« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月27日 (土)

鳴龍の声が心までひびいた


陽明門の逆さ柱。わざと完璧にしない。終わりにしてしまわない。という美学。そういう思想は日本人に今も流れていると思う。

右奥の建物の天井にいるのが鳴龍です。龍の絵はマンガチックなタッチでちっとも古臭く感じない。この龍の鳴き声が聞こえた時には体中に声がひびき、涙が出てきました。中で、拝観客が集まり次第順繰りに説明をしてくださるので、ぜひ説明と龍の声を聞いてください。


落ち込んだ時に、仲間が慰めてくれているの図。

国道沿いで買っておいた「ゆばむすび」を、帰りの浅草行き快速の中で食べる。2個いり350円。一緒に買ったお饅頭はとっくに歩きながら食べてしまいました。
快速はボックスシートなのでようやく旅行気分。夕方5時に近く、すでに車窓の外は真っ暗。居眠りしながら、また北千住経由で帰り着きました。

まとめ
おみやげは、金谷ホテルベーカリーで買ったパンと百年ライスカレー。日光甚五郎煎餅。駅弁・けっこうづくめ(日光高原弁当)。
1時間予定がおしたせいもあって、東照宮近辺の見学しかできませんでした。
見られなかったところがまだまだあるので、またぜひ行きたいです。日が暮れだしてからは、気温が下がって寒くなりました。天気予報は晴れだったのに、夕立も。

Suicaで行く人へ。
日光へはPASUMO・Suicaが利用できるのですが、私のように北千住で乗り換える場合、いったん改札を出て、ICカードに記録をしてから、あらためて東武電車に乗ったほうがよいです。
試しに、帰りは日光東武→北千住→改札を出ずにそのまま地下鉄へ→直通乗り入れ私鉄電車で帰ってみました。違う経由分の金額を引かれては困るので、窓口で引かれる金額を確認してもらったら、金額はちゃんと合っていました。で、普通に改札を通っていいですよ、と言われて自動改札を通ってみたら×。
もう一度確認してもらったら、入場から時間が立ちすぎてしまったためのエラーだとか。4時間近くかかっていましたからね。
東武電車はうまく使えば、いろんなところへいけるということもわかりました。会津や鬼怒川もいずれ。

| | コメント (0)

日光日帰り旅行~つづき

静謐な空気と絢爛な建造物。写真禁止で撮れませんでしたが、三大仏もごく近くから見上げるように見られて、迫力がありました。江戸時代は、平和をめざした、裕福でスケールの大きな、世界に日本が誇れるすごい300年間だったんじゃないか、ということがここに来て実感できます。これだけのたくさんの建造物を、1年半で作り上げてしまったと聞いて。



いろんなところに象がいます。当時の人たちにとって、象は見たことのない動物だったはず。


これだけの物をつくった技術レベルはすごいと思う。そしてたくさんの物語を装飾している創作力。さっきの厩のサルにしても、陽明門の遊ぶ子どもたちにしても。知的レベルと匠の技術力の高さと、それらをつくらせた指導力。

覚書
共通拝観券を神橋から石段をのぼった東参道の東拝観受付所で買いました。宝物殿・逍遙園付で1300円。別途、奥宮(眠り猫と宝塔・叶杉)520円。拝観順路に沿っていくには拝観券を買っておいて正解でした。
靴を脱いで建物に入るところがあるので、間違われやすいようなよくある特徴のない靴でないほうがよいです。ただし、長距離歩いたり、長い階段を上ったりするので、履きなれた靴を。クリップか洗濯バサミを持参して、自分の靴にマークをつけて脱いでいくのも一案。

つづく

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

なぜみな日光へ行くのか

それは、日光がとても魅力のある空間だから。ということがわかりました。

先週、ネプチューンが訪れていた番組を見て、俄然行きたくなってしまった日光・東照宮。「日本の世界遺産めぐりツアー」敢行中の自分にとって、こんな近くに有名な世界遺産があったことを忘れていました。
仕事を片付け、平日、早朝まだ暗いうちに出発。オバサンの団体も、はとバスの団体も、少人数のグループも、小学生の遠足の団体も、外国人の旅行者も、一人観光者も、とにかく大勢が日光めざして集まってきていました。

今回は東武電鉄利用。ケチケチ日帰り旅行なので、新宿から直行の特急スペーシアには乗らず、北千住から快速で日光へ直行・・・のはずが、京王線に慣れている自分は、快速の前に来ていた急行のほうが早く着くだろうと勘違いして飛び乗ってしまい、途中駅で後から来た日光行きの快速に抜かれ、結果、予定より1時間ほど遅く日光着になってしまいました。せっかく早起きしたのに。
北千住の駅の乗り換えはなるほど評判どおりの遠路。通勤ラッシュで、都心へ向かう人の列を横切るのが大変だった。Suicaで私鉄→地下鉄乗り入れ直通で北千住へ着いたので、大事をとっていったん改札を出てから、東武の改札に入る。(改札を通らなくても直接東武のホームまでいけてしまうのです)

駅から国道を東照宮のほうへ歩く。予定より遅く着いたおかげで、食事のできる店が開いていたため、まずはゆばそばで昼食を。そばがおいしかった! 先日の出雲に全く負けてない! むしろ私はこっちのほうが好み。味のしみたゆばもたいへんおいしかったです。

地図で見ると駅からバスを利用しないと遠そうでしたが、のんびり国道沿いの店を眺めながら歩いたら、あっという間に着きました。出雲大社で感じた空気ととてもよく似ていました。

江戸時代にこれだけの意匠が作られ、そしてそれが残っている! 確かにみなが目指す世界遺産だ!と感じ入りました。

有名な、「見ざる言わざる聞かざる」。知ってはいたけれど、ここにあるのは、先週のテレビで見るまで知りませんでした。

余談
どうも今までの旅行を鑑みると、私にもSPECがあるらしい。旅行に出ようとすると、交通機関でなんかしらトラブルが起き、ダイヤを乱してしまう。人類にも自分にも全く役に立たない、どころか迷惑なSPECだ!! 本日もJRでダイヤが乱れ、特急が運休に。どのみち今回は安く行くことが第一だったので、特急には乗る予定はありませんでしたが、多分その分快速が混んでいたのだと思います。

つづく

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

買っちゃえ期と行っちゃえ期のW到来

風邪がよくなったかと思いきや、次は秋の花粉症がぶりかえし、鼻水とくしゃみの連発。
こんな状態でも、風邪のときよりずっと元気で、かつ意欲満々。これが災いしてか、久しぶりに買っちゃえ期と行っちゃえ期が同時に襲い掛かってきてしまいました。

skinsの機能性アンダーウェアを買い(ネットで注文したら、なんと翌日には届きました。早い!)、電子レンジの回転皿を割ってしまったので買い、ピアスホールがあまりいい状態でなかったのでチタンポストの3mm天然石ピアスを買い(パート先では3mm以下しか着けちゃいけないので)、金曜ドラマの『SPEC』を見ているせいで、『ケイゾク』をちゃんと全部見ていなかったことが気がかりになり、TSUTAYAで毎週1枚ずつ借り(いちおうWカード半額デイに借りている)、来年のランニングのレースも申し込み、じゃ、やっぱり普段からトレーニングしようとボロボロになってきているウォーキングシューズとトレーニング用スパッツをasicsのサイトでぽちっと申し込み・・・で、クレジットの引き落とし時に愕然として、でも、これだけの物を買ったわりには、この金額なら安いほうじゃないかと自分で納得している、という状態。

行っちゃえ期のほうは、ちょっと前までは、ぽっかり仕事の合間の休みが連休のようにとれても、どこにも行きたいところが考えつかず、ぐずぐず朝寝坊をし、近所をうろうろすることで紛らわせていた気分が一新し、行きたいところが泉のように湧き出し、仕事をよせてまでして無理やり連休を捻出し、5時起きして電車に乗り、ずんずん観光地に突進し、連泊し、パートに間に合うように飛行機で帰り、そしてまた次の候補地にいつ行くかが頭から離れず、仕事をしていても、気がつくと旅行の計画を練るほうに気持ちがいってしまって仕事が進まない・・・という感じ。
今年は大きな校正の仕事が何本かあったので、資金はいちおうあるし、旅行先で仕事に関係あるところへ行って勉強や取材もして、ちゃんと次の仕事にも役立てる、という名目はあるのですが、こちらもクレジットの引き落とし時に愕然としてしまうのは同じ。

それでもまだまだ行きたいところが。早く仕事を終わらせて、出かけよう!

余談
2011年多摩ロードレース情報です。今年参加したので案内のパンフレットが届いたのですが、それを見ると、来年は参加賞のTシャツが、サイズが選べるようになったうえに(今まではLのみだったので、小柄な自分にはパジャマにしかならなかった。でも、いまどき綿のシャツって案外買わないから、パジャマや家着として考えればそれはよしかも)、キティちゃんの特別デザインだとか(多摩はサンリオピューロランドがあるので、キティちゃんとの縁が深いのです。今までは胸に大会のロゴワンポイント入りでした)。
希望の多かった駅からのバスも便数を増やす模様。
昨今のランニングブームのせいか、市長が変わったからこんなに進歩したのか不明です。今年のレースはすごく寒くて、曇っていて富士山も見えなくて、桜もまだ咲いていなくて、震えながら走りましたが、天気がよければ、車道を埋めつくすカラフルなランナーのはるかむこうに富士山が見え、桜並木の下を颯爽と走れるコースなので、来年が今から楽しみです。

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

源氏物語絵巻展@五島美術館

源氏物語絵巻展@五島美術館
上野毛に11時過ぎについたら、駅前に、「五島美術館、ただいま入館60分待ち」の看板を持った案内の人が立っていたので、先に腹ごしらえを…と鴻龍で昼定食餃子付。評判通り餃子がおいしい! 何か使っている油が普通と違うと思う。
今『SPEC』を欠かさず見ているせいで、餃子が食べたくなってしかたない。


五島美術館12時少し前に着。やはり1時間待ちの表示。館内の列には椅子が用意されているところもあり、待つのはそれほど苦ではない。
展示室まで30分でたどり着く。中はすべて源氏物語絵巻の展示で、人の流れにのりながら回り、見終えるのに1時間弱。
今年は徳川美術館まで行かなくても東京で全部見られて感激です。
今回はギャラリートークの案内がインターネットに出ていなかったので、開催されないのかと思っていたところ、会場に2時から開催の案内が! やった〜! 五島美術館のギャラリートークは大変おもしろくて、わかりやすいんです。オススメです。

解説の後、再び展示室へ。私が来た時間が1番混んでいたようで、1時過ぎから夕方までは待ち行列はできていませんでした。行くなら午後が狙い目かも。

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

無事羽田空港着

出雲空港は小さい空港で迷う心配がなかったけど、羽田は広すぎる… 荷物受け取り場所が遠くて不安でした。

さすが飛行機は速い。

| | コメント (0)

乗りテツ、タッチアンドゴーで飛行機に乗るはずが…の巻

乗りテツ、タッチアンドゴーで飛行機に乗るはずが…の巻
乗りテツ、タッチアンドゴーで飛行機に乗るはずが…の巻
乗りテツ、タッチアンドゴーで飛行機に乗るはずが…の巻
乗りテツ、タッチアンドゴーで飛行機に乗るはずが…の巻
乗りテツ、タッチアンドゴーで飛行機に乗るはずが…の巻
スケジュールがタイトなため、今回復路は飛行機を利用することに。
インターネットでチケットを予約し、バーコードを携帯電話の画像メモに保存し、チケットレスで慣れない空港へおどおどと到着。


が、搭乗時間になって、プロペラに鳥が突っ込んだため、整備確認に時間がかかり出発時刻が遅れるとのアナウンスが…。
1時間ほど待ち。JALから喫茶券500円がでたので、コーヒー飲みます。


無事、定刻にパートに行けるのか?


つづく

| | コメント (1)

2010年11月12日 (金)

石見銀山めぐり

石見銀山めぐり
石見銀山めぐり
石見銀山めぐり
大田市からのバスは混むと聞き、仁万から大森行きのバスに乗車。
バスで運転手さんが地図をくれる。
島根の人は、観光客に親切。
石見銀山公園の観光協会で行っている無料のガイドツアーに参加して、龍源寺間歩まで往復約2時間半歩く。説明を聞きながらの見学でとても勉強になる。坂が案外あって、健脚でも結構疲れました。

荷物預かりメモ
大森代官所跡バス停前にコインロッカー少々。石見銀山資料館内にもリターン式あり、但しこれは館内にいる間だけ利用可。
石見銀山公園の大田市観光協会で200円で荷物預かりしてくれた。
銀山公園の駐車場はすぐ満車になります。
貸し自転車で街巡りしている人も大勢いました。電動がオススメ。

街のなかが掃除が行き届いていて、とてもきれいでした。
かつては20万人の人口があったそうです。

今夜は出雲市泊。

| | コメント (0)

旅館の海の幸料理

旅館の海の幸料理
旅館の海の幸料理
のどぐろのしゃぶしゃぶ鍋が美味しかった〜!
ボリュームたっぷり。もちろん完食。

出雲大社コインロッカー情報。
一畑電鉄出雲大社前駅待合室内と、駅横、バス停そばにコインロッカー小屋あり。大きな荷物も可。コインロッカー満員の場合、駅で有料で預かってくれる旨、貼紙ありました。500円。

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

今年も旅に出ました

今年も旅に出ました
今年も旅に出ました
今年も旅に出ました
今年も旅に出ました
島根に来ました。多摩を5時出発で、新幹線と特急を乗り継ぎ、8時間。
今夜は温泉津泊。

メモ
のぞみは先頭座席じゃなくても、各座席窓際の床近くに、コンセントあり。充電可。
やくもの中程に、窓際の座席がないところ発見。6列め。
車内販売がなく、乗り換えぎりぎりで食べ物買えず。お煎餅を非常用に持っていてよかった。
出雲大社前の道の駅はつまらなかった。
出雲市駅前にドンクがあった!
温泉津源泉は熱かった。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

道を聞かれる日々

今朝聞かれたのは、富士山がきれいに見える公園。今日は天気もよく、くっきり見えます。

来週はいよいよ旅に出るのに、今朝はなんだか咽が変。嫌だなぁ。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »