Acrobat X Standard 注釈の文字色を簡単に変更する方法

【追註】(あまりにも検索してくる方が多いので)
「クリックして文書をパン」とは、
AcrobatのてのひらマークTe のこと↓
3

もしくは、こちらへ。
「クリックして文書をパン」

---以下から本文スタート--------------------------

パソコンをWindows7にしたので、アクロバットも買い換えたのです。
試しに使ってみると、(今まで使っていたのがバージョン4という古すぎたせいもあるのですが)使い勝手が違いすぎる!
一番よく使うであろう「注釈」を使ってみると、
Photo_2
注釈内に入力した文字(テキスト)の文字色が赤い。枠の色は右クリックのプロパティで変更できるが、文字色を変更する箇所が無い。校正に使うから赤文字でもいいんですが、疑問事項は青色の文字で、とか使い分けたい場合もある。
で、ヘルプを見ても変更方法が書いてない(泣)。
ネットで検索すると、「表示」→「ツールバー」→「プロパティバー」を使えと書いてあるが、「表示」メニューの中に「ツール」はあっても「ツールバー」が無い(号泣)。バージョンが違うのかなぁ??

で、見つけました! まず、色を変更したい文字列を、選択ツール(上のサンプルの画像では、上から3段目のツールバーの左から4つめにある、Ya [矢印マーク「テキストと画像の選択ツール」]でも、5つめのTe_2 [手のひらマーク「クリックして文書をパン」←なんだよこの名前]でも、どちらでもOK)でなぞって選択してグレー色の帯をかけた状態にして、
Photo_3
「表示」→「表示切り替え」→「ツールバー項目」→「プロパティバー」をクリック。
(もくしは、上から2段目か3段目のツールバーの、何もないところで右クリックしても、「プロパティバー」の項目が表示されて選べるようになります)
すると、
Photo_4
「テキストボックスプロパティ」なるボックス(ウィンドウ?)が現れて、1番左のツールで色が変更できます!
いったんこのボックスを表示させて、作業の間中どこかに出しっぱなしにしておけば、(選択した対象によってボックスの名前や内容が変わるのですが)変更したい文字や注釈を選択→変更がすぐにできる。

さて、「簡単に」変更する方法、とタイトルに掲げたからには、もっと簡単な方法を。
本文2つめの画像(表示→表示切り替え・・・とたどっている画像)をよく見てください。「プロパティバー」の文字の横に、我らが仕事の味方ショートカットキーの「Ctrl+E」が見えませんか?

色変更したい文字を選択(グレーに網かけた状態にする)→「Ctrl+E」。どうでしょう?

何も選択していない状態でも、「Ctrl+E」を押すと、「プロパティ」というボックスが表示されます。仕事中、何度もいろんな文字や注釈の(色に限らず、大きさや書体など)変更をする場合は、アクロバットを開いた時に、すぐに「Ctrl+E」で「プロパティ」ボックスを表示させておいて、どこか邪魔にならない、かつ操作しやすいところに置いておく。
ぜひお試しを。私も、試してみます。
(試しましたが、どうにも邪魔なので、変更の度に「Ctrl+E」で表示させ、変更が終わったら再度「Ctrl+E」で消しちゃって使っています)

「簡単に」といったわりに、操作短縮ができるのはここまで。ソフトは、色変更したことも保存されず、次に書き込んだ新しい注釈はまた赤文字→色変更をいちいち繰り返さないといけない。

(訂正!参照→「Acrobat X Standard 注釈の変更した文字色を保存する方法」)

ていうか、Acrobatは値段も高いのに、なんでこんなに使い勝手が悪いっていうか面倒くさいっていうかわかりにくいっていうか、もうちょっと使用者の立場にたってもらいたい。校正者は基本的に文系で紙と赤ペン派で保守的な人が多い(多分)から、もっと簡単な操作しやすいソフトにしてくれないと、現場に普及しないと思うけど、どうですか?
半面、操作が難しい方が、使える少数派がアドバンテージをとれていいのかもしれないけど。邪悪な考えだなぁ…

| | コメント (3)

2017年7月 4日 (火)

いすみの麹で塩麴仕込み

いすみの麹で塩麴仕込み

農産物直売所「なのはな」で売っていた生麹で、ようやく塩麴つくり。
500g入りだったので、半分の、250g使用。
水250ml、塩66g。暑いのでいつもより塩を多めにしたのに、翌日にはすでに泡立ってる。タッパーのフタも持ち上がってる。大丈夫か?
(結果は、まったく問題なし! むしろとっても美味しい塩麹が、1週間待たずに完成しました! 早め冷蔵庫に移して、大事に大事に使いましたとさ。
一番好評だったのは、ロースカツ用いすみ豚に塩麹を塗りたくって、ラップで包んで、2、3日~1週間そのまま冷蔵庫の中に放置して漬けて、さっと麹を洗い流して、フライパンでジュジュっと焼いたやつ。筋切りもしなくても大丈夫なほどやわらか)
(いすみ豚は、大原駅前の精肉店・源氏で購入。)
残りの麹で、甘酒にトライ。
残りご飯50gをお粥に+麹50g+湯適当、熱めにしてサーモスボトルで一晩保温。
しかし温度が低かったか? 甘みが思ったほど出なかった。350mlのボトルに半分ほどしかできなかったので、温度が下がってしまったのかも。要リトライ。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

タブレットのローバッテリーの原因はこれだった

いざ使おうと、外出先で電源ボタンを入れたら「low battery」と一瞬表示されて、起動できない。
2日ほど前にフル充電して、昨日は使っていない。これで使えないんじゃ困るでしょう。
と思ったら、シャットダウンのやり方に原因がありました。

[Windows10]パソコンの電源を切る・完全にパソコンをシャットダウンする方法
https://www.billionwallet.com/goods/windows10/win10_shut-down.html

電源を切る時に、
Windowのスタートマーク→電源→Shiftキー押しながら、再起動→PCの電源を切る

をするようにしたら、2日後も、3日後も、充電90%台で、ちゃんと使える!
10を使えるようになるには、まだ道のりは遠いが、まず1歩。

追記
結局、毎回シャットダウンする度に操作をするのが面倒くさくなり、「高速スタートアップを有効にする」のチェックをはずして、通常のシャットダウンでちゃんと電源が切れるようにした。
電池の異常な減りはなくなった。鼠号自身のハードが問題ではなかったということで。
(ただし、とにかく安い機種なので、一番の不安要素は電源関連の不具合。充電がうまくできなかったり、電源が入らなかったり、切れなかったり。マシンがすごく熱くなったり。鼠号の口コミでいろいろ書かれているのも、電源系の不満。充電用のコードにも、コネクタがついてきた。このコネクタをつけないと、きっとうまく充電できないのだろう)

「高速スタートアップ」を無効にする方法は、こちらなどを参考にさせていただいた。多謝。
http://www.ligamap.com/w10fastboot/

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

gmail 続行するには、まず本人確認を行ってください

覚書
ピン留めしていたgmailのタブを閉じてしまったので、改めてgmailのタブを開こうと、
gmailログイン画面→自分のメールアドレスが表示されている下にパスワード入力
するが、
「続行するには、まず本人確認を行ってください」
と表示される。

Photo

パスワード欄にパスワードを入れるが 
「続行するには、まず本人確認を行ってください」
「パスワードを入力」
の同じ画面に戻るのみ。何度やっても同様。
試しに、違うパスワードを入れると、
「パスワードが違います」赤字で出る。
「パスワードをお忘れの場合」に進むと、
一番最近の覚えているパスワードを入れろ、と出たので入力。
また最初の
「続行するには、まず本人確認を行ってください」
「パスワードを入力」
に戻るのみ。

解決方法
googleの頁をあちこち表示させてみたら、画面右上に自分のアカウントのアイコン表示が出ていた。(ブラウザorサーバーは私のアカウントを覚えているらしい)

アイコンの左横のベルマークのさらに左の「googleアプリ」(四角い黒いタイルが9こ正方形に並んでるマーク)

2

をクリック→メールマーク
で、メール画面に入れました。

なんだったんだ!

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

牛使いから鼠使いになるの巻


軽量を優先して8.9インチ。タブレットにもなる。
外出先や電車の中でPDFゲラが読みたくて。
OSもメールもセットアップがほぼ自動。
OS更新とセキュリティソフト(McAfeeの有効台数がもう1台分残っていたので)インストールにはかなり時間がかかった。
途中で画面が消えちゃって、ええ~って思ったら、スリープになっていたらしい。どうしたらいいのか、恐る恐る電源ボタンを押したら、きれいな日本庭園の写真壁紙が現れてびっくり。毎回写真が変わるのか? まだ使い方がよくわからない。
動作はもっさり。画面の指のすべりがひっかかるのが気になる。
Windows7から10で隔世の感。

あと、装備に加えたのはこれ↓。


電源や机スペースのある仕事のできそうな所はたくさん見つけたが、なにしろ机の上が暗い。
ゲラを読むにはデスクライトがほしいが、それを装備しているところはなかなか無い。
充電式携帯ライト。畳んだ姿も超スタイリッシュ。電源コードはUSB。


INFOBAR時代に買ったこの容量では、すでに電気供給が追いつかない状態に。
でも、これ、気に入ってます。鞄に入れて邪魔にならない大きさなので。緊急用。
やはり、長年仕事用に部屋を借りていたせいもあり、住まいと仕事は分けないと気が散って能率がまったく上がらない。まいったなぁ。校正は集中力が命なのに。

おまけ。


携帯ハサミ(左)は地味ながら結構出番多し。
分別ハサミ(右)は、オリーブオイルなどの瓶についている、硬いプラスチックの注ぎ口を取り除きたかったため購入。とても切れ味いいです。さすが日本メーカー。

次はこれらをまとめて入れるバッグがほしい。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

お昼ご飯は和食

お昼ご飯は和食 お昼ご飯は和食
を選ぶようになって、またお気に入りの店を見つけた。
金土開店の「今日」。
素材にも調味料にも器にも、その上接客にも気を配って、丁寧にお料理をつくっているのがわかる。
こういう食事を私も作りたいし、食べたい。今日のぬか漬けは味がとてもよい漬かり具合でした。


ここを見つけるまで行っていた、別の定食の店は、もっと安いし、定食メニューも3つあって選べる。
でも、どうしても行く度に気になることがあった。
カウンターにこれから使う皿を何枚も重ねて置いてあるのだが、その皿の上に、注文を書いた伝票のバインダーをどんどん並べて置いてしまうのだ。
バインダーを置く人は、レジで会計をするのと同じ人。
私は長くレジの仕事をしていたので、お金をやりとりするととても手が汚くなることを知っている。
カウンターの上の皿は、料理を盛るために使われていく。皿を取る度、バインダーがどけられる。でもまたのせられる。その皿に料理がのせられて、私の目の前に運ばれてくる。
これがなんともイヤだった。


例えば、厨房の奥の、客から見えない所なら、皿がどんなふうに扱われるか、わからないから仕方ない。
場末の昭和な雰囲気のキタナシュラン的な店なら、(よくはないし、たぶんそういう店ほどこんなことはしないと思うが)構わない。かもしれない。けれど。



閑話休題。
「今日」は週がわりで肉と魚のメニューが交互だそうで、隔週で東京出張の私は魚週に当たってとても嬉しい。
でも肉の日にも、いずれ、きっと。


| | コメント (0)

東宮御所花菖蒲満開

東宮御所花菖蒲満開

今日は例会と、その後は花菖蒲の研修会。
皇居東宮御所。
見事に咲いていました。

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

いすみ産のらっきょう漬けた!

いすみ産のらっきょう漬けた!
いすみ産のらっきょう漬けた!

こっちへ来てからずっと忙しくて。
産直品販売所なのはなでらっきょうを買ってきて、氷砂糖で漬けてみた。
去年はほぼ日のレシピ。
今年はみんなのきょうの料理の岡野さんのレシピ。
全然漬け方が違うので、仕上がりの違いが楽しみ。
まだまだ忙しいdespair

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

マイナンバーカードは引っ越しを簡単にしたのか

引っ越しをすることにした。
私はe-Taxをネットで送信して確定申告しているので、電子証明書=マイナンバーカードが必要。ゆえに、今回初めてマイナンバーカードと一緒に転居することに。
転出する市町村では、「マイナンバーカードのチップに転出情報を記録して、転入先でチップから記録を読み取る、という方法もできるのですが、なにしろ機械のことですし、エラーがあったりして手続きできないと大変ですから、従来通り紙の転出証明書の方法をお薦めしていますが?」と言われる。行き先が都会ではなく田舎なので、迷わず紙でもらう。
そして転入先。田舎の市役所窓口。
「通知カードはお持ちですか?」
「マイナンバーカード持ってます」
「えっ(;゜O゜)」
という反応。同じ反応を、このあといろんな場面でされることになる。
世の中、マイナンバーカードではなく、通知カードがデフォルトらしい、とこのとき気づく。
(検索すると、マイナンバーカードの普及率は8%台らしい)
というわけで、とてもすいている窓口だったのに、電子証明書書換も含めて、転入手続きに1時間ほどかかってしまった。
待っている間に、年金や健康保険の手続きも別に書類を書いたりする。
確か、マイナンバーカードを持つと、面倒な様々の手続きが、簡単になるはずだったのでは…?
警察署で免許証の住所変更をする。
「新しい住所がわかるものはお持ちですか?」
「マイナンバーカード持ってます」
「…健康保険証はお持ちですか?」
「持ってますけど」
「では保険証を見せてください」
マイナンバーカードの立場がない。
国民に広まって、本当に手続きが簡単になって便利になる日は、来るのだろうか?

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

なんとかここまで

なんとかここまで

インターネットにつながるまでが大変でしたが、なんとか仕事ができそうな。
片づけも少しずつ。

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

名残のゆめーぬ三昧

名残のゆめーぬ三昧
名残のゆめーぬ三昧
名残のゆめーぬ三昧
名残のゆめーぬ三昧

しばしのお別れ。
多摩に来る度、きっと寄ると思う。

| | コメント (0)

«チクテ三昧