« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月23日 (金)

シドニー旅行報告その1

シドニー旅行
シドニー旅行

牡蠣の写真だけじゃあまりにも…なので、街の写真を。

空港に着いて、ホテルのある街までエアトレインで行くつもりだったのですが、エアポートライン(空港から街の中心部までつながっている路線)が見事にトラックワーク(保守工事)で運行しておらず、電車の改札へつながっているはずのエレベータに大きく×が掲げてあり、矢印とBusという文字が(パニックで看板の写真とるの忘れた)。もうこの時点でまごつき指数かなりアップ。
空港の両替窓口に日本人の方がいらして、ケチケチな私の予算を心配しながらも両替をしてくれて、「大丈夫よ、シドニーには日本人もたくさんいるから」と不安でいる私に言ってくれました。すごく心強くなりました。

振替輸送のバスに乗り(無料だった!これなら、空港で両替しなくても、街中で両替してもよかったし、街にはいたるところATMが壁やら店の前やら中やら路地のあちこちにうじゃうじゃと設置されているので、街で現地のお金をキャッシングしてもよかった)、セントラルという大きな駅で降ろされてしまい、目的地のサーキュラーキーにいく方法がわからず、うろうろすること1時間。バスの回数券をかったつもりが、マイマルチというバス・トレイン・フェリー1週間乗り放題のチケットを買ってしまい、それに気づかずトレインの切符を買ってしまい、地下鉄でサーキュラーキーへ。もうダメダメな感じ全開。
すぐそばまで来ているはずなのに、ホテルもこぢんまりとしていて、すぐに見つからず、やはりまごつき指数大幅アップ。
まごしどをしっかり読んで行ったのに…

シドニーには早朝着だったので、ホテルでチェックイン前に荷物を預かってもらう(他にもそうしている観光客がたくさんいた)。私の部屋は4時まで使えない、とフロントのお姉さんがやさしい英語で私にもわかるように説明してくれたので、では、4時に戻ってきます「I'll be back at 4 o'clock」とターミネーターになった気分で言う。

大きい荷物から開放されて、身軽になって再び街へ。まずはシドニーマラソンのキットを受け取りに向かいました。

つづく

| | コメント (0)

無事帰りました

無事帰りました
台風のせいで羽田空港に飛行機が降りられず、帰国が1日延びましたが、無事帰りました。

シドニーはとても楽しく過ごしました。
フィッシュマーケットで食べた生牡蠣が、最高に美味しかったです。

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

神楽坂近辺探索

神楽坂近辺探索
神楽坂近辺探索
普通に打ち合わせが完了したので(結局メールをやりとりした人とは違う人と面談した)、帰り道に江戸川橋から神楽坂へ、ふらふらと散歩しました。
個人商店が残っている商店街から、人で賑わうメインストリートへ抜ける。

亀井堂というパン屋さんで、クリームパンを買う。
これは、本当のクリームパンだ!! 中のカスタードクリームが、パンに入れるのがもったいないほどの完成度。お一人様5こまでと書いてありました。

昼飯は坂の途中で海鮮丼。

わざわざ遠くへ出かけなくても、都内にいいところはたくさんあると改めて思った。

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

信頼を得るとは、つまりレスポンスの速さではないだろうか

レスポンス(response)は、反応、応答の意味。」 (Wikipedia【レスポンス】の項目 (最終更新 2010年2月28日 (日) 09:15) より)

自分にとってビジネスのよりどころ、基本のキを教えてくれたのは、中谷彰宏さんの何十冊もの本である。
その中のいちばんは、

「ありがとう」のひと言が言えないほど、忙しいのか。
  (中谷彰宏著『スピード人脈術』PHP文庫より)

この言葉が、いつも私のなかにある。

初めて伺う会社の、初めて会う担当さん。
数日前に、「まずは日程を決めましょう。*日の*時はどうですか?」「その日なら大丈夫ですよ」とメールをやりとりしたが、それっきり音沙汰が無い。
仕事として言葉を扱う自分にとっては、「まずは」ときたら、「つぎに」決めたり相談したりすることがあるはずだと(文面に書いてはないけれど)思っていたのだが。
で、いよいよ、明日がその都合のよいはずの*日。
うっかりメールを読まずに捨ててしまっていたかも…と不安になり、こちらから電話をしてみる。
明日でいいですよ、あとでメールを送るつもりです、とのこと。

電話をかけたのが昼過ぎ。
メールが届いたのが、夜8時過ぎ。

向こうはビジネスのはず。もちろん、お金を払うのは向こうだから、別に私ごときにいい顔を見せる必要も、手元の他の緊急な用事を後回しにしてまで、連絡をとったりメールに返信したりする必要も感じていないのかもしれない。
しかし、ここで中谷さんの言葉が私のなかに浮かんでくる。
呼び出してきているのは向こうだ。
もし、支払うお金以上の、お互いに貴重な時間を割く手間以上の成果をあげたいと思っているのなら、このレスポンスでは、相手に信頼を与えられないのではないか?
現に、すでに私のなかには、あまり協力的にはなれなそうな感情が生まれつつある。

とはいえ、私にだって忙しくてパソコンを開けず、メールをチェックできない日がつづくこともある。
そんな時に限って、急ぎの仕事の連絡が入っていて、自分のレスポンスの遅れのせいで仕事を逃したり、信頼を損ねて次から声がかからなかったり、ということは、正直なところ、ある。
返事をしたくないなぁ…という案件には、ずるずると返事をわざと延ばすことも、ある。
だから、実は一方的に偉そうなことは言えない。自分もまだまだできていない。

いろんな場面で、中谷さんの言葉を思い出す。

仕事に限らず、すべてに通じると思う。
誰かから、お土産をもらったとき。
宅急便が届いたとき。
困っていたのを助けてもらったとき。
いいサービスを受けたとき。
「ありがとう」に、遅すぎることはあっても、早すぎることはない、と思う。

とりあえず、どんな会社か、見てきます。

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

旅行準備

旅行まで2週間をきり、少しずつ荷造やら必要なものを揃えたりしている。ので、覚書。

●買ったもの
小分けになった洗濯用洗剤:部屋にラウンドリーがついているはずなので、ホテルで洗濯するため。ランニングフェスティバルに参加する予定なので、汗たっぷりのシャツはすぐ洗いたい。旅行先で下着くらいはいつも風呂場で洗濯するけれど、本格的に洗濯するつもりだと、着替えの荷物を減らせるのがありがたい。服は、必要だったり、欲しかったりしたら、向こうで買うつもり。自分へのお土産にもなるし。
レンズ付きフィルム:使いっきりカメラのこと。マラソン中に撮るなら、軽いからおすすめ! と海外ランの先輩に教えてもらいました。落としたりなくしたりしても、惜しくないし。空港のX線検査が若干不安。デジカメ主流の世の中で下火のためか、種類があまり無い。ほしいのは、若干の雨や汗と、走る衝撃に耐えられる、かつ、動くものを撮りやすい感度の高い「マラソン・アウトドア仕様」。フィルムメーカーさん、ぜひ作ってください。
マスク:機内用。湿ったシートを入れられるタイプ。
室内スリッパ:これも機内用。
楽な綿ズボン:機内で寝るので。
変換プラグ:スマホ充電用。充電器は海外OKタイプだった。
ネームタグ:つまらないよくあるタグじゃなくて、個性的なタグをずっと探していたのですが、どうもありきたりなタイプか、安っぽいものしかない。個人の方のブログで、定期入れをカバンのタグに利用していると書いてあるのを読んで、ナルホドと思い、定期入れを探すと、ネームタグよりも種類豊富でほしいものも見つかりそう。…でも、結局は、和小物コーナーで、小学生がランドセルにつけるような小さな名札を見つけて、これを旅行カバンにつけることに。

●向こうで買いたいもの
コーヒー豆:シドニーはカフェ(コーヒー)が文化みたいな街らしい。
バッグ:ここぞ用に革のバッグほしい(表彰式には間に合わないけれど)。あとは、確実に帰りの荷物が増えるので、増えた荷物を入れて飛行機であずけられそうなバッグ。
ランニンググッズ:キャップやポーチやシャツ。
ジャケット:日本でも今年の秋冬に着られそうなやつ。
お土産のお菓子:パート先、近所、テニス友達、家族。しかし、ティムタムなら三越の地下の輸入食品店で安く売っているので、わざわざ買ってこなくても…な気がしないでもない。
グリーティングカード:これを買わないと仕事の取材にならない。外国語で書かれたカードの資料集め。日本の仕事で出合うグリーティングカードの英文はひどすぎる。

●準備したこと
海外旅行保険:ネットで申込みました。損保ジャパンのoff。
カードの暗証番号確認:普段メインで使っているクレジットカードにはキャッシング枠をつけていないので、予備にキャッシング枠のついた別のカードを持っていくため、暗証番号を確認しておきたかった(いちおう覚えているのだが、いざ現地で引き出すときに違ったらマズイ)。買い物してみて暗証番号を押せばわかると思い、あちこちでちょっとした買い物をするが、どの店でもサイン決済にされてしまう。何軒目かで聞いてみると、このカードにはICチップがついていないのでサインが必要で、暗証番号入力はできない、という。なるほど。じゃ、実際に日本でキャッシングしてみるしかないか、手数料とかかかっちゃうよな、でも現地で万一使えなかったら困るし、とセブンイレブンのATMにクレジットカードを入れてみると、「借り入れ(引き出し)」ボタンの他に「利用可能限度額確認」のボタンが! これを押すと、暗証番号入力→可能額表示、と無事確認できたので、借り入れせずに終了。
スマホに機種変:現地時計や天気情報、翻訳アプリ、出発日に確認する用の交通情報確認アプリ。しかし、スマホはすぐ充電が切れちゃう。これで実際どこまで使えるんだろう。カメラとしても使いたいのに。念のためPIN設定。あとは向こうで無事に現地設定ができるかどうか(説明書のコピーはとった)。
思いつく限りの緊急連絡先リストアップ:手帳に書いたり、スマホの電話帳に入れたり。これらをなくしちゃったらどうにもなりませんが。
一日おきの早起きラン:時差1時間で余裕! と思っていたら大間違いで、ハーフマラソンは一番朝早くて6時台にスタート。5時台に会場に着くとして、起きるのは4時。ここに時差1時間ということは、日本時間の3時には起きるってことで。いまからそんな時間に起きたら寝不足になっちゃうので、せめて5時台には起きるようにこころがけてはいるのですが、キビシイ。でも、早起きのおかげで、朝ラン5kmも楽勝。毎日走ってここでまた足を痛めるといけないので1日おき。午前中が有意義に過ごせる。ちょっと昼寝しちゃうけど。

あとは健康&体調管理と、仕事をちゃんと片付けるってことですね。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »