撮りに、もしくは電車を見に、駅のホームに来るのもいい。売店もあって、おみやげとか売っているし。これが乗る電車。車両はセマウルの色(だと思う)。

セマウル号に乗って、ソウルから日帰りで水原へ旅を楽しんできました。
世界遺産の城壁の街は、現代の生活が普通に営まれていて、想像していたのと違って、それもまたよかった。明洞みたいな賑わいの出店と商店街。
イベント広場があり、市場があり、玉出みたいなスーパーがあり、コンビニもダイソーもMISSHAもあり。
カルビは食べなかったけど、街の食堂でオモニのつくったにゅうめんを食べ、店の人の優しさにふれ、暑い中歩き疲れてバテバテだった体が回復したのでした。

もちろんお約束のトラブルや失敗も山盛り。地下鉄は乗り過ごすは、お釣りはもらいそこねるは、食べたいものと違うものを注文しちゃうは。
でもとても楽しかった。だからこそ旅はやめられない!

|

« 検索フレーズへのお返事 | トップページ | ソウル~スウォンの一人ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 検索フレーズへのお返事 | トップページ | ソウル~スウォンの一人ご飯 »