« 寄り道 大阪城ラン | トップページ | 吉田君と鶴山公園のなぞ »

2010年3月19日 (金)

久米の里~さよなら津山

さよなら津山
↑今流行?の秘境駅?「美作千代(みまさかせんだい)」。1両編成、1~2時間に1本の姫新線から降りて、駅舎の貫禄にびっくり。夜、ひとりで電車を待っていたら妖怪電車が来そうな雰囲気。
さよなら津山
さよなら津山
↑お台場よりももっと前からある元祖ガンダム。実際にみると、かなりな出来栄え。これを見るために行く価値あり。

卒業式を終え、以前から気になっていた久米の里(くめのさと)へ。
津山駅あたりから吉井川沿いにジョギングで走ったら1時間ちょっとで行けるのでは? ともくろんでいたのですが、当日はあいにくの雨模様。なので、断念して姫新線と徒歩で出かけました。
津山から2つめ、約10分ほどで美作千代に到着。駅は上記の通り。このあたりは木造の古い駅舎がたくさん残っているらしい。
ロータリーを抜け、駅前の大通りに出て目の前の川を渡るとそこが国道181号線。左へ(今来た津山のほうへ戻る方向)とにかく国道沿いに歩く。小雨交じりの寒さで、自然と早歩きになってしまう。5分ほど歩くと、国道に「道の駅 久米の里 この先1km」の看板が。さらに歩く。「500m」の看板が見えたら、うんと向こうに道の駅らしきエリアが見えてきた。
吉井川も、堤防の道があるところばかりではなく、車道も、歩道がちゃんと整備されているところばかりでなく、また、車が走り抜けるばかりで、走っている人どころか歩いている人もいない。ジョギングで来る計画は無謀だったかも、と思いながら歩く。
駅から早足で約20分ほどで道の駅に到着!
道の駅前にごんごバスのバス停があったので時刻を見ると、朝・昼・夕方の1日3本バスがある。夕方17:42で津山駅へ帰ることに決め、それまで道の駅を探索することに。

食堂でホルモンうどんを食べる。今、津山はB級グルメフェスタで浮き足立っており、町中がホルモンうどんを売り出している。
ジャンピー餃子はあとで頼もうと思っていたら、食事は4時で終わってしまっていて、食べ損ねてしまいました。ジャンピーとは、ここらの名産ジャンボピーマンのこと。
地場産の農産物直売コーナーや、お土産やさんを見て時間をつぶす。サイクリングで来ている集団、観光バスのおばちゃんたち、などが訪れ、それなりににぎわっている。

予定通りごんごバスで津山バスセンターへ戻り、天満屋で買い物をしてホテルへ。

さよなら津山
↑津山いちおしの和菓子、つゝやの五大北天まんじゅう。鶴山(かくざん)通りの中国銀行そば、リトファンの前、通り沿いにあります。日持ちがしないので持って帰らず、ホテルで食べちゃいました。

心残りは、鶴山公園の桜を一度も見られなかったこと。
今思うと、入学式が最大のチャンスだったのですが、入学の年は寒い年で、桜の開花が非常に遅かったのです。
いつかまた必ず来たい。

帰りの新幹線もめちゃくちゃ混んでいました。スーツも持ち、お土産も増え、帰りは寄り道をする気力なく、まっすぐ帰りました。疲れた~!

|

« 寄り道 大阪城ラン | トップページ | 吉田君と鶴山公園のなぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寄り道 大阪城ラン | トップページ | 吉田君と鶴山公園のなぞ »