« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月22日 (木)

横浜中華街

横浜中華街
横浜中華街
先日、久しぶりに娘と御飯食べました。
水餃子のおいしいお店・山東に連れていってもらい、台湾ビールがあったので、飲みました。
いよいよ年末。スーパーも本格的に忙しくなります。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

カプセルハウスのモデルが展示されています


↑中には入れませんが、窓から覗けます。小さなビジネスホテルの一室、という感じ。

↑六本木アークヒルズ、森ビルのふもとというか、ヒルズへの入り口というか、地下鉄の出口のある六本木通りの交差点ちかくの歩道に、カプセルは置かれていました。
展覧会に行かなくても、このカプセルだけ見られます。道端にあるので。

ついこの間、この中銀カプセルタワービルのすぐ近くまで行ったのになぁ。実物をちゃんと見てくればよかった。
けっこういろいろ行っていて、出雲大社も、高速道路のパーキングも、もちろんこどもの国や都庁や代々木体育館も、なじみの場所なのに、いざ改めてメタボリズムと言われると、もっとしっかりじっくり見てくればよかったのに、と思う。
北京国際空港も、近未来的だった。建築家の仕事って、家の図面を書くだけかと思っていたけれど、もっと広いものなのだと今回の展覧会で勉強した。

年末商戦と、また次の校正と、合間に予定が入っている忘年会と。またまたしばし忙しくなりそうです。

パソコンはやっとリカバリーディスクをつくり、インターネット関連の設定もでき、Windows7デビュー! メモリ4GBで画面の動作は速いが(何しろ起動がめちゃ早い)、光の速度が期待ほどでていない気が。
GatewayはすでにやはりかつてのGatewayではなく、Aiserの一ブランドに成り下がり、これを選択してよかったのかどうかわからない。NV57H-A54D/Kはテンキーがキーボードについているので、必然的にアルファベットのキーが左側にちょっと寄っている(しかもちょっと小さくなっているような)ため、キーをすぐ押し間違えてしまう。すぐ慣れるか?
ま、台湾好きだから、いっか。

| | コメント (0)

森美術館「メタボリズムの未来都市展」


↑森ビル53階、東京シティビューから見える景観は、まさにかつての「近未来」そのものが現実になっている。

↑予習ばっちりで出かけたので、展覧会の内容もしっかり把握でき、興味深く鑑賞しました。ビデオなどもくまなく見て、たっぷり、3時間。これだからおしきせのツアー観光だと、鑑賞時間が足りなくて見足りない気分になっちゃうんだなぁ。

一番見たかったのは、大阪万博コーナーで、当時の記録ムービーや模型、万博タワーのパーツなどがありました。
またまた猛烈に大阪に行きたくなりました。万博公園に行きたい。ついでに(?)先日テレビで紹介していた北新地の黒川紀章設計の和食屋さんにも行きたい。

3時近くになってしまったので、あわててランチが食べられる店を探して入る。
森ビル5階の「老虎東一居」。中華。メニュー見て、棒餃子定食を、と言うと、それはもう売り切れました、と言う。で、野菜の水餃子入り辛スープ定食にする。
聞いていると、周りに次々入ってくるお客さんも、みな、「棒餃子」→「終わりました」の会話をしている。メニューを見せるときに一言、これは今日はもう終わりました、と言えばいいのに…というのは日本のサービスの発想か? 中国の方だけでなく、日本人の方も働いているように思ったけれど。
辛い水餃子鍋を一口味わった時、ようやく忘れかけていた、あの、無事日本に帰れるか不安な気持ちでいっぱいの中、エアチャイナのチャーターバスで連れていかれた、北京のホテルのビュッフェで食べた夕飯(まさしく北京料理!)を思い出した。決しておいしいとは思えなかったけど、トランスファー(乗り継ぎ)だから現地の通貨を1元ももっておらず、近くのコンビニもスーパーもクレジットカードなど使えない状況だったので、これを食べるしかなかったし、余計なお金も使いたくなかった(いつ帰れるかその時点ではわからなかったから)。
同じ飛行機に乗り合わせた日本人同士、声を掛け合ったり情報を知らせ合ったりして、助けてくれた人がいて本当に心強かった。なにしろ、中国語の説明すら、中国語で聞きに行った人にしかしてくれなかったのだらか。「どうして日本語で説明しなくちゃいけないの?」というスタンスでした、中国のカスタマーサービスは。
欧米人の乗客の方たちも不安そうで、明日のバスは何時に来るか知っていますか?と、日本人に聞きにきていた。私達と同じで、やはり欧米人同士かたまって話したり、食事したりしていた。不安だったのは同じだったのですね。
彼らは、あのビュッフェの食事を見て、mysterious...と言っていましたっけ。

というようなことを思い出しながらランチをとり、美術館の半券でデザートに杏仁豆腐をもらい、思い出が蘇ってきたということはこれは本場の北京の味だ、ということで満腹にもなり、とりあえず満足。

どこかで六本木土産にケーキでも買って帰ろうかとおもいきや、とても小さくてとてもお高いので買わず、次の目的地へ。

つづく

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

忙しくて

忙しくて
PCのリカバリーディスクもまだ作れていない。
ハーフマラソン後、右足首が痛いのでテニスお休み中。
そして大量の、はちゃめちゃなゲラ...
今期はドラマも見ちゃったりして、時間が足りないです。
(三田とディナーと専業主婦探偵)

またプチ旅したい〜

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »