« ForestMall@南大沢 | トップページ | 実家で一休み »

2007年1月 6日 (土)

ようやく『蛇イチゴ』

今日は雨なので借りてきてあったDVD『蛇イチゴ』(西川美和監督、宮迫博之主演)鑑賞。
『ゆれる』にくらべて物足りなさはあったものの、人の気持ちの隠しておきたいところを表に見せてしまう手法はすでに出ている気がしました。
小学校の学活の時間の場面の終わり方の後味の悪さと真実?
そして、人物の背中の写し方が、肉体の見せ方が、うまいなぁ。
『天使のかかと』でもそう思ったけど、人の背中、それを見ている別の人の目線。余計な説明やせりふなんか必要としない、もうこの画面だけで伝わってくる。
『ゆれる』でも、そういえば、洗濯物をたたんでいるお兄さんの背中、会話の言葉づかい、微妙な間、これも向かい合っていなかった、背中を見せていたっけ。
全編多摩モノレールが出てくるところが、ジモティとしてはより◎。

『ゆれる』は、2月に多摩センターのワーナー・マイカル・シネマズで2週間だけ上映されます。
http://www.warnermycal.com/movie/sakuhinpage/1000902.html
未見の方はぜひ! 
見逃した画面を見るため、私ももう1度見に行きたい、けど、またいやな部分を引きずりだされるかと思うと見るのが怖い、複雑な気持ちです。
なんといっても、2006年に見た映画の中で、自分のベスト1。
気の持ちように決定的な影響を受けた作品。

蛇足:
近所のTSUTAYAには『蛇イチゴ』のDVDが置いてなくて、隣駅の店にもなくて…といった具合に探しているうちに、数駅先まで自転車で出かけてしまいました。
往復2時間のサイクリングで、お正月食べまくって増えた分の体重・体脂肪ともにダウン。

|

« ForestMall@南大沢 | トップページ | 実家で一休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ForestMall@南大沢 | トップページ | 実家で一休み »