« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月27日 (月)

行ってきました~林本源園庭(林家花園)@台北

今回も駆け足でしたが、とても楽しい雨の旅でした。
まず、大型スーパーマーケットへ。日本で言ったらコストコとかカインズホームみたいなカート押して大量買いするみたいな大型スーパー「大潤發」。
Dscn0162_800x600
ケンタッキーも入ったショッピングコートといった感じ。カート専用エスカレーターがあって、荷物を載せたまま違う階の駐車場に行けちゃう。大量のカートをエスカレーターで運んで、カート置き場に戻している店員さんがいた。

そして今回のメインの、林家花園。府中駅から歩いて10分ほどで着きました。
南京東路のホテルを出たのが朝9時。地下鉄、府中駅へ向かう。台北の地下鉄は本当に便利で、駆け込み乗車なんてしなくてもちょっと待てば次の電車がすぐ来る。みんなきちんと並んで乗車していて、割り込みする人なんていない。乗り換えもわかりやすいし、出口の案内もわかりやすい。交通費も安い。
Dscn0196_800x600
↑この中は仙人の居るところだそうです。
Dscn0206_800x600
↑「汲古書屋」
入り口に、日本語の少しわかる方がいたので、日本語のガイド(案内)はありますか? と聞いてみたら、今はありません、と言われ、ちょっとがっかり。日本語のパンフレットを片手に、中国語のガイドでもいいので邸宅に入りたい、と言ったところ、ちょうど入り口からすぐの邸宅前に集合していた朝10時の回の方たち(20人くらいの中国語を話す人達、家族連れやグループ、ご夫婦など)に合流するように、と、10時と書かれた紙を渡されました。
中国語をほんの少し勉強したけれど、ガイドさんが何を言っているか全くわからない。気配というか、雰囲気で想像する。数(2つとか)が話の中に出てくると、ちょっとわかる。壁の模様が2つずつあるでしょ、とかって言っていたように思う。
邸宅内の見学が終わったあと、庭は自由に見ていいということで、ゆっくり庭のほうへ歩いて行くと、なんと!日本人のガイドさんが私を待っていてくれたのでした。受付で、日本人の見学の人(私)がいたと聞いて、待っていてくれたとのこと。本当に嬉しかったです。
あちこちの見所をゆっくり説明を受けながら、庭と建物と、そして書を一緒に見て回りました。本当にありがとうございました。やっぱり説明を受けないとわからないことがたくさんありました。
Dscn0177_600x800Dscn0176_600x800

庭園をぐるっと案内していただいて、興味深い話もたくさん聞いたところで、ガイドさんとお別れしたあとにもまた一人でぶらぶらと観て歩き、写真を撮り、晴れていて暖かければもっとのんびりしたのに、とちょっと寒い庭園をあとにしました。庭内には、雨なのに、週末のせいかそれとも地元の人には人気のあるところなのか、何人もの家族やデートの人たちがいました。

長くなったので、つづきはまた。
ガイドさんに教えていただいた(今まで行ったことのなかった、でも、行ってみたかった)茶藝館へ行ったりした話も。ここでも、言葉がわからないのに、とても親切にしてもらい、そのあたたかな接客に触れてすごく幸せでした。非常感謝。

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

来月からは忙しくなりそう…というわけで

あたたかい国へ行ってきます。
いま、羽田。混んでいます。
台北は、雨らしいです。

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

すごいスーパーに行ってしまった

友人の口コミで、気になっていたスーパーマーケットに行ってみたところ…

すごい、もう、これは、大ファンになってしまいました。
福島屋
http://www.fukushimaya.net/

ちょっと遠いので、しょっちゅうは行かれないけれど、近くを通ったときには、きっと必ず寄ってしまうと思う。

何が良かったか。
まず、店がきれい。商品の並べ方もきれい。店として何を勧めたいのか、何を買って欲しいのかがよくわかる、きれいなわかりやすいポスターやチラシ・POP。一つ一つの商品が、自分をアピールしている。今日、ここで、出会ってしまったんだから、買っておかないと後悔しそうな気分になる。実際、そう思わせる品物が売られている。
お店の人も、常に声かけや案内をしている。すごく感じがいい。今日の、今のおすすめが何なのかをきちんと伝えてくれる。

まずは友人のおすすめの牛肉。お得な値段の切り落としでも充分美味しい、と聞いていたので目移りするのをこらえて切り落としを購入。焼肉用も、ステーキ用も、手の出る値段で、しかも美味しそう。
魚もとても気になる。卵も、いわゆるスーパーの卵じゃない。パンも店内で焼きたて。スイーツも種類豊富。大手メーカーの菓子パンなんてほんの数個棚にあるだけ。見たことのない醤油。めったに見ないメーカーのマーガリン。どこを見ても唸ってしまった。

天気下り坂。荷物はあまり持てない。でも、我慢できずに、スイーツもパンも刺身(本マグロ!)も、惣菜もおせんべいも野菜類もめったに見ないジュースも、買ってしまった。
財布には1万円しかなくて、ちょっと値の張るものも買ってしまったので、お金が足りるかどうか心配したが、トータルで7千円ちょっと。でも、満足。どこでも買えるものが並んでいない。今ここでしか買えないものが売られている。もちろん安売りスーパーよりちょっとお高い。でも、高すぎる値段じゃない。おいしいなら、充分出せる値段。ここでしか買えないなら、絶対また来ると思う。近所に住んでいたら、毎日来ると思う。理想を追求している店だと思うけれど、採算はとれているのかちょっと気になる。

で、帰ってきて、食べました。
肉、刺身、やさい、値段以上のおいしさ。新鮮なうちに、と思い、とにかく夢中で食べてしまったので、写真を撮り忘れました(いつものこと?)。大満足。
また、必ず、行きます。買いたかったのに、(家にまだ在庫がある&持ち切れない&食べ切れないだろうと思い)断念したものがたくさんあるので。

以下は、夕べ作った紅茶煮豚の覚書。
豚肉かたまり 300g
なべでたっぷりの湯をわかし、紅茶とネギの青いところと肉入れて、30分煮る。途中でティーバッグのみ出す。
醤油20cc、酒・みりん・酢(ブルーベリー酢)各10cc、にんにくとしょうがすりおろし少々。あたためたたれに、温かい肉をつけて一晩。
ひげをとってさっと茹でたもやしと、ベビーリーフの上にスライスしてのせ、たれを回しかける。

今日も、食べ過ぎました。
忙しかったり、雪だったりすると走れないので、増量傾向。

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

香港旅行覚え書き

忘れないうちに、香港旅行のことを少し。

●そもそも香港に行こうと思ったのは、2階建てトラムに乗りたかったこと。
Dscn0136
乗りました! ところが、すいていて2階前方の座席に座れそうなトラムにのったところ、ハッピーバレー競馬場行きだったため、メインの路線から大きくはずれた辺鄙な場所で降ろされてしまい、あせりました。ハッピーバレー始発でもとのメインの路線にもどるトラムに再び乗り込み、またわからないところに連れていかれてしまう前に、と、人の乗り降りの多い停留所(地下鉄の駅が近い)で降りました。地下鉄のほうがわかりやすくて、早い。

Dscn0129
ビクトリア・パークで開催されていた年末のフラワーマーケット。花だけでなく、食べ物やさん、雑貨屋さん、お祭りの屋台、テレビショッピングで出てきそうな、なんでもよく切れる包丁の実演販売とか、このグッズを買えばおうちの中がすっきり片付くよ!みたいな整理用品とか。そして、通路は人でぎっしり。身動きとれないほど。香港では、正月やめでたい時に菊の花も飾るようでした。

●友人に勧められて行った鯉魚門(レイユームン)の夕食がたいへん面白くておいしかったです。
 http://www.alan1.net/jp/asia/hongkong/sg/2091/ag/11048/
当日一緒になったのは、女性のグループばかりで、気兼ねなくエビやらシャコにかぶりつきました。料理は大皿で来ますが、お店の人がちゃんとそれぞれに分けて配ってくれるので、知らない人と相席でも問題なしです。
Dscn0047
ただ、次の予定がつまっているせいか、長居をされては困るのか、コースの料理が、いま出された料理が食べ終わらないうちに、どんどんお構いなしに次の料理が運ばれてきてしまうので、ゆっくり味わったり、「どちらからいらしたんですか?」なんて隣り合わせた方と話す余裕などなく、がんがん食べ続けないといけませんでした。ゆっくり味わったらもっと美味しかったと思うけど、一人では絶対食べられなほど、いろんな種類の料理を食べられて満足。
さらに、オープントップバスの2階に乗っての香港の夜景ドライブが、期待以上の面白さでした。

●今回は超駆け足で、さらに半日ツアーでマカオにも行き、3日目の午前1時台発の飛行機で帰ってくる、という、1泊3日の旅行だったのですが、香港は夜遅くまで店があいており、街に若い人も多い。真夜中の空港も、フードコートで何かしら食べられる(さすがにとんかつ・さぼてんのカウンターは終了していました)。ほんとは食べそこねたワンタンメンが食べたかったので、中華系ファストフードのカウンターに並んだのですが、クレジットカードが使えず食べられませんでした(すでにチェックイン前に余ったお金を日本円に両替してしまっていたので、香港ドルは持っていなかった)。カードの使える、マックで珈琲を飲みました。
夜中のフライトでも、いちおう機内食(ブレックファスト)が出ました。でも、真夜中の3時。いらない、と言って(もしくは爆睡していて)、食事をとらず寝たままの人もたくさんいました。私は気配で起きちゃったので、デザートのハーゲンダッツアイスまでしっかり食べてから、再び寝ました。

●香港のユニクロ「ボッシーニ」も夜遅い時間までやっていて(香港やマカオにまで、街のあちこちに店舗があったけど、なんでどこの店もすぐ隣とかに「ジョルダーノ」があるんだろう。日本で、ユニクロの隣に無印、吉野家の隣にすき家、な感じ?)、さらに旧正月前の大バーゲンセール中で、ジーンズと長袖Tシャツの2着で、約1800円。いや~、これはすごく嬉しかった。ジーンズ買おうと思っていたので。でも、外国で試着室に入ったら危険!って言われていたのに、すっかり忘れていました。いかん。無事に帰れてよかった。
あちこちうろうろしていたら、なんだよ日本人だよ、みたいな顔をされる店と、日本人? まあ、うちの店にわざわざ食べに来てくれたの? ありがとうね、みたいな対応の店と。

●どうせならペニンシュラホテルのショップでうんと高価なチョコなどをお土産に買おうかと思っていたのですが、トラムで迷子になってしまったお陰で、夜7時の閉店時間までに辿りつけず、買えませんでした。ぜひ次回。

●唯一、予定通り、辿りつけて食べたところ。お店の方も親切でした。
Dscn0137
「九記牛腩」
日本語のメニューもあります。並んでますが、並んでいると、席があいたら、何人?と聞かれる(多分)ので人数を指で表しながら言えば、椅子に案内してくれます。街の小さな食堂みたいなところ。安くて早くておいしい。長居はダメ。
 http://www.openrice.com/restaurant/sr2.htm?shopid=1618

行けなかったところもたくさんあるので、また行きたいです。
二連休だけでも、香港・マカオに行けるんだ…と実感した週末でした。
(向こうは最高気温20度。東京は8度。帰ってきたら寒くて、そしてさすがに疲れが出て、翌日はぐったりでしたが)

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

過不足&打ちミス撲滅への道…?

さて、当ブログの一番人気(検索をたどって来てくれるページ)は、パソコンのエラー解決のページなのですが、次いで、地味ながら人気なのが、レジの過不足対策のページです。
久しぶりに読みなおしてみたら、本気で悩んでどうしたら過不足がなくなるだろう、と日々真面目に考えていたころの自分を思い出しました。
「過不足対策」
http://kusatennis.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_6485.html
「過不足対策つづき」
http://kusatennis.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_77d0.html

あ~、それにひきかえ、今はなんかミスしても開き直っちゃってて、あんまり反省していないかも。
いかん。反省。
パート先では、レジスターが自動釣銭機になってしまったので、手でお札や硬貨を数えなくなってしまった(入金も出金も機械がやってくれる)ため、ほとんど過不足は出なくなったのです。
ほとんど、というところが実はやばくて、実は若干は起きてしまう。どんな時に過不足が出るか?
http://kusatennis.cocolog-nifty.com/blog/cat1161783/index.html
↑ここの10月7日の日記に自動釣銭機の過不足例があるので、それ以外に起きたものを少し。

金券類(ビール券・株主優待券)関係。金券の金額・枚数を間違えてしまう、もしくは、券によっては有効期限があるんですが、これを見落として受け取ってしまう。自分の店で利用できない種類の券をもらってしまう。お客さんは、「大丈夫よ、使えるわよ、この間も使ったわよ」とゴリ押ししてきます。ダメです。必ず確認しましよう。
さらに金券は、新札並みにくっつきやすく枚数を数え間違えやすいです。何度もはがして1枚ずつ確認! 何枚ももらったときは、束のあいだに違う種類(金額)の券が紛れ込んでいないかも気をつけて。

いつもの手順どおりでできなかったとき、途中で話しかけられちゃったりしたとき、何かに気を取られているとき、ミスが起こりやすいです。何かがいつもと違ったときは、ちょっと一呼吸。スピードを落とす。話しかけられたときは、手を休めるか、一仕事終わるまでは返事をしない。

責任転嫁をするわけではないですが、お金を間違えられないためには、お客さんにもテクニックが必要です。
お願いだから、途中で話しかけないでください。特に数を数えている時とか、お金を数えている時。
それと、急いでいるときは、端数の小銭をあれこれ探して出すよりも、お札だけ、とか出すほうが早いです、自動釣銭機なら。それも、きれいな折り目のないお札、硬貨を出すならきれいな硬貨(汚れていたりベタベタしていたりするのは機械に入れられないので、時間がかかります)。端数の1円だけ出す、とかの場合、小さすぎて(軽すぎて)小銭センサーが利かなかったり、1円玉は軽いので手元から飛んでしまったり落としてしまったりして探すのに時間とられたりするケースがとてもあります。

打ちミスに関して。
・値引きシールがはがれている、ずれてしまって値引き前の値段のバーコードが通ってしまう。
→商品に表示されている値引き金額と、スキャン後にディスプレイに表示された金額が同じかどうか必ず見比べる。
・同じ商品が複数個あるように見えて実は中に1つだけ違う値段の(もしくはそっくりのデザインの違う)商品が紛れ込んでいる。
→掛け算(×)ボタンで打つときは、商品をよ~く見て、本当に同じものか、値下げ品が混じっていないか、違うものではないか、ひとつひとつ登録済みのカゴに移しながら確認する。全部移し終わってから、最後の1こをスキャンして掛け算する。先に掛け算して登録してしまうと、よく見ないでカゴに移してしまうので。
・レジを打っている自分からは見えないところに値引きシールが貼ってある。バーコードが1つの商品に2ヶ所あって、1ヶ所にはちゃんと値引後の値段のバーコードシールが貼ってあるが、もう片方のバーコードはもとのまま、運悪くもとのままのほうのバーコードで登録してしまう。
→商品をぐるりとひと回り見渡してから登録するようにする。
・スキャナーの感度が良過ぎて、1スキャンで複数回ピピピと機械が読み取ってしまいだぶって多く登録してしまう。登録間違いに気がついて、値段や個数を訂正したのに、訂正もれをしてしまう。
→ディスプレイでしっかり確認する、しかない。ざっと見て数えられる点数なら、ディスプレイの登録点数と、カゴの中の商品の点数が同じかどうか数える。

しかし、こんなことは基本で、自分も常に全部きちんと確実にしていれば、間違えないはずなんです。じゃ、なぜ間違えたか? 一番は急いでいたからです。とても混んでいた。お客さんが急いでいる様子だった。とても待たせてしまったので、早く会計してあげようとスピードを出した。
ひとつひとつを確実に確認していたら、やはりスピードが落ちる。お客さんのいらいらが伝わってくる。間違えずにいられるぎりぎりのスピードが、自分でまだ会得できていないんだと思う。
そして、自分の考え及ばない買い物の仕方や商品の入れ方やカゴの持ってき方をする方がいらっしゃるからです。

ここでも、間違えられないための、お客さんのテクニックはあります。
まずは、登録(商品をスキャン)すると、お客さん側のディスプレイにも値段や数が表示されますよね? これを必ず見てください。あれ? と思ったら、すぐストップをかけてください。あとでレシートを見てから確認しよう、なんて思わないで、会計する前にレジ係に確認してください。同じ商品は、同じ向きに数がわかりやすい状態でカゴに入れてきてくれるとすごく助かります。逆に、違う商品は、まるで同じ商品のごとく並べないでくれると助かります。
恥ずかしいのかもしれませんが(ちっとも恥ずかしくないですし、逆に間違いのもとになるので)、値下げの値札を隠すようにカゴに入れずに、レジ係によく見えるように入れてください。
会計前のカゴに、私物は入れないで持ってきてください。会計直前に私物をカゴから引きぬいた拍子に、商品に貼ってあった値札がはがれたりします。はがれて、他の商品や私物にくっついたりします。自分の服についたりもするので、商品を抱えて持ち歩かずに、たとえ少量の買い物でも、店内カゴをどうぞ使ってください。
会計済みの商品と、会計前の商品を、一緒のカゴに入れて持ってこないでください。

客の立場として、間違えられるのはすごくイヤです。自分もそうです。
それ以上に、間違えてしまうのも、レジ係としてはとてもとてもイヤです。間違えようと思って間違えるレジ係は一人もいません。
セルフレジがもっと普及するといいと思ったりします。

レジ係は想定外の出来事に日々、立ち向かっています。だから、一回起こしたミスは、自分の財産・経験にして、次からは同じミスを起こさないように、がんばるしかない!

いつか、急いでいるときには「こんな人(客)の列のうしろに並んじゃダメ!」指南みたいな、記事を書きたいなぁ。ネタはあるんですぜ、旦那。

| | コメント (0)

自家製葱油餅&2012年(2011年分)e-tax確定申告終了!

雨なので
テニスの予定がなくなり、のんびり。台湾の思い出の味、葱油餅(ゾンユウピン)をつくってみました。
写真はあんまり美味しそうじゃないけど、パリパリサクサクでおいしかったっす。
食べるラー油をネギと一緒に巻いたので、ソースがなくても味がしっかりついていてこのままいけちゃいます。
4枚作ったので、残りは伸ばして冷凍庫へ。

覚えがき
粉(天ぷら粉があったので、それで) カップ1
お湯 カップ半分
塩 少々
葱 1本
食べるラー油 たっぷり

練って、寝かせて、伸ばして、焼く。

確定申告もe-Taxで完了。
最初の頃のシステムに比べると、抜群にわかりやすく、設定しやすく、入力しやすくなっていると思う。
パソコンを入れ替えたので、初期設定に手間がかかるかも、と思っていたが、一気に設定してくれるボタンができていたし。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/jyunbi.htm

カードリーダーもメーカーのHPを見たら、Windows7なら、USBコードを差すだけで自動でデバイスがインストールされると書いてあって、その通りだったし。
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/ic-card/products/dev_rw.html

今年間違えたのは、途中のデータ保存。説明をよく読まず保存したつもりでいたら(保存ボタンを押すだけでいいのかと思っていたら)、プルダウンメニューからも保存作業が必要なのに気づかないまま進んでしまった!

エラーコードについてはこんなところで調べてみては?
https://www.keisan.nta.go.jp/survey/cgi-bin/h23/search.cgi?query=%83G%83%89%81%5B%83R%81%5B%83h&max=20&whence=0

追記
申請して、10日ほどで還付金が処理されました!
エラーコード出たら、番号を正確に書き取って、ネットで検索してみてください。

ともあれ、座って食べてばかり。走らないと。

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

真夜中のごちそう

真夜中のごちそう
赤むつをヤオコーで見つけて、買ってしまった!
まず半身で煮付を。
夜中なので、メインのあたまはあしたのお楽しみに、タッパーへ。
菜の花とあわせました。

覚えがき
昆布だし(水に昆布入れて)200cc
酒100cc
みりん50cc しょうゆ50cc
砂糖15g
煮汁沸とうして、魚入れて8分、落とし蓋、火をとめて少しおく。
やや甘い。身はとろけるほどに旨い。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »