« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

津山つづき

追加
↑津山城址は階段も急で荒々しいままでした。手すりとか何もないので、上る時はまだいいけど、降りるときは結構怖い。公園内にミニ動物園! 紅葉が少々。やはり桜のころを見たい。
追加
追加
追加
↑リトファンのお料理です! おいしくてお腹いっぱい。混んでいる時間帯にぶつかってしまってすみませんでした。

そのほか津山で食べたのは、津山名物「ホルモンうどん」。味噌味でなかなか美味。店によって味が違うらしい。
とり姫で鳥料理。クリスマスのローストチキンは絶対おいしいと思う。
鶴山公園近くの津山観光センターで、津山近辺のお土産をいくつも購入。観光センター横に食堂があり、名物「津山ラーメン」なるものを食べる。津山にはラーメン屋さんは全くといっていいほど無い。(東京はいたるところにラーメン屋さんがあるのと正反対)なのに、名物なのかなぁ?

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

津山城ランとリトファンのディナー

津山城ランとリトファンのディナー
↑リトファンのデザート。いつもうれしい盛り合わせとメッセージ。

まず、朝は城回りをジョギング。あくまでも城址公園なので、堀が残っていなくて、街中をランニング。津山の町はジョギングしている人がちらほら。名古屋も姫路も平らでしたが、ここは若干の起伏あり。もちろん多摩の起伏のほうが激しいですが。

シャワー浴びて着替えてあらためて鶴山(かくさん)公園へ。

| | コメント (0)

温泉へドライブ

温泉へドライブ
↑いよいよ目的地の津山へ。「JR」の文字の上には在りし日の津山城の絵が。もし取り壊されずに残っていたら、姫路城に負けない立派な城だったに違いない。
温泉へドライブ
↑アムールアリエでランチ。ほうれんそうのクリームパスタと自家製パン!
温泉へドライブ
↑デザートもとてもおいしかったです。ごちそうさまでした。
温泉へドライブ
イタリアンで腹ごしらえしてから、借りていたレンタカーで娘と一緒に湯郷(ゆのごう)温泉へ。透明な湯でした。
平日のためかこちらも混んでいなくてのんびりできました。津山から車で40分くらいでした。これで美作3湯をふたつ制覇!

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

昼過ぎまでゆっくり観光

昼過ぎまでゆっくり観光
昼過ぎまでゆっくり観光
昼過ぎまでゆっくり観光
昼過ぎまでゆっくり観光
昼過ぎまでゆっくり観光

昔の日本人は健脚だったんだなぁ、と城に行くと思います。
急な勾配の坂道、段差があるうえ手摺りもない階段を普通に利用していたのだろうから。
そびえ立つ白鷺城を見ながらランチ。

泊まったところは小さいビジネスホテルだったのと、観光地のせいで、ホテル満室。女性向けプランを売り出しているホテルらしく、女性客が多く、私より年配の女性の一人旅の方がいらして、しかも夕飯をたんまり残さず召し上がっていて、その姿を見たら勇気が出た。
姫路城となり、好古園の紅葉が見事でした。

| | コメント (0)

2つめの城ラン

2つめの城ラン
↑そびえたつ白鷺城はどこからでも見えやすい。
2つめの城ラン
↑所要時間約1時間30分とありますが、さっさとショートカットすれば1時間くらい? 私はゆっくり見たので2時間かかりました。かなりな階段なので、天守閣へたどり着く前にへたばって座り込んでいる観光客も。
2つめの城ラン
2つめの城ラン

いつも新幹線で姫路駅を通るたびに見ていた姫路城。平成の大改修が始まってしまう前に、と思いここでも途中下車。
姫路城は日本が誇る世界遺産なので、観光客でごった返す前の朝食前にランニング。
走っている人よりウォーキングしている人ばかりでした。
観光地も早朝の開門前だとすいているので、ゆっくり走りながら観光。
城の回りの公園内の道が広めで平らなので、ランニングにオススメな感じでした。

ホテルに戻り、シャワーをあびて朝食をとり、チェックアウト後も大きい荷物だけ預かってもらい、再び城の観光へ。観光バスが次々着いて、団体客がたくさん来る。
地元小学生の団体も着ていました。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

源氏物語絵巻@徳川美術館

源氏物語絵巻@徳川美術館
↑徳川美術館入り口。今年の目標地点のひとつ。ようやく来ました!
源氏物語絵巻@徳川美術館
↑徳川園内の橋と紅葉。

いよいよ今年のメイン、源氏物語絵巻を観ました。
(補足情報。えらべる倶楽部のHPでは、徳川美術館の割引はあったのですが、徳川園の割引情報がありませんでした。美術館だけの割引(1200円→1000円)でもいいか・・・と、クーポンを印刷していったのですが、美術館の窓口の方が「徳川園も行かれますか?」と聞いてくれて、クーポンとえらべる倶楽部の携帯会員券を見せたら、徳川園とのセット券(1150円)にしてくれました)
源氏物語は読破し、内容はバッチリ。ボランティアの方の解説がとてもわかりやすく聞きやすくて、観覧が楽しめました。
朝から出かけたのに、美術館はとても見応えがあって、さらに徳川園も紅葉を見ながらゆっくり散歩していたら2時を大幅に過ぎてしまい、ランチ時間を逃してお腹ペコペコで文学の道を散策。
ランチ時間を過ぎると、中休みに入ってしまう店が多くて、空いてる店はあんかけスパの店ばかり。もうしょうがない、次に見つけた店に入ろう、と決心して歩いていたら、見つけたのはやっぱり、あんかけスパゲティー!食べてみたら、甘いのかと思っていたけど、逆で、塩からかった。

ホテルに戻り、チェックアウト後も預かってもらっていた荷物を受け取り、次の目的地へ向かったのでした。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

城ラン旅行 その1

城ラン旅行 その1
↑大須でランチ。真のナポリピザの店なのにたいへん入りやすくて庶民向きのお値段!近所だったら毎週行きそう。昼時でしたが平日のためか、あわてずゆったり過ごせました。
城ラン旅行 その1
↑大須の商店街にあった名古屋弁の垂れ幕。アーケード付の商店街。古い店と新しい店が混在している。
城ラン旅行 その1
↑交差点の真ん中上方につるさがっていた信号機! どこを見ていいのか慣れていないとわからない!
城ラン旅行 その1
↑商店街で見つけたマイキー。両側にパパとママもいました。
城ラン旅行 その1
↑ライトアップされた名古屋城を見ながら、城ラン決行。

無事出発しました。
新幹線で名古屋着。まずは夜泊まるホテルに大きい荷物を預ける。部屋には入れるのは15時以降だけれど、チェックインは先にできますとのことでチェックイン。身軽になってから、地下鉄で待ち合わせ場所へ。名古屋は地下街もおもしろそうだし、地下鉄も発達してる! Suicaが使えないのがちょっと不便だけど、名古屋の人はSuica使えなくても当たり前だと思っている様子。
久しぶりに会った友人とPizzaランチ。その後、大須の商店街をぶらぶら。見て歩くだけで楽しい。初日なのにすでにおみやげをあれこれ買ってしまう。
夜から明日朝は雨の予報だったので、早めに夕方のうちにランニング。名古屋城周りよりも、名城公園のジョギングコースを走る人がとても多かった。土のコースなので脚にやさしい。
夕飯はもちろん味噌煮込みうどん。ご飯も、お漬物もお代わりして堪能しました。
街のあちこちがライトアップされていて、きれいでした。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

修理中&旅支度

auショップはやはり混んでいて、というか、待っている人の数はそんなではないけれど、一人当たりにかかる時間が長いから、順番が次になってからもかなり待ってしまう感じ。しょうがないですが。
で、充電がやはりちゃんとできていないようだとのことで、修理に預けました。
代替機に同じ型の色違いの電話機を貸してくれて(違う型を貸してくれたら、他のメーカーのマシンが試せて面白いかも・・・と思っていたのですが、多分使い勝手が違わないように同じのを貸してくれたのだと思います)、最低限のアドレス帳とお気に入りをコピーしてもらってきました。
「安心サポートプラン」というのに入っていたので、マシンの修理は無料、もしくは最大限かかっても貯まっているポイントでまかなえる範囲で済むという。うまくしたらリフレッシュという名のマシンそっくり取替え?
世間は連休中なので、いつ修理から戻ってくるか、連絡待ちです。

で、いよいよ旅行出発までカウントダウン! 友人に会う約束もできたし、体調もまずまず。
今回は、娘のところでレンタカーを借りる予定なので、JRのレール&レンタカー「トレン太くん」を利用することに。乗車券が2割引、のぞみ以外の新幹線特急券が1割引。乗車券は普段どおり700km超の距離なので5日間有効。途中途中寄り道してお泊りしながら目的地へ5日以内に着けばOK。帰りは深夜バスの予定。
気ままに当日乗れそうな時間の切符を買う、という自由は今回ないけれど、逆に座席が確保できているので、始発の東京からではなく、近くの新横浜から乗ります。
問題は新幹線の時間に間に合うように早起きできるかどうか、ですcoldsweats01

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

またもや携帯電話修理行き・・・

だいぶ前に、充電中の携帯電話をACアダプタごと机から落としてしまい、さらにアダプタのコネクタ部分を踏んで破壊してしまい、コネクタが変形し、充電時にカチッとはまらない状態になってしまいました。
以来、だましだましコネクタを押し込んで押さえながら充電をしていたのですが、ついに充電してもすぐに充電中の赤いランプが消えてしまい、おまけにつけていたはずの本体の電源も消えてしまう状態に。電源をつけてみると、一応電池残量表示は3本棒がついているが、半日としないうちにすぐ棒1本の電池残量になってしまう。
残量が3本表示でも、「電池切れ 充電してください」と表示が出て、電源が落ちてしまうことも2回。

まずは貯まっていたポイントでACアダプタをゲットし(auショップですぐ引き換えてくれました。900ポイント)、さっそくちゃんとカチッとはめ込んで充電を始めるが、1時間もしないうちに、また赤ランプが消えている。やはり携帯の電源も落ちている。

今朝とりあえず充電して、携帯を持って出かけたら、かばんの中に入れていて使っていないのに、昼過ぎにはすでに残量1本でやがて電源オフに。
これは重症・・・やはり、落として踏んづけた時点でショップに持ち込むべきでした。毎年この時期に携帯の状態が悪くなるのはなぜだろう。やっと丸2年たって、シンプルプランに変更したばかりなのに。しかも、来週から旅に出るのに携帯が常に電池切れじゃあ、写真も撮れないし、向こうで会う友人とも連絡がとれない(泣)。

というわけで、修理に出すことに。新品の電池パックに変えてみようかと思ったのですが、電池パックはauショップに在庫がなく、取り寄せに1週間ほどかかるというので。
おさいふケータイの、SuicaとEdyは残額を使い切り、Suicaは機種変更→情報を保存してから、Edyは情報を削除してから、おのおの前回のようにアプリを削除。1年前と違ったのは、エディのアプリがヴァージョンアップしたせいか、「会員情報削除」が「登録情報削除」に変わっていたことと、エディでTポイントを貯めるように「T-POINTアプリ」を入れていたので、念のためそちらの「簡単ログイン」を解除して、アプリの登録情報を削除。アプリは消さなくても大丈夫そうなので、そのまま。
前回手を焼いたクイックペイは進化していて、「QP設定アプリ」(古かったのでまずバージョンアップした)→「機種変更」→パスワードを設定して確認→受け取りIDをメモする、で情報の引継ぎができるようになっていました。期限が2ヵ月後の末までと限られてはいますが、以前のように、いつかけてもつながらない有料電話に電話をしないといけないかと思っていたので、かなりほっとしました。で、この作業後、QPの登録情報削除後、アプリも削除。昨年のココログに書いておいた覚書がめっちゃ役立って、今回は数分ですべて完了。

問題は、携帯がすんなり直るかどうかと、修理費用がいくらかかるか。新品を買ったほうが安ければ買い換えるけど、今、携帯電話は4~5万円もするからなぁ。とても新製品は手がでません。とりあえずショップが混んでいませんように。

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

皇居ランデビュー&相田みつを美術館@東京国際フォーラム

先日のお休みの日、天気予報が「午後から雨」だったので、早起きして有楽町へ出かけました。メインの目的は、相田みつを美術館だったのですが、鑑賞は雨でも大丈夫なので、まずはいよいよ満を持しての「皇居ランニング」に出発しました!
美術館のある東京国際フォーラムにはコインロッカー(Suicaの使えるタイプも!)がたくさんあるので、そこへ荷物を預け、ビルの谷間の広場でストレッチ。二重橋まで一直線に通りをウォーキングしながら内堀通りへ。

↑走り始めた二重橋から、反時計回り向きに。曇天な上に気温も低かったので、ランナーは少なめでした。寒かったけど、cx-wのアンダーとジャケット&パンツだけで、走り始めたら十分でした。

↑後ろを振り向くと、遠くに東京タワーが。皇居を訪れている観光客がさかんにカメラを向けていました。

↑路上に点々と都道府県を記したタイルがあり、二重橋から走り始めるとちょうど北海道が最初。タイルの県名を見ながら、日本縦断していく感じ。近畿あたりで半分かな、とか、九州に入ったからもうすぐ1周だな、とか、目安にしました。

皇居1周の約5キロが走りきれる自信がついてから来ようと思っていました。走ってみて無理だったら歩けばいいや、もっと無理だったら地下鉄の駅がそこここにあるので、地下鉄で帰ればいいや、と開き直ってゆるゆると出発。走っている他のランナーにはもちろん次々と抜かれましたが、初参加なのだし、あせらずマイペースでゆっくり走りました。
道を迷わないか不安でしたが、全く心配なし。地図で観て不安だった竹橋は全く大丈夫だったし、唯一角を曲がる桜田門も、他のランナーがどんどん吸い込まれていくので、後をついていきました。中には桜田門前を、門をくぐらずにそのまままっすぐ堀沿いに走っていく人もいたので、別にそんなに気にしなくてもいいのかも。
高校時代によく通ったあちこちの風景の断片が、走っていくうちにつなぎ合わされて、懐かしかった。堀端は風が強かったけれど、視界が開けてとてもきれいで気持ちいい。

で、あっという間の1周。起動させていたRun&Walkのタイマーを見るとなんと33分台。(ちなみにGPSはやはりからきし信用できない。二重橋前でのアプリ起動時にすでに1.9キロと表示されていて、電車に乗っていたはずの新橋近辺からカウントしてしまっている。確か新橋あたりでメールが届いたのでそのせいかもしれない)
普段の練習時には30分で4キロ走るのがやっとだったのに。
体も疲れていない、足も痛くない、せっかく電車にまで乗ってきたし、雨もまだ大丈夫・・・と判断し、2周目に突入。道のりがわかったのできっと2周目のほうがラクだろう、という読みがあたって、無事2周完走。タイマーは67分台。すごい、ゆっくり走ったはずなのに自分の新記録です。


↑東京国際フォーラムにある「ごはんcafe」でランチ。走ってお腹空いてるから、ご飯も味噌汁もお代わりできるのが決め手に。ほかにもたくさんレストランあり。近隣のビルにもたくさんテナントがあるので、ショッピングやご飯に迷ってしまうほど。

さていよいよ本来の目的の(←本当か?)相田みつを美術館へ。
トイレのひめくり「ひとりしづか」でなじみの言葉や書をゆっくり見ながら過ごす。平日の昼過ぎだけど、結構混んでいる。気持ちもなんだかゆったりする。

後はお約束のイデミスギノでケーキ&コーヒー。(クリスマスケーキ(ムース)の予約受付についての案内が張り出されていました。なんと1つ7000円)
さらに新橋けいきゅうのドンクでパンを買い、帰宅。太ももに心地よい疲れ。
きわめつけに多摩センター・極楽湯で疲れを癒す。

いい休日でした。俄然レースのやる気が出てきたし。
来週は、いよいよ近畿・中国地方「城ラン」の旅にもデビューです。
天気がよくなりますように。あと、体調が悪くなりませんように。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

テニスグッズとジョギンググッズの違い

今日も雨で、テニスもジョギングもできず。ひざはちょっと違和感を感じることがまだあるけれど、走っているときや走った後のほうが調子がいい。

さて、「テニスウェアとジョギングウェア 違い」で検索している人がいたので自分の感想を。極力自分の持っていたテニスグッズを利用してジョギングを始めましたが、どうしても必要なものがあったので。

テニスシューズで走るより、ジョギングシューズで走ってください! もう全然足に対する負担と安心感が違います。
ウェアは、機能性アンダーや速乾性シャツなどはテニスのもので十分だと思いますが、ジャケットとパンツはランニング用のものがいい気がします。
何が違うかというと、テニスは汗をかいてきたらジャケットは脱ぐし、シャツも濡れたら着替えるし、雨が降ってきたらやめちゃう。でもランニングは、ずっと着たまま走るし、雨でも走る。テニスのジャケットで走ると、汗がどんどんジャケットに染み出してきて、濡れてきて、不快な感じになる。ランニング用のジャケットだと、不思議に汗が染み出してこないし、蒸れにくい。さらに撥水加工してあれば少々の雨なら気にならない。そして、軽い。
サンバイザーや帽子は今のところ共用。でもレースに出て時間を競うようになったら、軽いランニング用の帽子がほしくなるかも。
靴下はランニング用を買いました。はいたら違う。土踏まずがきゅっとしまっていて気持ちいい。

次の休みは晴れてほしいなぁ。

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

今日もお買い得

今日もお買い得
バイク用のレインパンツが破けてしまったので、新調しました。私は小柄なので、男女兼用サイズだと大きすぎていつも困っていました。
と、アウトドア用品店に女性用レインウェアがたくさんあるとの情報を聞き、早速モンベルのアウトレットでゲットしてきました!
女性用Sサイズも揃っていて感激でした。

膝はずいぶんよくなった感じなので、少しずつジョギング再開しました。
日曜に途中休みを入れて往復8キロ、今朝は来月の5キロレースを視野に入れて連続で5キロ。
週2〜3日、5キロペースくらいで様子を見るつもりです。
合間にテニスしちゃってますが。

贅沢してサンタンドレチーズと、サルウ゛ァトーレのピザで休暇を満喫。
Michael Jacksonの映画『This is it』も見て来ました。すごくよかった! もう一度見たい。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »