« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月28日 (水)

パソコンも熱い

パソコンも熱い
今年の半端じゃない暑さに、ノートパソコンがすぐに熱を持ってしまう。
…と困っていたら、いいもの持っていました。卓上扇風機。自分もパソも快適です。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

今年最後の?梅

今年最後の?梅
大きな梅も漬ければよかった…と思っていたら、会津産直コーナーで梅の小袋(300g)を見つけて、梅干し追加!(左のジップロック漬け。梅=190g。ジップロック中サイズ)
傷のある梅は酢と砂糖(2:2:1)でサワーに。(右のジップロック漬け)
梅干し漬ける時に使って残った焼酎は豚の角煮に。
焼酎のカップは、同じく会津産直コーナーで見つけたすももを酢漬けに。
冷蔵庫マンタン。
赤紫蘇ジュースがもうすぐなくなりそうなので、サワーが出来上がるのが待ち遠しいです。

| | コメント (0)

2010年7月23日 (金)

生しらす丼 自作

生しらす丼 自作
江の島話に沸いた日、スーパーで売っていた生しらすで自作。

今年はゴーヤがあまり大きくならない。違う種類の苗を植えたせいかな?

梅干しは完了。自分流は、朝〜昼過ぎに干し、出かけるときにはまた梅酢の入っているジップロックに戻して冷蔵庫へ(塩が少なめなので)。
また翌日同じ…を繰り返し、4、5日で梅干しっぽくなったところで、またジップロックに戻して冷蔵保存。
毎日漬けるため、梅酢は減ってしまいますが、手間なし。やっぱり小梅だけじゃなくて、大きい梅も漬ければよかったなぁ。

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

八王子観光?

八王子滝山道の駅に行きました!
もちろんバイクで。
すごい混んでいました&想像よりはるかにおもしろかった。
保冷バッグを持っていかなかったので、冷蔵品が買えなかった。

鐘庵まで足をのばして、おろしうどんも食べてきました!

しかし、暑い。暑すぎる!

| | コメント (0)

2010年7月18日 (日)

梅 干し!

梅 干し!
梅雨明けしたようなので、ジップロックで漬けた小梅を、ベランダで干し始めました!
ほんとはザルに隙間を開けて並べるんですが、気にしない。雨や風ですぐにしまえるような、家にあるもので代用。
1kgでこれだけできました。
梅酢もジップロックごと日なたへ。
ハショウガを砂糖入れて甘くした梅酢に漬けたら、美味しかった〜。

| | コメント (0)

2010年7月17日 (土)

初収穫

初収穫
白ゴーヤです。
もちろんチャンプルーにして食べました。

仕事が忙しく、からだがあちこち痛いので、からだ回復院という整体に通い始めました。
風邪もひいたらしく、体調がいまいち。
早く直して走りたい!

| | コメント (0)

2010年7月 6日 (火)

東京「熱中」散歩

ストレスをためないためにも、休日にはのんびり行きたいところへ行き、食べたいものを食べ、買いたいものを買うべく、校正とパートの合間に、東京探索に出かけました。東京に住んでいるくせに、結構行っていないところがまだまだ多いから。
で、今回、JRとゆりかもめを乗り継いで行ったのはここ!↓

お台場、右はフジテレビ、左がアクアシティお台場! もっと左手には自由の女神がいます。
仕事(?)がら、有明のテニスの森公園にはもう何回も行ったことがあるので、国際展示場の方面は詳しいのですが、台場あたりは通り過ぎるばかりで降り立ったことがありませんでした。
まずは、毎度ながら腹ごしらえで、アクアシティの5階へ。レストラン街のワンコインランチも、平日1000円ビュッフェも横目で見つつも通り過ぎ、行ったところは「ラーメン国技館 ご当地麺祭り」、もちろん「津山ホルモンうどん研究会」。
http://www.aquacity.jp/floor/shop_detail/5F24
東京で、津山のあのホルモン兄弟の看板に再会でき、感激です。
フードコートになっていて、他の麺屋さんの注文もできる。他の麺も魅力的。いくら大食漢でも何回も通わないと、全部は味見できません。今回はホルモンうどん(小+目玉焼き乗せ・700円)と宇都宮餃子・350円で。平日の2時過ぎだったせいか、どの店も行列はなく、席もほどほどに空いていたけれど、休日の昼時は混むんだろうなぁ。お台場で働いている人も観光にきている人にも、外国人(アジア人)が非常に多い気がしました。
料理のほうは注文をしてから作ってくれるので、ちょっと待ちましたが、東京で津山の思い出のB級グルメが食べられて満足。うまくはしごして注文を同時にしてしまえばよかった。
お土産用ホルモンうどん、というのも売っているようでしたが、まだまだ暑い中いろんなところへ行きたかったので今回は断念。また津山が恋しくなったら来たい。

せっかくなので、フジテレビも見学。その後、もっとお台場を散策しようと思っていたのですが、久しぶりに2kmほどジョギングしたせいか、前の晩にめずらしく梅酒(自分で漬けた!)をちょこっと呑んだせいか、暑い中たくさん歩いたせいか、駅の階段を上り下りしたせいか、とにかく足が疲れて暑さでばててしまい、ゆりかもめに乗って豊洲へ。

豊洲の乗り換えの通り道にあるPere et Mere(ペル・エ・メル)へ。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131307/13031952/
有明に試合を見に行く時によく買った、おいしくて、しかもリーズナブルなパン屋さんです。ここに寄りたくてわざわざ豊洲経由にしたような次第。

有楽町線でどこで降りようか思案の末、銀座一丁目で降り、松坂屋銀座店のねんりん家へ。
http://nenrinya.jp

こちらも普段はすごい行列のバームクーヘンのお店とのことですが、平日の夕方のせいかすんなり購入。マウントバームしっかり芽生タイプ・682円を1本。日持ちは今日限り、というので、帰ってさっそく1本まるまる食べちゃいました。生地の色が濃くて、食べ応えもそのへんのバームクーヘンとはちょっと違う。まわりの砂糖がくどすぎずカリッとしていて、中の生地はしっとり。生タイプじゃなくてもあまり日持ちがしないので注意。

銀座まで来たなら・・・と、かねてから行きたかった銀座めざマルシェへ。
http://wwwz.fujitv.co.jp/gotofujitv/mezamarche/index.html
ここも、平日なのですんなり入れましたが、なにしろ狭い。エレベーターも小さくて2台しかない。呼んでもなかなか来ない。あとは狭い外の非常階段。う~ん、休日は混むだろうなぁ。各階のスペースも、それほど広くなく、場末のデパートの催事コーナーみたいな感じ。でもでも、見つけたいものと、見つけてしまったものを購入!

↑左は「最強ホルモンうどんのたれ」(左上のホルモン家族の絵柄が本場の証拠?)。右は、津山(岡山)と同じフロア(中国・四国エリア)の、もちろん島根の卵かけご飯専用醤油「おたまはん(関東風)」吉田君ラベル。関西風もあって、関東風のほうがみりんを抑えた甘さ控えめ(らしい)。写真の関東風の吉田君のセリフは「僕のオススメは関西風だけどね。」となっていますが、関西風のラベルのセリフでは、「僕のオススメは関東風だけどね。」・・・吉田君らしい。そういえば、黒部に行った時に、JRの駅に吉田君のマナーポスターが貼ってありましたっけ。
http://マナーの掟.jp
さすが西日本。

めざマルシェは、そこだけで日本全国の物産展が体験できるので、なかなかおもしろかったですが、想像していたより規模が小さかったのがちょっと残念。
暑い中歩き回って、疲れました。次の休みはどこへ行こうかな。

| | コメント (0)

2010年7月 4日 (日)

軽井沢カップ参加と横浜探索

例年参加させてもらっている軽井沢カップ東京予選大会に今年も参加しました。試合の勝負強さが足りないなぁ。暑さで体もバテバテだったし。
先月、ハーフマラソン後の練習のときに左の股関節というか筋肉というか、少々痛みが出てしまい、ジョギングのほうは現在休憩中。テニスをしている分には全然痛くないので、夏の間はしっかりテニス! 次の試合に向けて、もう少し気合入れないと。レディスが終わって秋になったら、またマラソン目指して走り始めます。
とはいえ、パート先ではまた人手不足。いつになったらパート時間を減らせるんだろうcrying


で、試合の予備日としてお休みを取っていた日がぽっかりあいたので、横浜へ遊びに行きました。まずは腹ごしらえ。新横浜、プリンスペペ1階のマルデミラノでランチ。フォカッチャがめっちゃおいしかった。ランチについてきたデザートが普通のサイズでどーんと大きい上に、お皿にすてきな花の絵が書いてあったので感激。料理は撮らなかったのに思わずパチリ。
その後、馬車道を歩いたり、赤レンガ倉庫へ行ったり。
夜は娘と落ち合って、横浜相鉄ジョイナスの三尺三寸箸で夕飯。よく行く新宿ルミネのお店とは、料理の品揃えが違って新鮮でした。

先月は、健康診断でひっかかって、病院でがん検診のついでに検査受けたのですが、胃のほうは軽い胃炎(ストレスだよなぁ)、心電図のほうはマラソン選手とか運動をする人にはよくあるタイプだから心配要らない、とのこと。運動やマラソンも続けていいと言われよかった。食欲は戻ってきつつあるので、ストレスためないように、のんびり行きます。


ゴーヤは日々伸びています。実のなる日が楽しみです。蟻とか蜘蛛とかミツバチとか、花や茎にいっぱいいます。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »