« 台北101で夜景 | トップページ | 二日め活動開始 »

2011年3月 9日 (水)

台北第一日目の夕飯!

台北第一日目の夕飯!
↑フードコートへ行く前に、地下にスーパーマーケット「JASON」を発見したので、中をうろうろしてみる。日本で言うと、デパートの地下に入っている「クイーンズ伊勢丹」とか「成城石井」といった感じのちょっと上品なスーパー。
日本で売っている商品が、日本語のパッケージそのままでたくさん売られている。
りんごも青森産!と大きく書いてあり、キウイも日本産!と書いてある。
ダイショーの坦坦鍋のスープもそのまんま並んでいる! 値札を見なければ、日本のスーパーにいるみたい。
日本人気を実感。私たちが台湾に対して感じる気持ちより、台湾の人たちが日本に対して持っている親しみは、かなり差があるように思う。
だから片言で買い物しようとしても、一生懸命聞いて答えてくれるんだ。

フードコートには、日本でお馴染みの店もいっぱい。
やっぱり食べなきゃ!と思い、おあちえん定食〜牡蠣入りオムレツ、ビーフン炒め、青菜炒め、団子入りスープ〜を「おあちえん!」とメニューを指差して注文して食べる。
台北第一日目の夕飯!
↑これで170元(約476円)。安い! しかも、とりあえず「台湾の庶民料理」が網羅されている! とにかくビーフンがおいしかった。
フードコートが10時で終了らしく、ほとんどの店が片付け始めるのを見て、あわてて食べるが、屋台であれこれ食べていたせいか、食べ切れず、おあちえんとスープだけは完食し、ビーフンと青菜炒めをビニールに入れて持ち帰りにする。

駅の誠品に戻り、本屋を探索。
ここでも日本の本が日本語のまま、たくさん売られている。
日本のガイドブックや、小説。
ずっと本屋を見ていたかったし、何か本も買いたかったが夜11時近くなっていたし、地下鉄が終わってしまったら困ると思い、ホテルの近くまで帰ることに。

地下鉄も駅も、まだまだ人がいっぱい。

ホテルの近くに雙城街夜市があり、その先に勝立という雑貨屋さんがあるはずなので、パジャマを買うべく行ってみる。
台北第一日目の夕飯!
夜市は道の真ん中に広がっていて、食べ物屋さんがいっぱい。ここはさすがに車は入ってこないけど、スクーターは入ってくる。周りには客待ちのタクシー(黄色い車)がたくさん停まっている。店はおでん屋さんみたいなのが多い。そして、さっき安くて驚いたフードコートより、さらにもっと安い。餃子みたいなのがあって食べたかったけど、お腹いっぱいで食べられない。
台北第一日目の夕飯!
↑勝立は100円ショップみたいな感じで、ここも日本語製品であふれている。日用雑貨が多い。何か買いたかったが、特にほしいものがなかったのでそのままホテルへ。
疲れた〜。時差が1時間あるから、いつもより1時間遅くまで起きているせいだと気づく。
天気予報が知りたくて台湾のテレビチャンネルに合わせると、日本のバラエティーのような番組をやっている。
字幕で漢字が出るので、なんとなく意味がわかる。
毎日こうやってテレビを見ていたら、きっと中国語(台湾語? 台湾の中国語は、大陸の中国語と違うと思う。台湾の中国語のほうが、やわらかい感じがする)が上達するだろうな。

『超級偶像』
http://www.ttv.com.tw/drama10/SuperIdol5/index.htm
↑挑戦者が歌でレギュラー陣と対決して、審査員の点数で勝負する番組がおもしろくて、なかなかお風呂に入れず、夜更かししてしまう。
結局、天気予報分からず。
雨の多い台湾で、明日晴れたら、行ってみようかと思っている所が…

とにかく、朝早く起きたいので寝なくては。

つづく

|

« 台北101で夜景 | トップページ | 二日め活動開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北101で夜景 | トップページ | 二日め活動開始 »