« 私の大好きだった蒸しパンとのお別れ | トップページ | 29年ぶりの改定 »

2010年12月10日 (金)

東京日本橋で島根の味を

東京日本橋で島根の味を
東京日本橋で島根の味を
朝鮮半島警戒や鳥インフルエンザ感染で大変な島根を応援するべく、にほんばし島根館へランチ&買い物に行って来ました。
日本橋三越の大通り挟んで真向かいに、吉田くんとしまねっこが並んで立っていました!

まずは隣接しているレストラン主水(もんど)で、がいな丼のランチ。名古屋のひつまぶしみたいな感じで、おひつにごはんと具がちらしてあって、たれをかけて混ぜて食べたら、最後はだしをかけてお茶漬けに。大食らいの私でもお腹いっぱいになるボリュームでした。

いよいよ、買い物するべく店内へ入ると、すごい人の数! 平日の昼過ぎなのに棚の前の通路がすんなりとは通れないほどの混雑。店員さんの数も足りなく、お客さんへの対応も品だしもレジもうまく回っていない。
ほしいものはたくさんあったので、持っていった保冷バッグも大活躍。店の当初の予想よりも集客してしまったのかもしれない。
並びに奈良県のアンテナショップがあるのですが、こちらは逆で、広すぎるスペースに人がまばら。
日本橋では、島根が奈良に勝っています。

日本橋で感じたこと。お客さんの質が高い。上品というだけでなく、自分勝手に通路をふさいだり、見ている人を押しのけたり、ということがない。
店員さんにおばちゃんの比率が高い。おばあさんに近い年代のおばちゃんたち。

本当の島根は遠いけれど、ここならいつでも来れそうです。

追加情報 1月11日〜16日には吉田くん展をするそうです。

|

« 私の大好きだった蒸しパンとのお別れ | トップページ | 29年ぶりの改定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の大好きだった蒸しパンとのお別れ | トップページ | 29年ぶりの改定 »