« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

家でつくる生のりピザ&パスタ

生のりピザ&パスタ
生のりピザ&パスタ

081←先日見つけた「フライパンで焼くだけピザ生地ミックス 」が、ヨーカドーで期間限定198円だったので、さっそく買ってきて、家でピザを焼いてみました!
具は、サルヴァトーレのランチで食べてすっごくおいしかったので、まねをして生のりをのせてみました!
結果、かなり満足。家でピザが焼けるなんて、すごくうれしい~~

生地は「クリスピー」と書いてあるだけあって、どちらかというとモチモチではなくパリパリ。ナポリ風を目指したので、縁を厚めにまあるくのばしました。
ガスコンロの魚焼きグリル(片面焼き用)を利用。余熱で温めておいて、アルミホイルにオリーブオイルを塗った上に生地を置く。片面ずつしか焼けないので、まず裏側になる部分を1分強焼く。ほんのり色づいて硬くなる程度。片面が焼けたらいったんグリルから出し、生地を裏返してアルミホイルにのせなおし、まだ焼いていない側に具の生のりとチーズをのせ、オリーブオイルをまわしかけて、再びグリルへ。2~3分でこんがり焼けたらできあがり!
写真のように、なかなか本格的なできばえ。焼け始めるとすぐ焦げるので、まめに焼け具合をチェックする必要あり。

残った生のりでパスタも。
オリーブオイルでかたまりのにんにくとさくらえびと生のりを炒め、ゆで汁を少々、塩こしょう。ゆであがったパスタをからめてできあがり。
こちらもあっさり美味。

魚焼きグリルを利用したピザ。おすすめです。釜焼きの状態に近い感じです。

| | コメント (2)

2007年4月24日 (火)

添付ファイル「no filename」が2つ

私は、もう10年以上のPHSユーザーです。パソコンにもつなぐし、メール送受信・通話、web閲覧、別に不自由しないし気に入っているのでやめるつもりはありません。

が、トラブル発生。
現在の機種はWX310SA。
友人夫妻(FOMA利用。多分)から私のPHS宛に届くメールが読めない。
タイトルは読めるが、本文が真っ白で、「no filename」という名のファイルが2つ添付されて届く。
添付ファイルを開こうとそれぞれをクリックすると「表示/再生できません」。
送り主に聞いてみると、別に添付ファイルをつけてはいないし、文字だけのメールだとのこと。

実は彼女からのメールだけがかなり以前から上記の状態で、彼女からメールをもらう時は「件名(Subject)」欄に用件を書いて送ってもらっていました。(件名はちゃんと読めるので)
ほかのDocomoの友達からはちゃんと読めるメールが届くのに変だね~と言いながら。
試行錯誤のあげくに、「no filename」添付ファイルメールを自分のパソコン用のアドレスにそっくりそのまま転送して、パソコンで受信してパソコンのメールソフトで開いてみると、「ATT00300.htm」と「ATT00297.txt」というファイルであることが判明。htmlファイルを開いてみると、ちゃんと本文が読めました。txtファイルのほうは文字の羅列で読めず。
家に居て、パソコンにすぐ転送→パソコンで読む、ができるなら、これでいいのですが・・・

私の端末はhtmlメールには対応できていない。友人に私のためだけにデコメの設定をやめろとも言えずにいたわけです。
彼女は署名が自動でメール内に入る設定をしているので、それが影響するのかも、と言っていました。

いろいろ調べてみたのですが、こんなアナウンスを見つけました。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/deco_mail/about/

インターネットへのデコメールの送信
デコメール対応機種からデコメールをインターネットへ送信した場合、HTMLパート・TEXTパートの両方がインターネットに送信されます。
(ヘッダのContent-Typeはmultipart/alternativeとなり、パートはそれぞれtext/html、text/plainとなります)

まさに自分の状態はこれですよね。
上記のページを読んでみると、どうもデコメ対応携帯を使用している場合、メール作成時に、htmlメールにするかプレーンなテキストメールにするかを自分で設定できるのではなく、作ったメールは一律上記のルールでデコメとして送信しますよ、ということに読めますが・・・。
Internet Explorer の初期設定がリッチテキストなのと変わらない強引さ。だからDocomoキライ。IEは自分で設定を変えられるだけまだましかも。
パソコンにあまりなれない人に、テキスト形式で送ってほしいと言っても、まず意味をわかってもらえないことが多いし、自分のためだけに直せというのもおこがましい気もするし。

たとえとしては全然違うかもしれないけど、車椅子利用者が、店の入り口の幅をもうちょっと通りやすく広くあけてほしい、と思っても、特売品や看板を見えやすくたくさん並べたほうがみんな喜ぶし、入り口が目立ってきれいでしょ? 一日に車椅子のお客さんなんか1人来るか来ないかなんだから、そのたった1人のためになんで看板をどけなきゃいけないの? って言われてる感じ。そんな店だったら働かないし、買い物しないぞ。

さて、以前、1回だけ、仕事先の編集者からのメールが「no filename」で届いたことがありました。
そのメールは、パソコンからの「添付ファイル(Excel)あり」+「htmlメール(文字だけだがリッチテキスト形式)」でした。
そこで、自分のパソコンから自分のPHS宛にいろんなメールを送ってみました。
●テキスト形式のメールに「添付ファイルあり」→本文は読める(添付ファイルは形式によって開けないけれど)
●添付ファイルなしの「htmlメール」→タグの文字羅列が入ってくるが本文の文字情報も入ってくるのでなんとか読める。
●「添付ファイルあり」+「htmlメール」→「no filename」で読めず! 
でした。
例のFOMAからのメールは「添付ファイル(署名)あり」+「htmlメール(デコメ)」に該当しそうです。
署名設定をやめて送ってみてもらうと、よりはっきりするんでしょうが、そこまで頼めないです・・・

余談
以前某所で、連絡先欄に携帯番号を書くことになり、「070-****-****」と記入したら、
「070? 090じゃないの?(ちょっとバカにしたような言い方)」
「(私、ムッとして)070です!」
1時間ほど後、確認の電話らしきものがPHSにかかってきました。ムッとしたままでしたしテニス中だったので、出ませんでしたけどね。

追記
先ほど、ご夫婦そろって、署名なしのメールを送ってくださいました。
結果は、見事普通に読めました!
メールヘッダも「text/plain」に変わっていました。ありがとうございます。
ひょっとして、今日のこのブログを読んでくださったのでしょうか???
お手間かけてすみませんでした。申し訳ない!
トラブルにはココロ躍ってしまう性格なので、解決できてすっきりです。
ん~でも、バッテリーはすぐ切れるし、電波も弱くなってきてるし、そろそろ端末変えどきかも、です。ほしい端末がない・・・(泣)

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

いよいよフルタイム?

人不足と経済的事情で、パート時間が増える見込み。体力が心配。
あとはテニスや校正(本職)との両立がうまくいくかどうか。
レジの仕事は始めてみると結構むずかしいし、接客はなおむずかしい。
せっかく始めたのだから、もう少しちゃんとできるようにはなりたいのです。
始めてからもうすぐ1年。まだまだ研修バッジつけたい気分。

レジでお客様の持ってこられたものをスキャン(バーコードを機械に通して値段を登録する)したあと、別のカゴに品物を入れ換えるときに、平べったいもの、小さいものは隅に入れないように!
お客様が自分で袋づめされるときに、カゴの脇に平べったいものがぴったりくっついて置かれていると、見落としてカゴの中に忘れ物として残ってしまうケースが多いので。
ふりかけとか、パックされている大葉など。
それから、よくある忘れ物はアボカドとイチゴ。たぶんつぶれないように、最後に袋に入れようと思ってサッカー台の上に置いてよけておいて、袋に入れ忘れてそのまま台の上に置いて帰ってしまうようで。
発見された忘れ物はサービスカウンターでお預かりしていることも多いので、ダメもとで問い合わせてみてください。

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

ぐりーんうぉーく多摩

ぐりーんうぉーく多摩
ぐりーんうぉーく多摩

4月18日にオープンしたので、早速行ってきました!
平日なのに人と車でいっぱいでした!
駐車場がけっこういっぱいで、出入り口はやや渋滞気味。誘導係の方がたくさん。
昼時だったためか、飲食店どこも混んでました。ふきっさらしなので、店の外で待つのはまだちょっと寒そう。
通路も人がたくさん。駐輪場もあちこちにあったので原付OK。
広い敷地に建物が散在しているので、天候が悪い日は店舗間の移動がきついかも。

自分としては、ホームファッションニトリがおもしろかったです。
http://www.nitori.co.jp/
大塚家具では高級すぎて手が出ない、ホームセンターの家具では味気ない、という層にいい感じ。たくさんあってしかも安い! デザインもシンプル。
衣食住で言ったら、自分の比重は絶対「食」だと思うのですが、「住」の物欲をそそられましたね。

スーパーマーケット「ベルク」も探索。どうしても値段とかパート先と比べちゃうなぁ。
あと、惣菜とパン屋さんのパンも偵察。
レジの人の手順とかやっぱり見ちゃうなぁ。
「フライパンで焼くだけピザ生地ミックス」なる粉を発見。
http://www.himawarinet.com/ss_co/goods.cgi?m_id=81
近所で見たこと無い! ピザブームの私としては、すっごく悩んだけれど今回は我慢。
でいうか、ランチで至福ピザ食べちゃってたので。次回買ってみたい。

ホームセンターコーナンではラッピング教室で使う両面テープと家で切らしていたセロテープを購入。両面テープだけでもすごく種類があった。
広すぎてほしいもの探すのがタイヘン。

ヤマダ電機の2階には本屋さんもあり。でも、これってどういう見せ方をしたいの?っていうような平台の並べ方あり。電気屋さんとしては向かいにK's電気もあるので、競争していいサービスを安く提供していってほしいです。

スポーツDEPO内、ゲージがあって、ラケットとバットの試打ができるらしい。ラケットは試打借り出しも。

思っていたよりおもしろかったですよ。もうちょっと個性、っていうか、ここにしかない、ってものがあれば、もっと来たくなるような気がします。

| | コメント (1)

2007年4月17日 (火)

この春のチャレンジ

このところ過不足で頭を悩ませていた原因のひとつは、お金を授受する仕事というのに慣れていないせいであります。
接客というか、お客さんからのクレームとか問い合わせとかには自分はわりと強い。と思う。
以前のバイト先でのひどい言われようやクレームのつけられ方に比べたら、今のパート先のお客さんはかわいいもんです。何を言ってこようが怖くない。
でも、人によっては、お客さんとの接し方に悩んでいるわけですよね。接客は奥が深いですし。
幸い、パート先の方針が「お客様第一主義」をかなり徹底してくれているので、お客様本位で解決ができる。これはありがたい。
なにより、お客さんの要望に応えられたとき、「ありがとう」って言ってもらえたときの幸せ感は、接客の醍醐味です。

「クレームについて考えよう!」
http://homepage1.nifty.com/eachtime/howkuremu/howkureindex.htm

このページにはうなずくことがたいへん多かったです。
「どんな小さなクレームも必ずお客様の前でメモをする事をお勧めします」というのを読んで、さっそく実行しようと思いました。

自分は、接客中に電話が鳴っても、そのときしている接客が終わるまで電話には出ないです。電話が鳴り続けるとたしかに気にはなるのですが…
目の前のお客様の接客を中断してミスや不満を出さないことと、とりあえず早く電話に出ることと、どちらがいいのでしょう?

バレンタイン、ホワイトデイ…と経験して、包装がもっと上手に手早くできるようになりたい!と思い、この春からラッピングの教室に通うことにしました。
やはりコツというものはある! 不器用な私がどのくらい上達するか?? 6ヵ月後が楽しみです。

| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

Jensen's Orchard Veggie Chips

141_veggiechip今もっともお気に入りの食べ物。パート先のスーパーで値下げになっていたので買ってみたら、はまってしまいました。
定価で買ったら315円。手が出ません(x_x) が、賞味期限間近のものが、まだたんまりとスーパーの棚にありました!
棚の分を全部食べつくしてしまったら…確実に増量、ですな。

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

テニスと仕事と

女子連、終わりました~
初日は、前日の市民戦(シングルス! こちらは若者相手に厳しい対戦続きでしたが、自分の戦略を貫き通して、ヒートアップしすぎず、相手のミスに助けられて、冷静に勝てました)の疲れをひきずりながらも、快勝の気分がそのままで気持ちよく楽しく勝てた。ミスをしても気にならなかったし、負ける気がしないいい日でした。この気持ちが最終日まで続けばいいなぁと思っていたのですが…
2日目、若者のモダンテニスにあえなく敗戦。まず相手のショットに威力があり、球種も多彩。慣れていない球だった。それを返すのがやっとで、自分のショットを打つとか、自分のコース作りをするとかまで最後まで行かなかった。ファーストサーブも入らなかったなぁ。ファーストボレーもミスが多かった。ああいう雁行でストロークをしっかり打ってきて足元もロブも自在なペアに弱いのを再確認。いつもああいうタイプに負けます。残念。
結局自分の力不足というか、おばさんテニスとは戦えても、若者のテニスに負けてちゃ、大きい大会では勝ち上がれない…若者と練習する機会がなかなかないからなぁ。

パート先では正直に試合があることを話し、休みを申請したのですが、人手不足の折、休みはもらえませんでしたが、夜遅めからのシフトにして対応してくれた。感謝! 「人がいないんだから、テニスなんかで休むな!」とかって言われちゃう職場じゃなくてよかった。
…でも、相変わらず仕事では失敗続きで謝ってばかり。謝ることは苦じゃないけど、どのくらいミスを続けたり、大きな失敗したりしたら、首になったり配置換えになったりするのかと思うと、ちょっと不安。勤めるってやっぱりタイヘン。
本職の校正は、ややペースダウンながらもぼちぼち。依頼が集中してやむなく断ったり、ヒマなのに依頼が来なかったり、あいかわらず不定期。とりあえず毎月仕事はあるのでなんとかこなしています。

次は多摩婦人連の試合に向かってGOです。今回の団体戦の組み合わせは私が考えました。がんばりますよ~。

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

過不足対策つづき

校正の仕事もレジの過不足も同じだと思うのは、人間のすることには必ずミスが起きる、というところ。
レジがどんなに自動化されて、つり銭が自動で出てくるようになっても、人間が関わる部分がある限り、ミスは起きます。これが大前提。その上で、どうやってミスを「減らして」いくか、を考えていきたいですね。

その5:新札はよける
お客さまから新札を出されたら、いつものようにめくって数えるだけではなく、再度1枚ずつはがして数える。新札はくっついてしまい数え間違いをしやすいので、ほかの札と一緒にしまわない。ドロアの仕切りスペースに余裕がないとき、自分は札束の一番下に入れてしまいます。

その6:忙しい時ほどゆっくり
心理的にです。あせらない、ということ。わざとゆっくりするというわけではありません。
あとは、体調に合わせる。今日はなんかダメだな、という日はややスローペースで。調子がよくてのりのりの日は、自然とスピードも出ますから気にしなくて大丈夫。
「バスが来ちゃうから早くして!!」と品物とお金を投げるようにして出して、おつりを早く出せ!といわんばかりに手を出してくるお客様いますけど、気にしないように。気にしてあせると、かえってミスを起こし時間をかけてしまいます。
お客様にお願い~「早くして!」とか言わないほうが早いですから、プレッシャーかけないでください。

その7:ディスプレイの確認
お札や玉は3回確認しても、お預かり金額を打ち間違えたらミス出ます。打ち間違えはディスプレイの確認をしっかりして、おつりを渡してしまう前に見つけたい。
たとえば1020円のお預かりを「1200」とか「1002」とか「10020」とかと打ち間違えてしまうと、おのおの「-180」「18」「-9000」の過不足出ます。やはり9の倍数。
その他によくある打ち間違いは、上下のキーの打ちミスだそうです。
4を押したつもりで、1とか7を押してしまう。
たとえば、4000円のお預かりで7000円と押してしまうとか。この場合、3の倍数の過不足金が出ます。このケースの場合、あとでジャーナルを見れば、「なんで3500円の買い物なのに、7000円お預かりしているの?」とミスが発見できるのですが、2、8のキーを間違えて5で押しちゃった場合は発見しにくいそうです。50円、500円、5000円を預かることはありますからね。

自分が最近間違えそうになったケースは、
・「206円のお返しでございます」と言って手には260円持っていた。
・「504円のお返しでございます」と言ってお客さんに渡したら、「1円多いわよ」と言われ、よく見たら1円玉が5枚あった。

間違いは必ず起きる。人間だから。
間違えようと思って間違える人はいません。
自分の出した過不足金の傾向を見つけて、対策を練りましょう。
身近にいる過不足の少ない人やトレーナーに相談しましょう。
皆通ってきた道なので、解決のヒントをきっと持っています。
次はここに気をつけてみようとか、いままでと違う部分に集中したら結果はどうだろうとか、日々ゲーム感覚で立ち向かうしかありません。
でないと、お金をさわること自体こわくなってしまい、仕事ができなくなってしまいます。
過不足を1週間連続で出さなかったら、ご褒美であれを買おう、とか、過不足を出しちゃった日はデザートを我慢しようとか、私はそんな自分ルールをつくっています。
でないと、たとえ小額でも過不足だしたらへこみますからね。へこむ自分を救済するようにしています。

お客様にお願い。もらったおつりは確認してくださいね。

| | コメント (5)

2007年4月 6日 (金)

過不足対策

レジ仕事につきものの過不足。このところずっと過不足をなくすための対策を考えてみました。
ネットで検索すると、「不足金はレジ係に補填させるようにしたら、過不足が減った」という経営者?サイドの意見ばかり。これは根本的な対策なのでしょうか? 故意に(犯罪です)レジからお金を盗っている人なんて、本当に一握りだと思います。ほとんどの(過不足を気に病んで検索して対策を知りたいと思うような)人たちは、一生懸命仕事をして、すごく気をつけているのに過不足を出してしまい、どうしたら出さなくなるのか、根本的な、そして具体的な方法を知りたいのだと思います。
精神論的なことよりも、対処療法よりも、根本的な具体策。
その1:渡しミス。
110円のおつりの時に100円玉と10円玉を1枚ずつ取ったつもりが、なぜか100円玉と1円玉を取って渡してしまっているケース。
精算すると9の倍数のプラスが出る。
どうしてお客さんが気がつかないのか不思議。
対策は、おつりを渡す時に、今一度ディスプレイと手に取った小銭を見比べること。
1円とかの過不足も、4円のおつりのつもりが、もう1枚くっついて5枚の1円玉を手に取ってしまっている可能性あり。99円のおつり、とか、1円玉が多い時要注意。
その2:途中のトラブル
お金のやり取りをしている途中で、誰かに話しかけられたり、トラブルが発生して金銭授受がさまたげられたりすると、おつりを渡したのだか渡していないのかがわからなくなってしまって、余分に渡してしまったり、渡し忘れたりしてしまうケース。
途中に妨害があっても、金銭のやり取りが終わるまでは絶対に気をとられて中断しないように! これが簡単なようでなかなかむずかしい。
お金のやり取りの経験がある(だろう)お客さんはそこのところがちゃんとわかっていて、作業が完了するまで声をかけるのを待っていてくれたりしますが、全く気にしないお客さんは、レジ係がお金を数えていようがクレジットカードの操作をしていようがお構い無しに途中から割り込んできて「袋がたりないからもっとくれ」とか「駐車券出すの忘れたからはんこを押せ」とか言ってきます。「少々お待ちくださいませ」と言って作業がひと段落してから対応しましょう、過不足をなくすためには。(少々お待ちくださいと言うと、こういう割り込んでくるお客さんはたいてい怒るんですが)
せめてレジ仲間どうしでは、金銭授受の途中には話しかけないようにしましょう。
その3:くよくよしない
結局精神的な何かが集中力を乱すことは確か。しまった!とか、今間違えたかも…って思うと心が乱れ、集中力も乱れ、さらにその後も過不足を連発してしまう。
何か起こっても、すぐ気を取り直して、にっこり笑って気をとり直すことが肝心。
くよくよして、間違いを重ねて、態度もおざなりになって、お客さんから不評をかっておこられたりするのは最悪。
過不足出そうが、誰にもまけないサービスで勝負!とか、読み上げの元気さは負けない!とか、笑顔はぴか一!とか、そういう発想もありかな。そう思うことで、思考がプラスになって、結果精度が上がって間違いが減る。
その4:見間違い
あり得ない…と思っていたけど、何十枚何百枚ものお札を見ていると、1万円札と5000円札を見間違えたりすることがある。ドロアーの1万円札を入れるところに5000円札が入っていた時はゾーっとしました。
お札の絵柄や色を見るのではなく、数字の書いてあるところ(漢字ではなく算用数字のところ)をしっかり見て、ディスプレイと確認するようにする。

まだまだありそうですが、今日はこのへんで。
(「過不足記事まとめ」はこちら→http://kusatennis.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-461d.html

↓↓この記事の下にあるコメント欄にも、過不足例&対策例があります。下も見てね。

校正の見落とし対策も、いつか書きたいなぁ。

| | コメント (4)

2007年4月 3日 (火)

捨てる神あれば拾う神あり

近況をいろいろ。

春の試合シーズンに向けて、テニスの練習で毎日のようにコートに出かけていました。
土日に練習できない分、平日にコートをとって練習しよう!って誘ってくれる友達が続出。ありがたいなぁ。

かたや、いつも校正の仕事を依頼してくれる方からの連絡がぱったりと途絶え(これがフリーの厳しいところでもありますが)、どうしたものかと思っていたところ、他の出版社の方から仕事の依頼が舞い込み、しっかり収入が得られた。こちらもありがたい。
やはり常になんらかのゲラを読んでいないと、自分らしいペースが出てこないのを実感しました。

我慢できなくて、ついに髪を切りました。テニスのときも邪魔だったし、パート先でも、肩にかかる場合は髪を結ぶ決まりになっていて、いちいち髪を結ぶのが面倒だったため(それに髪を結わくとほんとにおばさん臭いのでイヤだったのです)。
美容院に行くのがこれまたイヤで、ついに洗面所で鏡見ながら自分で切っちゃいました。誰にも変って言われないので、まぁまぁちゃんと?切れたのではないかと。

先日の試合では全体の進行が長引いて、このままでは夕方からのパートに間に合わなくなるかも…と心配しながらやっと自分の順番が来てコートに入り、とにかく粘られて長引いたらタイムアップで途中棄権になってしまいそうだったので、早め早めにすぐにコースをねらって攻撃にでたのが功を奏し快勝。試合が終わってから時計を見たら、すでに会場を出発しようと決めていた時刻。そのままパート先に駆け込み、なんとか遅刻しないですみました。
神様が勝たせてくれたような気がしました。

気をよくして、先日来続けて転んで、2本もテニスパンツのひざを破いてしまったので、思い切って試合用にパンツを買いに出かけました。
珍しく車ででかけ、お気に入りのレストランのあるビルの駐車場へ。近所のスポーツショップで奮発してアディダスのパンツを買いました(はきくらべたら、やはりノーブランドの安いパンツより素材がよくて、はきごこちがすごくよかったので)。
奮発しても3900円。お買い得。
帰りにもちろんレストランでランチ。レストランの利用金額によって駐車場を無料サービスしてくれる時間数が変わってくるシステム。よその店で買い物をしたりしてしまったので長時間駐車になってしまい、ランチの金額だけでは駐車料金が全部無料にはならないのを覚悟していたのですが、どうもレストランの方がサービスしてくれたらしく、駐車場の出口で精算しようとしたら駐車料金0円の表示。(レストランの店員さんに、「いつもありがとうございます」って何度も言われてちょっと恥ずかしいくらいだったから、顔を覚えてくれていたのだと思います)
お店の決まりとかから考えたら、きっといけないことかもしれないけど、サービスとしてはこれはすっごくうれしかった。自分が店員だったら、杓子定規に規定の時間数しか割引処理をしなかったかもしれない。負けたって思いました。サービス業って奥が深い。

今日は桜トーナメント(市町村対抗女子団体戦)だったのですが、雨のため延期。おかげでゆっくり骨休めをし、会計監査の仕事も無事終了。
まだまだ試合は続きます。
休み、とれるかなぁ・・・

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »