« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

松山城

松山城
松山城
松山城
天気予報通り寒い朝。朝早くから道後温泉の商店街は人が結構買い物している。
1DAYチケットを坊ちゃんショップで買って市電に乗って、雨の降り出す前に松山城へ。
ロープウェイで案内を聞きながらあっというまに到着。急な傾斜を登りながら、昔の人の健脚を思う。
はからずも雲がきれて陽がさしてくる。
城の機能や松山の歴史をにわか勉強。

お土産やさんにはご当地キティちゃんやケロロ軍曹に混じってみかんを持ったゴレンジャーが! そういえば松山で闘った回があったっけ。他のご当地もあるのだろうか?

| | コメント (0)

乗りテツ本領発揮

乗りテツ本領発揮
乗りテツ本領発揮
乗りテツ本領発揮
松山の路面電車といえば坊っちゃん列車。おもちゃの電車みたい。1両には15人も乗ったら満員になるほど。乗ってしまうと煙りをはいて走る姿は見えないので、街中で走る姿を見るほうが楽しいかも。
終点では人力で車両を付け替える作業が見学できる。
路面電車はカーブが多く、電停同士の距離も短いため、揺れが激しい。
1DAYチケットを買ったので、もっぱら路面電車を利用したが、バスより頻繁に来るから本当に便利。
道後温泉も、大街道も、商店街が元気なのがうらやましい。

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

道後温泉本館

道後温泉本館
道後温泉本館
市電で道後温泉へ。山手線なみに頻繁に来るので、乗り遅れてもすぐ次の路面電車が来る。便利。
古い車両と新しい車両が町をともに走っている。次はどんな車両がくるか楽しみ。
どの車両の中にも、観光俳句ポストという俳句を投稿できるポストが置かれている。新車両にも市民が投稿したらしいいろいろな言葉が掲げられている。町全体に今も子規生きているというのはこういうところではないか。
運賃箱はおつりが出ないので、小銭を用意しておいたほうがよい。電停に着いてからみな席を立って前の出口へ向かうので、広島の時みたいに慌てなくてよいのも安心。

ホテルに荷物を置いて、道後温泉本館へ。金曜夜7時、霊の湯のみならず神の湯もすいていました。神の湯のほうが見所多い。お湯は透明、サラっとしている。
湯屋を出ると外は寒い強い風。ホテルで夕飯のあと、ホテルでも大浴場へ。こちらもすいていて、ほとんど貸し切りでした。
翌日は道後、松山をあちこち観光の予定を立てていたのですが、天気予報は曇りのち雨か雪。最高気温4度。
東京より寒そう。

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

乗りました

乗りました
乗りました
乗りました
乗りました
岡山で乗り換えて、四国JR初乗車。
岡山ですでに曇り空。
途中アンパンマン列車とすれ違う。
特急そよかぜで3時間。松山着。小雨。
駅前から市電に乗って道後温泉へ。
暖かいところへ旅行に出たつもりが、東京よりぐんと寒いところに着いてしまいました。

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

今年も旅に出ました

今年も旅に出ました
今年も旅に出ました
今年も旅に出ました
今年も旅に出ました
急に連休をもらえたので、計画をねってまたまた乗りテツな旅に。
今回もVIEWカード会員専用予約電話、とれTELを大活用。
インターネットのえきねっとではわからない&予約できない寝台列車の個室空き情報が聞けるのが何より! あとは乗り換え情報や、臨時列車の情報、割引の案内なども聞けたので今回のとれTELは大満足。予約作業もとてもスムーズ。
VIEWカードはモバイルSuica用に作って普段はほうってあるのですが、意外なところで重宝でした。

ちょっとザンネンだったのは、いざJR東日本のみどりの窓口で予約のチケットを買おうとしたとき。カードを出して、
「とれTELで予約している切符を買いたいんですが」と言うと、
「えきねっとですか?」
「いいえ、電話のとれTELのほうです」
「プッシュホンですか?」
「・・・・・・えきねっとみたいなもんです」
自分とこのサービスくらい知っててよって思いました。
その窓口の方は若い女性、爪が長い。でも画面のタッチ操作がめちゃくちゃ早い。
私はパート先で接客は爪を切るように、マニキュアもダメ、と普段言われています。長かろうが、ごてごて塗りたくっていようが、仕事が見事にできればそんなことは関係ない、とも思ってたので、この方の操作振りに見ほれていました。
が、受け取った切符は確認したにもかかわらず乗り継ぎ割引(四国内の特急とサンライズ出雲を四国内で乗り継ぐと、新幹線と特急列車のように特急料金が割り引きになる)が忘れられていて、もう一度窓口で発券しなおす羽目に。
こうなると、やはりあの爪はだめだなぁ、と思われて損ですね。

時期まさにインフルエンザと風邪の流行る中、連休までに体調を壊さないことが第一。
旅行先で風邪ひかないようにダウンのコートも準備。

まずはまだマイブームの続いている名古屋へ。
出発の朝、東京は雨だったけれど、のぞみで名古屋に着くと晴天で暑いほど。
ルーセントビルまで繋がる地下道がとても遊び心にあふれていて、名古屋の地下街としての力を見せつけられました。ルーセントビルのデザインもきれい。

この後、あたたかいところへ旅立つはずが、…つづく

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

新年初笑い?

新年初笑い?
謹賀新年。

パート先で加盟している「えらべる倶楽部」で申し込んだ、ルミネtheよしもとの観覧に行ってきました。
貸し切りでいつもとちょっと違う雰囲気。妙な一体感がなかなかよい感じでした。
特別に抽選会もあり、息子がよしもとグッズ詰め合わせを見事ゲット。写真の人形焼ほか、キャラタオルとストラップも入ってましたが、グッズはお笑い好きの娘にやることに。
忙しい中付き合って観覧してくれた上に、妹にあげようと言い出すなんて、ずいぶん成長したなぁ。

帰りはルミネ1寅福で定食。meshimaseレストラン街はランチタイムが16時までの店が多いので、遅くなった昼食には便利。
本屋さんでは、『源氏物語七』と『毎日かあさん5』を買う。
今年の目標は瀬戸内寂聴さん訳の源氏を完読すること。前半はなんとなくあらすじを知っていたり、漫画で読んだことがあったりするので、あえて六の若菜から読み始める。ちゃんと読み進めるか心配だったけど、六はあっさり休日丸1日で読破。結構すらすら読めて、しかもおもしろい。
こんな昔から、人の気持ちや悩みや行動は変わらないのだなぁと思うし、そういった長編物語を書き綴る著者の筆力にも、そしてこの物語が現在に残っていることにも驚き、感動してしまいます。
西原さんは「脱税できるかな 」が私の昨年の大ヒット。
できるかなV3 (角川文庫)(←これに収録されています)
「毎日かあさん」にはまいりました。泣ける育児漫画。自分の育児中にこんな本がほしかった。

ということで、今年もよろしく。

追記
チューリップの芽が出始めました。
あと、連休もらえそうなんで旅行計画中。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »