« 今度は韓国〜 | トップページ | ソウル~景福宮(キョンボックンGyeongbokgung) »

2011年5月23日 (月)

韓国でKORAIL空港鉄道A'REXに乗るの巻

2時間弱であっという間に羽田からソウル・金浦(Gimpo)空港着。アシアナ航空でいったのですが、機内食はおでん弁当みたいなのに、コリアの辛いペーストをつけて食べるのですが、正直なところ口に合いませんでした。

金浦空港で両替。これはレートが悪かった。でも鉄道に乗るのにお金が必要だったので1万円を127,000wに替えてもらう。これがソウル街中のいたるところにある両替サービスの露天や窓口だと、130,000w~131,500wくらいで手数料無しと書いてありました。



↑空港の出口から、空港鉄道の案内表示にしたがって延々と登ったり降りたり、通路を歩いて、ようやく切符売り場にたどり着く。が、ハングルの表示が読めないので何が書いてあるのか全くわからない。
自動切符販売機は日本語に切り替えられたので、なんとかソウルまでの1回カード(切符)を買う。本当はティモニ(T-moneyカード)を買いたかったのだが、どこでどう買っていいのかわからなかった。


↑のりまき! 味は日本とほぼ同じ。

↑屋台で買った鯛焼きとトポギ! 鯛焼きは1個だけ買うつもりだったんだけど、屋台のおばちゃんが、3個かったら1000wにするよ、と言うので(たぶん)、3個買う。トポギと合わせて4000w。約300円ちょっと。トポギはとても私には辛くて、涙と鼻水が出てきました。一度に全部食べ切れなかった。持ち帰りにして、ホテルで食べることにしてよかった。

↑東大門(トンデムン Dongdaemun)のdootaビルのフードコートで食べたカルクッス(韓国うどん)。店の前に置いてあった日本語のメニューには「しじみ入りカルクッス」と書いてありましたが、実際はあさりが入っていました。味は塩味が強いが、あっさり。

ソウルの印象は、買い物! 客引き! 値段の表示がない!(交渉次第で値段が変わるので、値札の意味が無い) さすがに、フードコートやファッションビルの商品には値段がついていましたが、何枚かまとめて買うと何割引とか、何枚買うと1枚ただでつけるとか。屋台の食べ物も、ほとんど値段表示がないので、いくらなのか、それが高いのか安いのかまったくわからない。
屋台のTシャツ屋さんで、黒人観光客(たぶん)が、自分は2枚買うから「シックスティーン」(16000w)にしろ、と言っていて、お店のお兄ちゃんは「セブンティーン」と答えていたが、やがて諦めて「シックスティーン(でいいよ)」と言っているのを目撃しました。たぶん、1枚10000wで、2枚で19000wか18000wが最初の値段なのじゃないかな? こういった駆け引きが楽しめる人には、買い物がとてもエキサイティングで楽しいかも。
私は、ほしいものを1つだけ値段を確認してから買いたいタイプなので、うまくなじめない。お土産に定番の化粧品をいくつか買ったが、お店に呼び込まれるは、店員さんが横にぴったりくっついてくるは、さらに、あれこれ勧めたり試供品使わせたり、とてもとてもゆっくり一人で買う雰囲気じゃない。レジでは何も言わなかったが、これはサービス、と言って、割り引いてくれたり、おまけのパックやら試供品やらをいくつもいくつも手提げ袋に入れてくれた。化粧品に限らず、どの店に行っても同じだったので、こういう文化なんだなぁ、と思う。

地下鉄は、乗り換えに時間がかかる(ホームとホームの移動がかなり遠く、さらに長い階段やエスカレーターを通るので、なかなか目的のホームにたどり着かない)ので、すんなり目的地につけない。1本乗り遅れると、つぎの電車もなかなか来ないときがある。表示がハングルなので、急いで乗ろうにも、この電車がどっち方面行きなのかを確認するのにまた時間がかかる。
駅番号がわかると、切符を買うときにも、ホームで方面を確認するときにもわかりやすいので、駅番号の入った地下鉄路線図を持っていると便利。
それでも、乗るときに間違えて、反対側方面へ行くホームへ入ってしまい、正しい方面のホームへの連絡通路を探したが見つからず、いったん改札を出て(1回式切符カードだったので0円になってしまった)、切符を買いなおしたりしたことも。
とはいえ、ウルチロイックから仁川空港まで、地下鉄と空港鉄道を乗り継いで、1時間ちょっと、デポジット入れて4300w。400円かからない。安いなぁ。車内もホームもきれいでした。
車内に手作りのチラシ(たぶん家庭教師か塾か何かの案内広告だと思う)をはりつけたり、手書きのビラ?のようなものをくばっている人に遭遇する。あやしい感じ。他の乗客を見ると、ビラは持って帰らず、そのまま座席に置いて降りていっていた。

今回の旅行は、ハングルが読めないせいもあって、地下街をぐるぐる回って地下鉄の駅を探しているうちに迷ってしまって、結局もとの場所に戻ったり、町を、どっちの方向へ歩いているのかわからなくて目的地に着けずうろうろしたり・・・の連続でした。効率よくは回れなかったけど、それもまた楽しかったかな。

|

« 今度は韓国〜 | トップページ | ソウル~景福宮(キョンボックンGyeongbokgung) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度は韓国〜 | トップページ | ソウル~景福宮(キョンボックンGyeongbokgung) »