« 再起動頻発 | トップページ | ついでにテニスのことも »

2008年3月17日 (月)

選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります。

「Windowsインストーラ」のエラーが出ましたsweat02

「プログラムの追加と削除」でアドビリーダーを削除しようとすると、「Adobe Reader 8.1.2」の項目はあるが、頭についているアイコンがアドビマークではなくて、パソコンのインストーラのマークになっている。
しかしそれしか項目がないので、「Adobe Reader 8.1.2」を選択して削除しようとしたら、

『Windows インストーラ』
 「選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります。
  [OK]をクリックして再実行するか、インストールパッケージ'AdbeRdr812_ja_JP.msi'を含むフォルダに対する代替パスを以下のボックスに入力します。」

のエラーで削除ができない。

あれこれ試したのですが、さっさと結論を言うと、以下の「Windows Installer Clean Up」の作業で以前は直りました。
現在は以下の方法はとれないです。その代わり、各社、このエラーに対応するFAQを用意し始めているので、まずは、今アンインストールできないソフトのメーカーのヘルプやサポートにあたってください。

起動時のエラーの場合は、こちらを参考にできます。アドビ社の公式ヘルプです。
起動時に「選択した機能は現在使用できないネットワーク リソースにあります」(Windows Journal ビューア)が表示される

http://kb2.adobe.com/jp/cps/223/223366.html

-----------------------------------------------

以前の方法は以下のページにありました。

「"Windows Installer Clean Up" を利用したトラブルシューティング」
http://support.microsoft.com/kb/833594/ja

実はこのページはマイクロソフト社によって書き換えられてしまい、現在「Windows Installer Clean Up」のソフトは配布されていません。その理由は上記のページに書いてありますので、必ず読んでください。
このトラブルシューティングのページのリンクをたどると、次のツールが見つかります。

診断ツール Fix it : 自動的にプログラムのインストールおよびアンインストールの問題を診断および修復する    
http://support.microsoft.com/mats/Program_Install_and_Uninstall/ja

私自身は、この表題のエラーはもう最近起こしていないので、この診断ツールは使ったことがありません。使う際はツールの説明をよく読んでください。

------------------------------------------------

以下は以前の記述の記録として残しておきます。

読んだ上で、それでも「Windows Installer Clean Up」のソフトをどうしても自己責任で利用したい場合は、ここから入手できます。
「⑤ 「Windows Installer Clean Up」プログラムのダウンロードとインストール」(FUJI XEROX beat お客様サポートサイト内)
著作権の問題が出てきそうなので、リンクは貼りません。検索して探してみてください。(ただ、サイトの説明では、予告無くページが変わっていることもありそうです)
追記:富士ゼロックスさんのサイトからもどうも消えてしまっているような感じです。「Windows Installer Clean Up」で検索すると、フリーソフトのページでいくつかヒットします。

おかしな状態で残ってしまっていたアドビリーダーのインストール情報をWindows Installer Clean Upで削除。
(上記の富士ゼロックスさんのページは「CA製品と分かるソフト名が書かれてる項目」を削除するように説明してあります。これは、このページが「CAインターネットセキュリティスイート」等のソフト使用時のサポートページのためです。なので、現在トラブルを起している(削除のできない)ソフトの項目を選択して削除する、と読み替えてください。私の場合は、「Adobe Reader」)
さらに、スタートメニューと「すべてのプログラム」内に残っていたアドビリーダーのショートカットを右クリック→削除。ホントはいけないんでおすすめしませんが、Programフォルダの中のAdobeフォルダ内のAdobe Readerフォルダをとりあえずゴミ箱へ移動。あらためてアドビのサイトからリーダーをインストール。完了。
ソフトをこれ以上入れたくなかったのですが、このクリーンアップソフトは軽くてインストールも操作も簡単でした。

余談 ↓のページの説明は、図入りでとてもわかりやすかったです。
「Windowsインストーラ起動時のエラーを解消する」
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/699winicu/winicu.html

アドビリーダーは校正にかなり便利なソフトなので、使えないのはやはり困るのです。
最悪OSの再インストールをしなければいけないかと思っていただけに、上記の案内に助けられました。感謝。

以下は、どうしてインストールができなくなってしまったかの経緯です。興味のある方は読んでね(長ったらしいです)。ちょっとは参考になるかも(こういうことはしちゃいけない、と)。

もともとは、インターネットエクスプローラー(IE)の調子が悪くて、インターネット接続の速度はそれなりに出ているはずなのに、IEの画面の表示がすこぶる遅い、という症状でした。
この原因のひとつは、ツールバーだと思います。
「Googleツールバー」
http://toolbar.google.com/T4/intl/ja/index_pack.html
現在使っているパソコンには、買ったときからGoogleツールバーがIEについていて、もちろん自分ではずしたり削除したりすればいいのですが、校正の仕事の中で、インターネットを事典代わりに検索するので、検索のツールバーはものすごく便利だったためそのままにしていたのです。
(以前ヘルプデスクにいた時も、ツールバーがらみのエラーは多かったので、当時は「トラブルを解決するにはツールバーをやめてみてください」と答えていました)
「その他の問題: Internet Explorer が遅い」
http://www.google.com/support/toolbar/bin/answer.py?answer=9155&topic=11790

もうひとつ考えられる原因は、ウィルス対策ソフトの影響です。
サイトがらみのウィルス進入などを監視するために、ページを表示するたびに監視作業を裏側でしてくれているわけで、そのためにパソコンを長時間使っているとだんだん動作が遅くなっていくのではないかと思っていました。

なので、時々パソコンを再起動させながら使っていたのですが、ある日ついにあまりの表示の遅さに業を煮やして、XPの復元をしてみたのです。
「システムの復元を使用して Windows XP を復元する方法」
http://support.microsoft.com/kb/306084/ja
これが大失敗。
結局もっと調子が悪くなり、復元の取り消しをするはめに。
そうしたら、自動更新をしていたアドビリーダー(Adobe Reader)が立ち上がらなくなってしまいました。
何かのファイルが見つからないので開けません、というような英語のメッセージが出て、pdfファイルが開けない。
では、あらためてアドビリーダーをインストールしようとすると、すでにソフトが存在するのでインストールを中断します、といったメッセージでインストールができない。
「プログラムの追加と削除」でアドビリーダーを削除しようとすると、「Adobe Reader 8.1.2」の項目はあるが、頭についているアイコンがアドビマークではなくて、パソコンのインストーラのマークになっている。
しかしそれしか項目がないので、「Adobe Reader 8.1.2」を選択して削除しようとしたら、今回のエラーになった、というわけです。
 
もともとのIEの調子はどうなったかというと、校正の仕事がひと段落ついて今回のトラブルが解決するころにはすっかり速さを取り戻しました。
たんなる忙しさへのストライキだったのか? どうして仕事で忙しくてパソコンを使いまくるときに調子が悪くなって、オフの日には調子がいいのかなぁ。

追記:マイクロソフト社のページが変わってしまったので、少し編集して追記しました。パソコンにトラブルはつきもの。調子悪くなって、OS再インストールするたびに、スキルがあがる勉強ができたと思い込みましょう。

|

« 再起動頻発 | トップページ | ついでにテニスのことも »

コメント

突然失礼いたします。

私も同じ症状に悩まされて色々調べていたのですが、
Windowsビューア関連ばかりで泣きそうになっていたところ、
こちらのページに辿り着きました。
baku様のおかげで、無事にPDFが開けるようになり、
ほっと一安心しているところです。
貴重な情報のご提供に感謝いたします。

一言お礼が申し上げたかっただけですので、
もちろんご返信にはおよびません。
本当にありがとうございました。

投稿: m | 2009年1月12日 (月) 11時15分

書き込みありがとうございます。
今改めて読み直すとぐだぐだと長ったらしい文章だ~sweat01
お役にたてたのならうれしいです。
このコーナーは「エラー番号:0x800cc0e」に次ぐ人気コーナーなんです。
・・・いちおう、校正とテニスのブログなんですがcoldsweats01

投稿: baku | 2009年1月13日 (火) 11時34分

はじめまして
itunesの途中の事故で
同じような状況におかされていた者です
bakuさんのおかげで
再インストールまで成功できました。
本当にありがとうございました。

投稿: ハヤテ | 2009年12月13日 (日) 11時13分

Windows7 x64で

「選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります。~うんたらかんたら」

のエラーが出てソフトをアンインストール出来ないため、悩んでいました。

で、半ばダメ元でこちらの方法を試してみようとMicrosoft社のHPにいくも、既に削除されていた・・・。しかし、『Windows Installer Clean Up』検索しFujiXerox社のHPで同様のツールを入手。

さっそくインストールし目的のソフトにRemoveを適用したところ見事に削除できました。

その後、先程までエラーでインストールできなかったソフトを再度インストール。

なんとエラーもなく無事インストールできました。本当に助かりました。

未だにWindowsのエラーは突発的に起こるから侮れない・・・。

投稿: 広報部 | 2010年9月20日 (月) 17時26分

広報部さま
情報ありがとうございます。happy01
マイクロソフトのページが書き換わっていたとは! 
注意書きを読むと、「トラブルが起きたときに責任がとれないからソフトの配布をやめました」という感じですね。
「こういうトラブルが起きる可能性がありますが、自己責任で使いたい方は、こちらのソフトをどうぞ」というふうに、リンクを残しておいてくれればいいのに。
というわけで、さっそく、本文のほうの情報を少し書き直しました。
お役に立ててうれしいです。

投稿: baku | 2010年10月 8日 (金) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再起動頻発 | トップページ | ついでにテニスのことも »