« 天使のかかと | トップページ | 年末年始映画三昧 »

2006年12月28日 (木)

ようやく『結ぶ』~小説

ずっと探していた皆川博子の『結ぶ』がもう書店では手に入りそうにないので、図書館の検索で見つけた『皆川博子作品精華 幻妖 幻想小説編』(白泉社、短編集、「結ぶ」所収)を借りてきた。
もとはといえば、恩田陸が『図書室の海』のあとがきの中で、「結ぶ」に触れて絶賛していて、それから探していた。
最初の1行目から物語の核心にいきなり引きずり込まれてしまう。
どの短編も1行目が抜群にいい。
違うって言われそうだけれど、初めて倉橋由美子を読んだときの感じを思い出した。
この1行目のすごさはなんなんだろう。そしてもちろん物語の終わり方も。
昔々あるところに…めでたしめでたし、という起承転結を飛び越えている、それが一気に物語の世界に連れて行ってしまう。こういう小説はすごく好きだ。
ただし寝る前に読むには難だぁ。怖い夢見そう。

あとは、書店店頭で見つけてきた『風の影』(カルロス・ルイス・サフォン)を電車での移動中や、銀行での待ち時間や、お風呂タイムに湯船で読んでいる。
これは少年のミステリー冒険譚。一気に読むのがもったいなくて、少しずつ。少年ものは今マイブーム。
これも違うって言われそうだけれど、『消えた少年たち』(オースン・スコット カード)を思い出した。

あとは『翳りゆく夏』(赤井三尋)をキープ。これも店頭でおすすめコーナーにあったもの。まだ手つかず。

パソコンのプリンタドライバを設定しなおしたり、経費の帳簿を入力したり、なかなか読書までたどり着けないのですが…

皆川博子作品精華「幻妖」―幻想小説編 皆川博子作品精華「幻妖」―幻想小説編

著者:東 雅夫,皆川 博子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

風の影〈上〉 風の影〈上〉

著者:カルロス・ルイス サフォン
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

翳りゆく夏 翳りゆく夏

著者:赤井 三尋
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 天使のかかと | トップページ | 年末年始映画三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天使のかかと | トップページ | 年末年始映画三昧 »