« 日本のエネルギーについて考えた | トップページ | とりあえず新大久保へ »

2012年4月28日 (土)

小江戸川越探索

かねてから気になっていた川越に行くことに。旅関連本の仕事をしたせいで、旅立ち病が発症してしまい、旅に出たくておさまらない気持ちを静めるための旅です。

小江戸川越
↑小田急線の「小江戸川越フリークーポン」を使い、西武新宿からレッドアロー号(特急小江戸)で出発。小田急の新宿駅と西武新宿駅は外を歩いて大ガードをくぐっていかないといけないのでやや面倒。特急券別途410円。指定席で快適。天気の悪い平日のせいか、1車両に3人しか乗客がいなかった。

氷川神社では、「赤縁筆」という御縁のある赤鉛筆があり、仕事柄見逃せないので受けてきました。
http://hikawa1122.cocolog-nifty.com/enmusubidama/2012/01/post-1586.html
お願いすると、巫女さんが、赤鉛筆にご祈願をしてくれて授けてくださいました。絵柄がとてもほのぼの。

小江戸川越
↑「百丈」で定食を。十割そば、美味。外見から見るととても古い建物を、中を改装して今でもこうして営業につかっている店が、川越ではとても多い。それがこの街の特徴だと思う。
小江戸川越
↑なんと正岡子規の歌碑が、普通の民家の軒先になんの看板もなくひっそりとありました。子規はこんなところまで来たんですね。旅に出て、うまいものを食した彼に親しみを感じます。
小江戸川越
↑「あぶり珈琲」で一休み。お店の雰囲気も、お店の方の対応も、チーズケーキ(ほんのつけあわせと思ったら大違いで、これだけでもかなり美味しい)も、もちろん珈琲もよかったです。旅に出た時のお約束で、豆を自分用に購入。
小江戸川越
↑やっと見えた! 川越のシンボル、時の鐘。この先の蔵の並ぶ通りが見事です。

川越を知ったのは、羽田空港で、日本に訪れた外国人用のパネルに、東京(関東)を代表する街のいくつか、浅草とか、お台場とか、秋葉原とか、にまじって、堂々と「小江戸・川越」と紹介されていたからです。東京に長く住んでいて知らなかった存在です。
川越のまちなかを走る「小江戸巡回バス」
http://www.new-wing.co.jp/bus/route-temporary/index.html
は、平日でもそこそこの込み具合だったので、休日はぎゅう詰めになるやもしれません。運転手さんが観光案内をしながら走ってくれるのですが、どの運転手さんのどのバスがくるかは、運というか縁ですね。相性があるような気がします。

帰りの小江戸号も空席多し。途中の駅から、通勤帰りらしい人たちが大勢乗車。
子規に負けずといろいろ食べ、おみやげに豆菓子やら芋菓子を買い込み、駅前のホワイト餃子も持ち帰り、今日も…食べ過ぎました。

|

« 日本のエネルギーについて考えた | トップページ | とりあえず新大久保へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本のエネルギーについて考えた | トップページ | とりあえず新大久保へ »