« 作ってみました卵サンド | トップページ | 今度はトッポギ »

2010年3月29日 (月)

走ってきました10km


地元多摩市で毎年尾根幹線の車道を通行止めにして行うロードレース。初めて参加しました。とにかく寒かった~! 初参加なので、開会式や3km、5kmのレースも見ようと思い、朝早くから出かけましたが、寒くてスタンドに座っていられなかった。地元中学生の選手宣誓がとてもよかったです。10knに出るだけなら、もっと遅い、スタート時間の30分前に到着でも問題なし。
受付は陸上競技場玄関前。私は地元民なのでミニバスの「中諏訪」バス停から徒歩で。最寄り駅の永山からも、バスに乗らなくても徒歩20分ちょっとで着くと思う。中学生がたくさん歩いていました。
着替えは、競技場の向かいにある武道館。建物の中にいられたので、寒くても待機できるところがあるのはうれしい。男子更衣室?は1階の武道場そのもので、2階から丸見えなので注意。女子更衣室と手荷物預かりは2階の会議室。微妙な感じでテーブルが置いてある。空いている時間にさっと着替えないと大混雑。
トイレはいろんなところに分散してあるので、それほどの混雑もなし。こんな小さな地元大会でも、出店が出ていて、スポーツオーソリティやファンケルのお試しコーナーが賑わっていました。
競技場の外周はジョギングコースになっており、ウォーミングアップで走っている人多し。
大会本部の発表では、気温6度。自分は寒くて、途中までジャケットを着て走りましたが、シリアスランナーはランニングに短パン、女性も肩を出していたりお腹を出している人がいたり。私には無理、冷えちゃってお腹痛くなりそう。無理せず、いつもどおりのかっこうで。(とはいえ、シャツとアンダーウェアは先日横浜で買ってきたやつを!)
普段バイクで走っている車道を、車を通行止めにして、自分の足で走るのは、とてもいい気持ちでした。
私は後ろの方の集団だったので、尾根幹線を埋めつくすカラフルなランナーの集団を見ながら走りました。天気がよければ、そのランナーのはるか向こうに富士山がきれいに見えたはずなのに、曇っていたため見えず。桜もまだほとんど咲いておらず、こちらも残念。
せっかくラップタイムを測ったのに、操作を間違えて確認する前に消えてしまいました。走りながら見た記憶では、中間地点が31分ちょっと、中盤ちょっとつかれてゆっくりペース、最後の2kmはまた少し頑張って1km6分台で走っていました! 自分的には驚異的な速さ。前半はゆっくり抑えて(それでも多くの人に抜かれるとちょっとくやしくてペースを上げがち)、後半少しスピードを上げて、歩いちゃってる人や疲れてスピードが落ちている人を抜くのが自分の組み立てなのに、わりと最初からペースが上がってしまったかも。
途中で同じくらいのペースの人と抜きつ抜かれつする。自分はやはり上りが得意で、下りが苦手なのを再確認する。競技場に入ってから、後ろから来た女性ランナーにすごいスピードで抜かれてびっくり。もう脚が疲れていて、とても対抗できなかった。最終的なタイムは1時間4分3秒。スタート地点まで1分半かかっているが、それでも1時間は切れなかった~。でもあの坂道で、練習で走ったときは1時間20分近くかかっていたのを考えれば、今の自分には十分な走りだったかも。

脚に疲労大。午後はパートへ。夜は静かにお疲れ様の祝杯・・・のつもりが、早々に寝てしまっていました。
1時間を切るのを目標にするのか、次はハーフの距離を走りきれるようになるのを目標にするのか。1時間を切るには、もっと自分には驚異的なスピードで走り続けないといけないし、ハーフは倍以上の距離と時間を走り続けないといけないと思うと、そんなことができるのか不安ですが。
しかし、近所のパン屋さんまでも走れなかった自分が多摩ロードレースに出られたのは、すごい進歩です。感謝。

|

« 作ってみました卵サンド | トップページ | 今度はトッポギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作ってみました卵サンド | トップページ | 今度はトッポギ »